産後ニキビに良い化粧品は?選び方とおススメの3商品をご紹介!

産後の肌の特徴

・乾燥肌
・敏感肌
・刺激に弱い

産後1ヶ月を過ぎると、ポツポツとニキビが出来てくることがあります。
これは、産後のホルモンバランスの乱れやストレスなどによって肌質が変わってしまう
ことが原因になっています。

ニキビが出来やすい肌というと、オイリー肌をイメージする人は多いと思います。
しかし、産後ニキビを含む大人ニキビは、乾燥肌が原因になる事が多いのです。

産後の母体は、赤ちゃんのためにとせっせと母乳に栄養を送ります。
その時に、体内の水分もたくさん母乳へと送られていきます。
そのため母体は、慢性的な水分不足になってしまうのです。

体内の水分不足は当然、肌にも影響してきます。
出産前の肌質とは関係なく、乾燥肌になってしまう人が多いのはそれが理由です。

・便秘気味になった
・よく喉が乾く
・洗顔後に顔が突っ張る

などの症状がある場合は、乾燥肌になっている可能性が高いです。

産後は、乾燥肌と合わせて敏感肌にもなりやすくなっています。
これは、ホルモンバランスの乱れが大きな要因となっています。

ホルモンバランスが乱れると、自律神経にも影響が出てしまいます。
肌の再生能力が遅れ、肌の持つバリア機能も低下します。
その結果、繰り返しのニキビが出来やすい敏感肌になってしまうのです。

産後ニキビは、痕が残りやすい、繰り返し出来やすいなどの特徴があります。
その理由としては、肌が刺激に弱くなっている事が挙げられます。

生理前に肌荒れがしたり、ニキビが出来るという人は多いのではないでしょうか。
これは、ホルモンバランスの乱れで肌がストレスを感じているからです。

同じように、産後もホルモンバランスは乱れています。
それだけでなく、寝不足や育児疲れなどもあり、まさにストレス地獄といえるでしょう。
このストレスが、肌のコンディションを低下させてしまうのです。

.化粧品を見直すポイント

・低刺激 
・保湿力 
・天然成分

産後、ニキビが繰り返し出来、悪化していくようならばお使いの化粧品を見直す事をおすすめします。
特に洗顔料や基礎化粧品を改善する事で肌の質は格段に変わります。
産後のニキビにいつまでも悩まされないためにも、自分にあった製品を使う事が大切です。

化粧水1つを買い替えるにしても、色んな商品があると悩みますよね。
ニキビが繰り返し出来ていて、今現在もニキビがあるという状況ならば、低刺激性のものを選びましょう。
“敏感肌用”などの表記があれば、肌への刺激は少ないと思って良いでしょう。

産後に陥りやすい乾燥肌を防ぐには、保湿力の高いものを選ぶ必要があります。
大人ニキビに多い乾燥肌の特徴は、皮脂が少ないことで肌の表面の水分が失われ、
毛穴が細くなっていくことにあります。
毛穴が細くなると、皮脂汚れが詰まりやすくなり、ニキビが出来てしまうのです。

保湿力の高い化粧水を使用する事で、肌の水分不足を補うことができます。
“乾燥肌用”の表記がある製品から選ぶと良いでしょう。
沢山ありすぎて分からない時は、ヒアルロン酸、コラーゲンなどの表記があるものを選んでみてください。

先ほども説明しましたが、産後は敏感肌になり、外部刺激に弱くなっている傾向にあります。
また、普段から赤ちゃんとのスキンシップも頻繁になります。
そのため、化粧水はなるべく天然成分で構成されているものを選ぶのが望ましいです。

.おすすめ化粧水

・ラミューテ
・ルナメア
・草花木果

産後の肌におすすめしたい化粧水のご紹介です。

ラミューテ エンリッチ化粧水
ダマスクローズウォーターが配合された化粧水です。
ダマスクローズは、芳醇な香りを放つ薔薇で、香水やアロマオイルの原料としてもよく使用されています。
合成着色料、アルコールなどを含む5つの化学成分が使用されておらず、肌にも優しい化粧水です。

ルナメア スキンコンディショナー
大人のニキビケア製品として開発された化粧水です。
ニキビ予防と肌荒れケアの2つの有効成分が配合されています。
殺菌剤が使用されておらず、肌に優しい成分なので、産後の敏感肌に適しています。
ハーブ由来のうるおい成分が乾燥した肌に優しく作用します。

草花木果 整肌スキンケア(どくだみ)
大人のニキビケア製品として開発された化粧水です。
うるおいバランスを整える「どくだみ」の植物成分とニキビの有効成分が配合されています。
ニキビの予防だけでなく、肌を整え本来のうるおいを取り戻します。
ホルモンバランスやストレスに作用する香料は全て、天然素材が使用されています。

産後ニキビのスキンケア

・化粧水
・時短ケア
・日焼け止め

上記でご紹介したもの以外にも、産後ニキビに適した化粧水は色々あります。
ネットなどで口コミなどを見て、自分の肌に合うものを見つけてみましょう。
科学成分の配合が少ないものや、天然成分が多く含まれるものなどは、肌への刺激が少ないです。

産後は育児に追われ、自身のスキンケアは疎かになりがちです。
ですが、産後ニキビの肌にはしっかりとスキンケアをしてあげる必要があります。
時短ケアとしておすすめしたいのは、オールインワンゲルです。

1本で必要なスキンケアの成分が含まれているオールインワンゲルは、産後のスキンケアには
とても役立ちます。
保湿力にも優れているので、肌へのうるおいもしっかりと与えてくれます。
最近は、色んなメーカーからオールインワンゲルが販売されているので、色々と探してみると良いですね。

外部刺激に弱くなっている産後の肌には、紫外線を受けやすくなっています。
外出時にはしっかりとUVケアをすることをおすすめします。

日焼け止めクリームは紫外線ケアには効果的です。
しかし、抱っこなどで、赤ちゃんに日焼け止めの成分が付着する事があります。
日焼け止めクリームを選ぶ時は、「赤ちゃんの肌にも使える」などの表記があるものを選んで下さい。

化粧品など肌に使用するものは、成分の良し悪しがよく分からないまま、ブランドバリューや売れ筋で
購入してしまうこともあると思います。
ですが、産後1年後の肌を綺麗に保てるかどうかは、それまでのスキンケアにかかってきます。
産後、スキンケア用品を買い替える際は、配合されている成分などをしっかりと調べてから選んで下さいね。