産後に肌のかゆみが辛い人へ!効果的対策方法をご紹介!

産後に肌がかゆい!

産後に起こる体のトラブルの中でも多いのが「肌荒れ」。
肌荒れの症状は人それぞれですが、かゆみが辛いと感じる人は多いです。

肌がかゆいとつい掻いてしまい、赤くなったりボロボロになったりして困りますよね。
かと言ってかゆみを我慢するのも辛いものです。

ここでは産後の肌のかゆみで困っている人のために、原因と対策方法をご紹介します。

産後の肌のかゆみの原因は?

産後に肌のかゆみを感じる人は多いですが、部位は人それぞれです。
顔・腕・足・お腹だけでなく、頭皮やデリケートゾーンがかゆくなる人もいます。

部位によってかゆみの原因は異なりますが、どの部位にも共通して言えることがあります。
それは、産後の肌が「敏感肌」になっているということです。

産後は妊娠中に分泌されていた女性ホルモンが急減します。
このホルモンの急減によってホルモンバランスは崩れてしまうのです。

ホルモンバランスが崩れると皮脂の分泌がうまくいかず、肌は乾燥しやすくなります。
肌の皮脂が不足すると、外部からの刺激を受けた時に過敏に反応してしまうのです。

例えば、髪や衣服の接触、汗による蒸れ、外気や紫外線が刺激として挙げられます。

また、産後に肌が敏感になってしまう原因は寝不足や栄養・水分の不足もあります。

人の肌は睡眠中に分泌される成長ホルモンによって修復されると言われています。
そのため寝不足が続くと、肌は弱った状態が続いて刺激を受けやすいのです。

さらに産後は授乳により栄養や水分が不足しがちになります。
育児で忙しい生活をしていると、栄養の偏った食事や水分の摂り忘れもあるでしょう。
それによって肌の皮脂が不足して乾燥しやすくなり、敏感肌になる場合もあるのです。

産後の効果的なかゆみ対策は?

産後の肌のかゆみの対策方法は部位によって異なります。
ここでは、かゆみが出やすい部位のかゆみ対策方法をいくつかご紹介します。

1. 顔

顔は常に露出しているので、刺激を受けやすくかゆみが出やすいです。
また、露出しているため乾燥しやすく、それによってもかゆみが起こりやすいです。
顔のかゆみを抑えるためには、少しでも刺激を減らすことと保湿が重要です。

顔への刺激となりやすいのがメイク、洗顔です。
どちらも必要なことですが、刺激になっていることも忘れないでください。

まずメイクですが、敏感肌用の化粧品を使うようにしましょう。
そして付ける時は、薄く塗るようにしましょう。
厚く塗ると肌への負担が大きくなるので、ナチュラルメイクが理想的です。

次に洗顔ですが、メイクを落とすときは肌をゴシゴシと擦りがちですがNGです。
クレンジング剤とメイクがなじめば落ちるので、擦るという刺激は避けたいものです。

洗顔剤もしっかりと泡立てて泡で顔を包み込むようにして優しく洗いましょう。
泡によって肌への刺激を最低限にしましょう。

あとは保湿についてです。
肌の乾燥はかゆみの原因になりますから、保湿効果の高い化粧水を使うようにしましょう。
「セラミド」という成分が配合されているものがおすすめです。

セラミドは肌が水分を蓄えられるようにしてくれる効果があります。
保水力がアップした肌へ潤い成分が浸透すれば、より高い保湿効果が得られるためです。

また、化粧水にも敏感肌用がありますから、敏感肌用を選ぶことをおすすめします。

2. 首・腰周り

首や腰周りは衣服や髪が触れることでかゆみが出やすいです。

まず、首はよく動かす部位なので皮膚が薄く、デリケートです。
髪や衣服が触れるだけでなく、汗をかきやすく蒸れやすい部位でもあります。

そんな首のかゆみ対策は、髪をまとめて髪の接触による刺激を減らすことです。
また、髪をまとめて蒸れを防ぐことも大切です。
あとは、髪を短く切ってしまうという方法もよいかもしれません。

次に腰周りですが、衣服の締め付けや摩擦が多い部位です。
特にウエスト部分の締め付けは跡が付きやすく、その部分がかゆいという人は多いです。

産後は締め付けのきつい衣服を避け、ゆったりとした服装をしましょう。
ゆったりとした服装はリラックス効果もあるので、かゆみ対策以外でもおすすめです。

3. デリケートゾーン

産後、デリケートゾーンのかゆみに悩む人は意外に多いです。
産後は産褥ナプキンを当てているとどうしても蒸れやすいためです。

また、産後の傷が痛くてデリケートゾーンを丁寧に洗うことが難しいという人もいます。
その結果、雑菌が繁殖しかゆみが起こってしまいやすいのです。

特に強いかゆみを感じた場合はカンジダを発症している可能性があります。
カンジダは、疲労や寝不足で免疫力が低下した時に発症しやすいとも言われています。
産後はまさにその状態なので、カンジダを発症しやすいのです。

カンジダの可能性がある場合は、婦人科を受診し適切な治療を受けましょう。

その他にもナプキンをこまめに取り換える、通気性のよい服装をするようにしましょう。
蒸れを改善することが大切です。

また、傷がある人は大変ですが、デリケートゾーンを優しく洗って清潔にしましょう。
洗った後は蒸れないように水分をしっかりと拭き取るようにしましょう。

最後に

産後の肌のかゆみは人それぞれですが、どれも辛いですよね。
ここで紹介した対策方法を参考にして産後の辛いかゆみを乗り切ってくださいね!