赤ちゃんの笑顔が見られ始める産後3か月目、ママの疲れはどう?

3か月の赤ちゃんとの生活

赤ちゃんが三か月に入ると首が座ったり、あやすことで笑ってくれたりして
特別可愛い時期に突入するんですよね。

3か月を過ぎると夜の授乳を済ませたら朝までぐっすり寝てくれるという赤ちゃんも出てきます。
5,6時間まとまって寝てくれるとママとしては本当に助かりますよね。
しかしこれは個人差が大きく、2.3時間置きの授乳が続く子もいますよ。

この頃になると「黄昏泣き」が激しくなる子もいますね。
夕方の時間になると何をしても泣き続けてしまう状態になってしまったり
大声では泣き続けないけれど、なんだかグズグズ言って機嫌が悪くなることを指します。

黄昏泣き自体は生後6週間目くらいから4か月あたりまでの赤ちゃんが多いようです。

一般的に赤ちゃんが泣いた時に確認する項目
・おむつは汚れていないか
・お腹は空いてないか
・ゲップや便秘で苦しいのではないか
・暑すぎ/寒すぎではないか
・痒い所/痛い所はないか
・発熱はしてないか
・眠そうではないか

上記の項目を全て確認して問題がない状態なのに夕方グズグズ泣き出す場合は
黄昏泣きである可能性が高いと言えると思います。

黄昏泣きの原因については医学的に証明されているモノはありませんが
諸説ある中で私が3人育ててみてこういう理由ならなんとなく当てはまるかも
と思えた原因をいくつか紹介します。

・日中の疲れが夕方に出てしまって泣いてしまう
・精神安定を図るために夕方に泣いて発散する
・交感神経から副交感神経への切り替えが夕方でありそれがうまくできなくて泣く

この3つはもしかしたらありえるかも・・・と思えた黄昏泣きの原因です。

夜泣きにも言える事なんですが、日中慣れない場所に行ったり
あまり会わない人とはしゃいだり、たくさん抱っこされたりして脳に多くの刺激を受けると
黄昏泣きや夜泣きが発生することが多々ありました。

精神安定のために泣くというのは、1人目ではあまり感じなかったんですが
2人目/3人目になるとありえるかも・・・と思うようになりました。

1人目の時は泣いたらすぐに抱っこしたりしてあげられてましたが
2人目/3人目となるとそうはいかず、泣いた状態でも「ちょっと待ってて」が多くなります。
もしかしたらそういった精神的ストレスを夕方泣いてママを独占することで発散してるのかな?
とか感じる部分がありました。

交感神経と副交感神経の切り替えタイミングは赤ちゃんは夕方になるんです。
凄く眠そうなのに、いつまでも起きていたがるというか寝たくないんだよ!みたいな感じで
泣いてる様子を何度か見たことがあるので、これもあり得るかなと思う原因の1つですね。

黄昏泣きが毎日続くとママの精神的ストレスはどんどん増えていってしまいます。
絶対にこうすれば泣き止むという解決策はないのですが、黄昏泣きを軽減する方法として
抱っこしたまま外に出てみたり、ドライブに行ってみたり、換気扇・ドライヤー・ビニール袋の音などを
聞かせることで軽減されることがありますよ。

また先ほど書いた黄昏泣きの原因として考えられる内容を頭に思い描きながら
甘えたいのかな~?とか昼間いっぱい遊んだもんね~とか言いながら私はあやしていました。
赤ちゃんは決してママを困らせたくて泣いてるわけではありませんのでどしっと構えていて大丈夫ですよ。

また黄昏泣きをしてもどしっと構えられるように、夕飯の下ごしらえなどは日中にしてしまったり
お風呂の時間とかぶってしまう恐れがあるなら昼間のうちに入れてしまいましょう。
洗濯物を取り込んで畳むのだって夕方前に乾いていれば畳んでしまってもいいでしょうし
乾いてなければいっそ、夜に回しても構わないと思います。

夕方一番忙しい時間に泣かれることでイライラが募ることが多いので
忙しくないように出来うる対策を先にやってしまっておけば、いざ黄昏泣きが始まっても
どしっと構える事が出来ますよね。

些細な事でストレスを感じるのはママが悪いわけではありません

些細な事で落ち込んだり、不安を感じたり、イライラしたり感情のコントロールが上手くいかず
どうしてこんなにも上手くいかないんだろう。と悩んでしまいやすいのが産後3か月辺りです。

産後直後からこの症状が出る人も少なくないのですが、おかしいかも?と気づくのは
だいたい産後3か月前後だと言われています。

これは産後に母乳を作るためのホルモンが急激に増加し、逆に妊娠を継続させるために
増えたホルモンが急激に減るために身体がついていかずにストレスを感じやすくなるんです。

決してママがダメだからとかそういう理由ではなく、ホルモンの影響でそうなっいるだけなので
必要以上に自分を責める必要は一切ありません。

パパなどに一時的に赤ちゃんを預けてお風呂に一人で入ったり
ショッピングモールに一緒に出かけてちょっとの間パパと赤ちゃんだけで過ごしてもらい
好きな買い物やカフェでのお茶を一人で楽しむなど一時的でもいいので
赤ちゃんと離れる時間が取れるといいですね。

もし、パパや家族が頼れず常に赤ちゃんと一緒に居るしか選択肢がない場合は
子育て支援センターや絵本の読み聞かせ教室、児童館などに足を運ぶのもいいかもしれません。

育児疲れが出やすい時期

3か月に入るといっぱいいっぱいだった赤ちゃんのお世話にも慣れてきて
心の余裕が出てきます。
と、同時にその出て来た余裕によって疲れを強く感じることがおおくなります。

人と話すことや、愚痴を言い合うことでストレスが発散される場合もありますし
身体を動かすことでストレスを軽減させたり、好きなものを食べたりして上手にストレス発散をしましょう。

それと同時に今までは赤ちゃんのお世話で自分自身のメンテナンスが疎かになっていませんでしたか。
3か月を過ぎると授乳間隔も開きやすくなりますのでこれを機会にお肌のお手入れや
身体のメンテナンスの時間を取るように心掛けるといいかもしれませんね。

産後クライシスには注意を

産後、夫への愛情がわからなくなったり無くなってしまったりして
一緒に居る価値があるのか?と考えてしまったり
育児参加が不十分な夫への不満等から夫婦間に訪れる危機を指します。

産後クライシスが原因で離婚したと思われるケースも年々増えてきているのが事実です。
実際私自身も産後、夫への不満から離婚を考えました。

最近、夫に対してイライラや不満しか感じないなと思った場合は
早めに話し合うことをおすすめします。