産後のニキビに薬は効くの?薬の効果とセルフケア対策

産後ニキビは薬で治る?

・ホルモンの乱れ
・まずはセルフケア
・悪化したニキビ

まずは、産後ニキビが出来る原因について知っておきましょう。
産後ニキビの主な原因はホルモンバランスの乱れにあります。

妊娠中はエストロゲンとプロゲステロンという女性ホルモンが多く分泌されます。
それが、出産後には一気に減少します。
変わりに分泌されるのが、プロラクチンという母乳を促すホルモンです。

この一連の流れがホルモンバランスの乱れとなり、体にも影響が出てくるのです。
ホルモンバランスが乱れると、肌のターンオーバーの機能も低下してしまいます。
それに加え、寝不足やストレスが重なり、ニキビが出来やすい肌になってしまうのです。

ニキビが有無に関わらず、産後の肌のケアは日頃からしっかりと行う必要があります。
睡眠不足やストレスの解消も産後の肌ケアには重要です。

産後のニキビは薬で改善することは可能です。
セルフケアだけでは改善出来ないほど悪化したニキビには、薬は効果的です。

ニキビの出来始めは黒や白の小さなものです。
それがひどくなると、黄色い芯のあるニキビになっていきます。
それがさらに悪化すると、赤く腫れたニキビになっていきます。

一般的に、悪化したニキビとされるのは腫れを伴う黄色ニキビ以降と考えられます。
この状態になると、治るのに時間がかかるだけでなく、痕も酷く残る可能性があります。
ニキビに直接塗る薬で症状を和らげることが出来ます。

皮膚科を受診する

・産後であることを伝える
・あくまでニキビ治療
・美容皮膚科

産後ニキビが酷くなると、皮膚科の受診を考える人もいるでしょう。
皮膚科を受診する際は、必ず産後であることは伝えて下さい。

ニキビの薬には、授乳中の使用を禁止しているものがあります。
有名なものとしてディフェリンゲルという薬があります。
ニキビ薬としては効果の高い薬で、10年程まえから日本でも処方されるようになりました。

このディフェリンゲルですが、ビタミンA由来の薬になっています。
ビタミンAは、皮膚や粘膜を整え、肌に潤いを与える働きがあります。

ビタミンAは妊娠中に過剰摂取すると、胎児の体の発育に影響があるとされています。
実際に動物実験で、妊娠中の動物にディフェリンゲルの成分を投与したところ、奇形の子
が産まれたというデータがあります。

また、ディフェリンゲルを経口投与された動物の母乳から微量のディフェリンゲルが検出
されたというデータもあります。

ディフェリンゲルは塗り薬なので、皮膚から母乳に吸収されるということはまずありません。
授乳中の危険性としては低いといえます。
ですが、注意をしておくことは大切です。

皮膚科はあくまで皮膚の専門です。
産後ニキビで受診しても、ニキビを治す薬を処方されます。

ニキビ薬は、ニキビの箇所に直接働くものです。
産後ニキビは、ホルモンバランスやストレスなどが関係しています。
そのため、ニキビが治ってもまた新しいニキビが出来てしまう可能性が高いです。

産後ニキビでいくのならば、皮膚科よりも美容皮膚科にいく事をおすすめします。
美容皮膚科はその名の通り、美容について考えられている皮膚科です。
産後ニキビに関しても、ホルモンの乱れなどを改善する薬などを処方されることがあります。
もし、皮膚科の受診を考えているなら、美容皮膚科の存在も頭にいれておきましょう。

産後ニキビに効果

・ニキビ薬
・ホルモンの薬
・漢方

通常のニキビ薬は、あくまでニキビを治すことが目的です。
悪化したニキビなら、ニキビ薬を塗ることで炎症を抑えることができます。
ですが、ニキビの原因となっている体内への効果は期待できません。

美容皮膚科や婦人科などにいくと、ニキビ薬だけでなく、ホルモンの薬を処方されることがあります。
産後のニキビの主な原因はホルモンバランスの乱れにあります。
ホルモンの薬を飲むことで、ホルモンバランスの乱れを整えることが出来ます。

ホルモンの薬はすでに出来ているニキビへの効果は期待できません。
しかし、産後ニキビが繰り返し出来る、という場合はホルモンの薬を飲む方が良いでしょう。

産後のニキビには漢方が効果的ともいわれます。
これは漢方の働きが、女性特有の疾患に効果があるからだといえます。
また、血や気の巡りを良くすることで、自然治癒能力も高める効果もあります。
自然由来の成分で作られるため、体にも安心な薬です。

漢方は、一度で効くというものではなく、継続することで効果が出る薬です。
今すぐニキビを治したい、という場合には効果的とはいえないでしょう。
産後、ニキビが出始める前から、定期的に飲んでおくと、より効果が期待できます。

セルフケアも忘れず

・保湿
・睡眠
・食事

薬を処方されたからといって、セルフケアを怠ることはよくありません。
産後の肌は非常に敏感になっています。
肌に負担を与えると、またすぐにニキビが出来てしまいます。

日頃から、しっかりと肌を保湿しておくことを心がけましょう。
使用する化粧品は、敏感肌用のものを選ぶようにして下さい。
顔だけでなく、体にも保湿ケアは必要です。
胸など、赤ちゃんが触れる場所は、ベビーローションなどを塗ると良いでしょう。

睡眠不足の改善も心がけましょう。
勿論、赤ちゃんのお世話で、ゆっくり眠れない夜があるのは仕方ありません。

改善策としては、日中に赤ちゃんと一緒に昼寝をするという方法があります。
寝不足が続いていると思ったら無理をせず、寝れる時はしっかりと寝るようにしましょう。

入眠前のストレッチなどで、寝付きの良い体を作っておくこともおすすめします。
ベッドの上で座った体勢で、ゆっくりと首を回すだけでも、筋肉をほぐし血行を良くする働きがあります。
仰向けに寝っ転がった状態で、片足ずつ膝を抱えて戻すという動作も血行の流れに効果があります。

毎日の食事も、栄養バランスの取れたものを心がけましょう。
特に産後は、母乳に栄養が送られていきます。
偏った食事をしていると、すぐに栄養不足になってしまいます。

肌を綺麗に保つためには、毎日の食事はとても大切です。
糖分や油分の摂りすぎは控え、ビタミン、食物繊維、ミネラルなどをしっかりと摂りましょう。

産後のニキビの改善策として、薬を使うこともあると思います。
しかしすぐに薬に頼るのではなく、まずはセルフケアをしっかりとしていきましょう。