産後は口周りのニキビに注意!美肌ビタミンで対策を

口周りのニキビの原因

・ホルモンバランスの乱れ
・栄養不足
・ストレス

産前と産後は見た目だけでなく、体内にも大きな変化があります。
妊娠中は、エストロゲンとプロゲステロンという女性ホルモンが多く分泌されています。
これは、妊娠を継続させるために重要な働きをするホルモンです。

産後、これまで過剰に分泌されていたホルモンは元の体に戻るために一気に減少していきます。
女性ホルモンが減少すると、肌のバリア機能も低下してしまいます。
その結果、ニキビなどの肌荒れを引き起こしてしまうのです。

栄養不足が原因で口の端が切れるということがあります。
口周りのニキビにも栄養不足は大きく関係しています。

特に産後は、母乳へと栄養が積極的に送られます。
そのため母体は栄養不足になりやすい環境にあります。
こうしたことも口周りにニキビが出来てしまう原因となります。

また、産後の環境の変化にストレスを感じてしまう人も多いです。
特に初めてのお子さんであれば、慣れないながらも懸命に育児をするでしょう。
そうするとどうしてもストレスが溜まってしまいます。

ストレスで肌が荒れるという事は有名な話です。
産後のストレスは、ホルモンバランスの乱れも重なりよりニキビが出来やすくなってしまうのです。

口周りの皮膚の特徴

・乾燥しやすい
・毛穴がつまりやすい
・刺激を受けやすい

口周りは顏の中でも特に乾燥しやすい箇所です。
元々、口周りは皮脂が少なくなっています。
そのうえ、食事などで口元を拭うなど、乾燥しやすい環境ともいえるでしょう。

皮膚が乾燥していると、毛穴が小さくなっていきます。
これは、肌の水分が逃がさないようにとする毛穴の働きです。
しかしその結果、僅かな皮脂も毛穴に詰まりやすくなってしまいます。

口周りは、刺激を受けやすい箇所でもあります。

・食事などで口元を拭う
・マスクで口元を覆う
・頬杖を付く
・口に手を当てる

これらの行動に心当たりがある人も多いのではないでしょうか?
こうした行動は刺激となって皮膚に伝わってしまいます。

これまでと変わらない行動なのに……と思う人もいるでしょう。
しかし、産後の肌はこれまでよりもデリケートになっています。
今までと同じことが、大きな刺激となり、ニキビなどを生み出してしまうのです。

ニキビの対策として

・栄養バランス
・保湿
・刺激

まずはしっかりと栄養バランスの摂れた食事を心がけましょう。
ただでさえ産後は、母乳へと栄養が送られるため栄養不足になりがちです。

また、赤ちゃん中心の生活で食事が疎かになりがちな時期でもあります。
なかなか自炊の時間が取れないなどの問題もありますよね。

おかずや弁当の宅配などを利用すると、毎日の食事作りが楽になります。
また、無添加のインスタント食品などを利用しても良いですね。
上手に利用して、毎日の食生活をしっかりと保てるようにしましょう。

毎日の保湿ケアもニキビ対策には重要です。
特に乾燥しやすい箇所なので念入りに保湿してあげましょう。

産後のスキンケアにゆっくりと時間が取れないという人も多いです。
時短ケアとしては、オールインワンゲルの化粧品がおすすめです。
特にゲルは保湿効果も優れているので、乾燥肌にはより効果的です。

口周りの刺激を極力抑えましょう。
どうしても無意識に触ってしまう、ということもあるでしょう。
普段からこまめに手を洗うなど、清潔にしておくようにしておくと良いですね。

また、マスクなどで口元を覆うのもなるべく避けましょう。
特にニキビが出来ている時にマスクで覆ってしまうと悪化してしまう危険があります。

人混みなど、マスクをしざるを得ない状況でなければ過度なマスクの着用は辞めておきましょう。
最近は顏に吹きかけるタイプのマスクなどもあるので、試してみるのも良いですね。

ビタミンB群

・ビタミンB2
・ビタミンB6
・ビタミンB12

ビタミンB群は、「美肌ビタミン」ともいわれています。
これは、ビタミンB群の働きに、肌の新陳代謝を促す効果があるからだといえます。

ビタミンB2には、皮膚や粘膜を健康に保つ働きがあります。
ビタミンB2を多く含む食品には

・レバー
・納豆
・卵

などがあります。
卵は、鳥の卵だけでなく、魚介類の卵にも多く含まれています。

ビタミンB6には、免疫力を高め、皮膚や粘膜の健康を保つ働きがあります。
ビタミンB6を多く含む食品には

・レバー
・マグロやカツオ
・鶏ササミやカモ肉

などがあります。
にんにくや酒粕にも多く含まれてはいますが、授乳中はあまり過剰に摂取はしない方が良いでしょう。

ビタミンB12には、細胞分裂を促進する働きがあります。
ビタミンB12を多く含む食品には

・レバー
・魚介類
・海苔

などがあります。

ビタミンB群の摂取だけでなく、抗酸化作用のあるビタミンCも積極的に摂取しましょう。

口周りのニキビは一度出来ると同じ場所にまた繰り返し出来てしまう事が多いです。
毎日の保湿をしっかりとして、刺激を避けるようにしておきましょう。