三人目の産後、5か月目にして出て来た様々な不調。原因は疲れ?

産後5・6か月で感じる不調には要注意

産後5・6か月で感じる不調の多くは「それまでに蓄積された疲労」から引き起こされています。
この時期に急に不調を感じた場合は、これ以上心と身体を行使しないように気を付けなければいけません。

そうしないと身体も心もどんどんと疲労していき、自力じゃどうしようもできなくなります。
本当であれば、出産直後から無理せず過ごしてほしい所ですが
初めての子供だと、どの程度肩の力を抜いていいのかもいまいちわからないですよね。

かくいう私も、わかっていたはずなのに第三子の時に退院した日から一人で家事と育児を担い
その上、資格取得のための勉強と内職を始めた為に産後5か月を迎える頃には
げっそりとやつれた感がひどく、身体も心もボロボロになってしまいました。

分かってはいてもどうしようもない状態だったので、気合いだけでなんとか5か月過ごしたものの
副鼻腔炎になり原因は寝不足・栄養不足・ストレスだとはっきり言われてしまいました。

自分の食事する時間を満足に確保できないので、立ったまま食事するとか
パンを買って来ておいて抱っこしたまま立って食べるとか普通でしたし
母乳の出も良くなかったので、1日に15回以上吸わせつつ必死に頑張ってました。

5か月経っても授乳間隔はなかなかあかず1日に12.13回は吸わせる感じでした。
そんな感じなので夜の睡眠時間はほぼありませんでしたし、
昼間は真ん中の子が起きている為に昼寝の時間を確保するのも難しい状態でしたね。

その上、日中はほぼ抱っこしていないと機嫌が悪く寝てくれない子で
幼稚園の送り迎えもベビーカーではダメで抱っこでないと大泣きする子でしたので
どんなに肩や腰が痛くなろうと、座骨神経痛が出ようと抱っこし続けてました。

その結果、首が回らなくなり腕が上がらなくなって、座骨神経痛が悪化しました。
自業自得と言えばそうなんでしょうが、それでも誰にも頼れない状況だったので
自分でなんとかしなければ!と強く想いいろいろ出来る範囲でやってみました。

まずはサプリメントを追加

産後5か月に入るまで私が摂取していたサプリメントは「鉄分」のみでした。
2人目の出産直後から原因不明の重度の貧血になりすごく怖い思いをしたので
3人目の時は妊娠中から摂取していたものを、そのまま産後にも継続して飲んでいた感じですね。

しかしどう考えても鉄分だけでは必要な栄養素が取れてないことに気づき
更に追加でビタミンCとコラーゲンを飲み始めました。

ビタミンCが疲労回復に効果があるというのは良く聞く話ですよね。
また、免疫機能を強化してくれたり美容効果、更には母乳の出も良くしてくれるというのを知って
これは飲んでみなければ。と思い早速飲み始めました。

ビタミンCの効果の1つにストレスへの抵抗力を高めたり、ストレスの緩和にも有効で
鉄分やマグネシウム、カルニチンの吸収を高めてくれる補助効果も期待できるとのこと。

これはまさに私には必要な栄養素だと思いましたね。
食事で取れれば一番いいかなと思ったのですが、先にも書いたように
自分の食事がままならない日常を送っている状態だったので素直にサプリメントを選択しました。

コラーゲンに関しては、賛否あると思います。
効果がない、気休めだという意見も多々ありますので服用効果は保証できませんが
四十肩、五十肩の改善や関節の痛み、足腰の痛みやしびれの改善に効果があるかも・・・
と思い飲み始めました。

座骨神経痛と肩こり、腰痛が少しでもラクになればいいかなと思って飲み始めました。
実際コラーゲンを食べ物から摂取しようと考えたら高価なモノやカロリーが高くなる傾向があるので
サプリメントでとるのは有効だと思います。

産後ヨガから本格的なヨガへシフトチェンジ

今までは産後ヨガをずっとやってたんですが、この体調不良をきっかけに本格的なヨガに
シフトチェンジすることに決めました。

産後ヨガにもいろいろ種類はあるんですが、負荷の少し強めのモノにシフトチェンジすることで
効果も出やすくなります。

またヨガをする時間だけでも自分の身体の声を聞く感じで、集中して自分の事だけを
考えられるという時間はストレス解消にも役立ちますし
ヨガで重要視される「深い呼吸」というのは心の安定にとても重要な役割を持つんですよ。

人はイライラや気持ちが落ち込む時や緊張している時などは自然と呼吸が浅く早くなります。
この状態は交感神経が優位となって働いてる状況を示していて
ずっとこの状態が続くと自律神経のバランスが崩れてしますんです。

ヨガを行う時に、深い呼吸を繰り返し行うことで交感神経が落ち着き
副交感神経が優位に働くようになるんです。

ヨガを行った後は、身体もポカポカしてきますし1度にたくさんのヨガのポーズをしなくても
時間が空いた時や、寝る前などにすることでも効果は期待できますよ。

3人目は無理したくなくてもしなくちゃいけないことが増える

3人目の出産は、上の子の生活が中心となるので嫌でも無理をしないといけない事が増えます。
だからこそ5・6か月目に訪れた疲れによる不調には素直に耳を傾けた方がいいです。
ここで無理をしたり、改善策を取らないとどんどん悪化してきますからね。

気持ちだけでどうにかなる事と、ならないことがありますので
身体に不調を感じた場合は早め、早めに対応することが大事なんだと思います。