産後にザラザラ肌で悩む人へ!おすすめの対策方法をご紹介!

産後に肌がザラザラする人は多い

産後に多い肌トラブル。
出産前までは気にならなかった肌荒れも出産後に急に気になり出す人は多いです。
産後、いつの間にか肌がザラザラするようになったという人は多いのです。

肌がザラザラすると言っても症状は人それぞれです。
乾燥によるもの、ニキビによるもの、湿疹によるものというようにさまざまです。

ここでは、産後に肌がザラザラして悩む人のために、その原因をご紹介します。
それから、おすすめの対策方法もご紹介します。
ザラザラ肌に悩む人は、ぜひ参考にしてみてください。

産後はなぜ肌がザラザラするの?

産後に肌がザラザラになってしまうと言っても症状はいくつかあります。

1. 肌の乾燥

産後は肌が乾燥しやすいです。
肌が乾燥すると粉っぽくなり、触った時にザラザラした感じになるのです。
顔や手はそのような状態になりやすく、悪化するとただれてしまい辛いものです。

肌が乾燥する原因には、授乳による水分不足やホルモンバランスの変化があります。
授乳中は普段通りに水分を摂っても母乳が作られるのに使われ、不足しがちです。
今まで摂っていた量と同じでは体が水分不足となり、肌の水分も足りなくなるのです。

また、産後はホルモンバランスが変化するため体の機能がうまく働かない場合があります。
皮脂の分泌もその一つで、うまくいかず過剰になったり不足したりするのです。
皮脂の分泌が不足すれば、肌は乾燥してザラザラになってしまうのです。

また、育児で忙しくなると無意識のうちに水分を摂る量が減ってしまいがちです。
その結果、体の水分が不足し、肌もカサカサしやすくなってしまいます。

2. ニキビ

産後にニキビができやすくなったという人もいます。
ニキビもいくつかできるとザラザラとした肌ざわりになってしまい、気になりますよね。

産後にできるニキビの原因は、寝不足や肌の乾燥・べたつきなどがあります。
産後は赤ちゃんのお世話で誰もが寝不足になってしまいます。

寝不足になると、睡眠中に分泌される成長ホルモンの分泌が減ってしまいます。
成長ホルモンとは、骨や筋肉の発達に必要なだけではありません。
大人の場合、代謝や体の機能が正常に働くために必要なホルモンです。

このホルモンは睡眠中に最も多く分泌されるため、寝不足が続くと分泌も減るのです。
成長ホルモンの分泌が減れば肌の代謝も悪くなるため、毛穴は詰まりやすくなります。
毛穴が詰まればニキビはできやすく、代謝の悪い肌にできたニキビは治りにくいのです。

また、前項で産後は皮脂の分泌がうまくいかないことをご紹介しました。
このこともニキビができやすい原因の一つなのです。

皮脂の分泌が過剰になれば、毛穴に詰まりやすいためニキビができやすいです。
そして皮脂が不足して肌が乾燥しても毛穴が詰まりやすくなり、ニキビができるのです。

3. 湿疹

湿疹ができて肌がザラザラするという状態になってしまうこともあります。
湿疹の原因はさまざまですが、産後は乾燥した状態が悪化してできることが多いです。
また、産後の肌は敏感になっており、化粧品や汗などでかぶれてしまうこともあります。

乾燥による湿疹は、肌表面の皮脂が失われ、肌のバリア機能が低下してできます。
バリア機能が低下すると、肌はちょっとした刺激にも反応してしまいます。
そして、炎症を起こした状態が湿疹となって現れるのです。

今まで使っていた化粧品にかぶれたり、普段と変わらない汗でもかぶれていまいます。
肌が湿疹でザラザラするだけでなく、かゆみやヒリヒリと痛みが出ると辛いでしょう。

ザラザラした肌の対策法は?

産後、肌がザラザラして悩んでいる人のために、いくつかの対策法をご紹介します。

1. 洗顔はやりすぎず、優しく洗おう

洗顔は肌を清潔に保つためには必要ですが、やりすぎは肌への刺激となります。

多くの人が洗顔を朝晩2回行うと思いますが、朝は洗顔剤を使うのは止めてみましょう。
洗顔剤を使うと必要な皮脂まで落としてしまうことになり、肌の乾燥が悪化します。
朝はぬるま湯のみで洗うようにしてみましょう。

また、顔を優しく洗うために洗顔剤はよく泡立てるようにしましょう。
そして、洗う時はふんわりした泡で包み込むようにして洗いましょう。
肌がザラつくからと言ってゴシゴシと擦るのはいけません。

洗う時のぬるま湯は36~38℃が最適です。
お湯や冷水で洗うと気持ちがよいと感じることもありますが、肌には刺激となります。

2. 水分をこまめに摂ろう

ザラザラした肌の大きな原因は乾燥です。
そのため、水分をこまめに摂ることを心がけましょう。
特に産後は、授乳によって水分が不足しがちなので普段以上に必要です。

いつでも水分を補給できるように水筒などを持ち歩くことをおすすめします。

3. 保湿効果が高い化粧品を使おう

産後のザラザラ肌の大きな原因は、肌の乾燥です。
産後は肌の乾燥からニキビや湿疹ができ、ザラザラになる人が多いです。
そのため、まずは乾燥を治すことが必要です。

乾燥肌を改善するには保湿効果の高い化粧品を使ってみましょう。
保湿効果が高い成分と言えば、「セラミド」を聞いたことがある人は多いでしょう。
セラミドには肌が水分を蓄えられるようにする効果があります。

また、ヒアルロン酸やコラーゲンなども保湿には効果のある成分です。
これらは肌を潤してくれるという役割があります。
セラミドで水分を蓄えられるようにして、これらの成分で肌を潤すのが効果的です。

そのため、セラミド、ヒアルロン酸、コラーゲンが配合された化粧品がおすすめです。

最後に

いかがでしたか?
産後のザラザラ肌に悩んでいる人はぜひ参考にしてみてくださいね!