産後の首ニキビの原因は胃腸にあった?悪化する前に対策を!

産後の首に出来るニキビ

・ホルモンバランスの乱れ
・胃腸の不調
・乾燥

産後にニキビが出来やすい理由としては、ホルモンバランスの乱れが挙げられます。
妊娠中は、エストロゲンとプロゲステロンという女性ホルモンが大量に分泌されます。
産後になると、この2つの女性ホルモンは一気に減少してしまいます。

産後に多く分泌されるホルモンにはプロラクチンというものがあります。
これは、母乳の沢山作るように働きかけるホルモンです。
この一連の流れがホルモンバランスの乱れとなり、ニキビの原因となってしまうのです。

首に出来るニキビの特徴として、胃腸の不調が考えられます。
産後は水分不足や栄養不足で便秘になりやすいです。

免疫力も低下している時期で、胃腸も弱りやすくなっています。
消化不良や便秘になると、体内に老廃物が溜まります。
体内の老廃物は汗となって外に出ようとします。

首周りは皮脂が多く、汗が溜まりやすい場所でもあります。
そのため、胃腸の不調などの影響も首元にあらわれてしまうのです。

産後はホルモンバランスの乱れにより、肌のターンオーバーが低下します。
そうすると、古い角質層がはがれず硬くなり、肌は乾燥しやすくなります。

スキンケアとして肌の保湿は日頃から皆、していることでしょう。
しかし、首のケアは疎かになりがちです。
その結果、首元の乾燥が進みニキビを引き起こしてしまうのです。

首ニキビが悪化する原因

・刺激
・紫外線
・洗い残し

首ニキビは、最初は小さくても大きくなって悪化してしまうことがとても多いです。
その理由の1つとしてまず挙げられるのは外部からの刺激です。

首元は、手で触れやすい場所であり、無意識に触ってしまう人は多いです。
また、複の襟などが頻繁に当たる場所でもあります。
マフラーやストールなども首への刺激となってしまいます。

産後は乾燥肌になる人が多く、大人の乾燥肌は敏感肌へと直結します。
これまで首への刺激が気にならなかったという場合でも、産後の刺激には敏感になって
しまいます。

特にニキビが出来ている時に、マフラーやストールで患部を頻繁に擦れるという行為は
ニキビを悪化させてしまいます。

夏場などは、紫外線からの刺激もニキビを悪化させてしまいます。
顔や腕、足などのUVケアはしっかりとしていても、首のUVケアは意外と忘れてしまう人も多いです。

紫外線ダメージを受けると、肌は侵攻を防ぐために角質層が厚くなっていきます。
肌の角質層が厚くなると、それだけ水分は失われ皮膚は乾燥してしまいます。
肌が乾燥すると毛穴が細くなり、ニキビの原因となる皮脂の詰まりが起こりやすくなります。

汚れはニキビを悪化させる大きな要因となります。
首元は、シャンプーなどの洗い残しが起こりやすい箇所でもあります。
しっかりと落としたつもりでも、洗い残しが残っている事は多いです。
お風呂で洗う際は、頭→顏→体の順で洗うようにしましょう。

リンパの流れが影響することも

・肩凝り
・睡眠不足
・ストレス

リンパの流れが悪いと、首周りにニキビが出来るようになります。
これは、血行が悪くなる事で、体内の栄養の流れも悪くなり、肌細胞にも影響が出ることが考えられます。

首周りのリンパの流れは肩凝りが大きく関係します。
産後は、当然ながら赤ちゃんを抱いている事が非常に多くなります。
5kg前後の赤ちゃんでも、ずっと抱いていると当然肩は凝ってしまいます。

気付かないうちに慢性的な肩凝りになっているという場合もあります。
気が付いた時に肩を回すなどで、血液の流れを良くしておきましょう。

睡眠不足も血液循環を悪くさせてしまう原因になります。
産後は、授乳や夜泣きでどうしても睡眠時間が削られてしまいます。

昼間など赤ちゃんと一緒にお昼寝をしたりして、少しでも睡眠時間を確保していきましょう。
眠る前に軽いストレッチなどで血行を良くすると寝付きも良くなります。

慣れない育児や、24時間赤ちゃんと一緒の時間は、少なからすストレスになってしまいます。
これまでと生活環境が一気に変わるのですから無理もありません。
旦那さんに協力してもらって、1人の時間を作るようにするなどで、リフレッシュする時間を
作るようにしましょう。

首ニキビの予防

・保湿
・衣服
・食事

首ニキビの予防にも保湿は大切です。
スキンケアでの保湿はしっかりとするけれど、首はあまりしないという人も多いです。
首の保湿ケアも忘れずにするよう心がけてください。

保湿用のボディクリームを首に塗るなどで保湿は充分出来ます。
肌に付けるスキンケア用品を首にも付けるというのも良いです。
私は、オールインワンゲルを使用していますが、肌に付ける際、そのまま首まで延長して塗っています。

衣服の刺激にも注意しましょう。
極端な話ですが、産後の体は赤ちゃんのお肌と同じくらいデリケートだと思って下さい。
柔らかいコットン地の衣服などを着用するようにするとより良いですね。

どちらにせよ、頻繁に赤ちゃんとも触れ合います。
赤ちゃんへの刺激を避ける為にも、衣服は柔らかい布地にしておきましょう。

栄養不足になりがちな産後だからこそ、しっかりと食事をする事が大切です。
糖分、油分、など皮脂の分泌が多くなる食品の摂取には注意が必要です。
理想としては、魚を中心とした和食が良いでしょう。

最近は無添加のインスタンと食品やレトルト類も豊富になっています。
忙しい時期だからこそ、上手に活用して、バランスの良い食事をこころがけましょう。