産後の生理再開で肌荒れが悪化?原因と対策方法をご紹介!

産後の体の変化

産後は、出産や授乳、生理の再開によって体が変化し続けます。
まず、出産後は妊娠中に分泌されていたホルモンが急減します。
それによって体にはさまざまなトラブルが起こりますが、その一つが「肌荒れ」です。

次に授乳をするための体に変化していくため、ホルモンバランスが変化します。
また、授乳や赤ちゃんのお世話が始まると生活も大きく変化します。
それらによっても肌荒れが起こりやすいです。

さらに生理が再開する頃には、またホルモンバランスが変化します。
それによっても肌荒れが起こりやすくなってしまうのです。

産後の生理は、授乳期間の終了や授乳頻度の減少で再開すると言われています。
授乳がなくなれば、負担が少し減って体力的には楽になるものです。
しかし、そんな時に肌荒れが悪化してしまうと落ち込みますよね。

ここでは、産後に生理が再開した時に肌荒れが悪化する原因についてご紹介します。
また、その肌荒れの対策方法もいくつかご紹介します。

産後の生理再開による肌荒れの原因は?

産後に生理が再開する頃には体は妊娠前の状態に戻ろうとしています。
しかし、元の状態に戻らない人もいます。体質が変わってしまったという人もいるのです。
妊娠前よりも敏感肌になってしまえば、肌荒れが起こりやすいのです。

また、産後は育児により妊娠前の生活から大きく変化しています。
毎日忙しく、疲れが溜まっている人も多いでしょう。
そのような生活は生理が再開する頃も続いているはずです。

授乳の負担が減っても忙しい生活からは解放されませんから、疲れは溜まりがちです。
その疲れにより、生理が再開する頃に肌荒れが悪化してしまうこともあるのです。

あとは生理が再開するということは、ホルモンバランスが変化をするということです。
産後の授乳中に分泌されるのが「プロラクチン」というホルモンです。
プロラクチンは、排卵を抑える作用があるため、多く分泌されれば生理は起こりません。

授乳頻度が減るとプロラクチンは減り、プロゲステロン・エストロゲンの分泌が増え始めます。
これらのホルモンによって生理が再開するのです。
しかし、ゆっくりとホルモンバランスが変化しますからその間は不安定な状態と言えます。

ホルモンバランスが不安定な期間の間に生理は再開します。
そのため、生理の再開とともに肌荒れが起ってしまうことになるのです。

産後の肌荒れの対策方法は?

産後の生理再開に伴う肌荒れは、ホルモンバランスの変化、疲れが大きな原因です。
ホルモンバランスの変化は避けることができませんし、疲れないというのも難しいです。
そのため、別の観点から肌荒れ改善を試してみましょう。

1. 水分をたくさん摂ろう

水分を多く摂ることで肌の乾燥を防ぐことができます。
また、水分を摂ることは肌荒れの原因の一つ「便秘」の対策にもなります。

便秘になると、体内に溜まった便から有害物質やガスが発生します。
体内に有害物質やガスが増えてくると、体はそれらを排出しようとします。
便秘によりそれらを便とともに排出できない時、汗や皮脂とともに毛穴から排出されます。

そうすると、毛穴は肌自体の汚れを排出することができなくなります。
その結果、肌には汚れが溜まって肌荒れが起こってしまうのです。
そのため、便秘にならないようにすることも肌荒れ対策には必要なことなのです。

特に生理が再開した場合、生理前というのは便秘になりやすいと言われています。
生理前の便秘も水分をしっかりと摂ることで防ぎましょう。

2. サプリメントで栄養補給をしよう

肌荒れを治すには栄養バランスのよい食事をとるべきですが、忙しいと難しいですよね。
そんなときに便利なのがサプリメントです。

肌荒れに効果があると言われる栄養素や成分をいくつかご紹介します。
これを参考にして、サプリメントを選んでみてはいかがでしょうか?

まず、効果があるのが必須アミノ酸です。
必須アミノ酸は、体の成長や機能を保つためには必要な栄養素です。
また、肌の生成にも必要な栄養素でしっかり摂ることで美肌効果があります。

次に、美肌効果のあるヒアルロン酸やコラーゲン、プラセンタもおすすめです。
これらは美肌に興味がある人は聞いたことがあるはずです。
化粧水だけでなく、サプリメントで摂取することもよいでしょう。

あとは、ビフィズス菌やオリゴ糖、食物繊維など体内の悪いものの排出を助ける成分です。
さきほど便秘は肌荒れの原因と言いましたが、これらの成分で便秘を防いでみましょう。
体内がきれいになれば、肌荒れも改善すると考えられています。

3. 肌への刺激を減らそう

生理が再開すると、ホルモンバランスが不安定になっています。
そのような時、肌は敏感になっています。
ですから、少しでも肌の刺激になることは減らすようにしましょう。

洗顔はよく泡立てた洗顔料で優しく洗い、ぬるま湯で洗い流すようにしましょう。
顔をゴシゴシと擦るのはNGです。

また、メイクは長時間したままにせず、必要がなくなれば落としましょう。
必要がない時や肌荒れがひどい時はメイクをしない方が肌への刺激を減らせます。

最後に

いかがでしたか?
産後、生理の再開とともに肌荒れが起こって悩む人は多いと思います。
ここで紹介した対策方法を試して、辛い肌荒れを乗り切ってみてくださいね。