育児疲れで無気力になっていませんか?それは危険信号なんです!

育児をどのように感じていますか?

小さな子どもがいるお母さん。子育てすることをどのように感じていますか?

・楽しいと感じることができていますか?
・喜びを感じていますか?
・嬉しいと感じることがありますか?
・子どもを愛しいと感じることがありますか?
・子育てすることに幸せを感じていますか?

これらのことをあまり感じることが出来ず、無気力になっているということは
ありませんか?

子育てをしていると大変なことや辛いこと、苦しいと感じることは
あるかもしれませんが、その中でも楽しさや嬉しさや幸せを感じるのが
普通の感情です。

しかし、それを感じず無気力になっていれば、それは、お母さん自身の
身体や心が限界に近付いている危険信号です。放っておくと大変なことに
なってしまいますよ。

産後うつになっていませんか?

・育児にやる気が出ない。
・出かける気にならない。
・身体がだるい、倦怠感を感じる。

このような無気力の状態になってはいませんか?身体もだるい、気持ちも
落ち込んでいる、そうなると家事や育児をするのが苦痛になってきますよね。
このような状態になっているのは、産後うつになっているのかもしれませんよ。

<産後うつの症状>
・育児をするのが苦痛である。
・なんでもないのに涙が出てくる。
・食欲が出ない、過食気味になっている。
・不眠症
・倦怠感
・頭痛やめまいがする。
・ネガティブなことばかり考えてしまう。
・焦りや不安が強い
・自分だけ、頑張っているような感じがする。

無気力以外にこのような症状がみられる場合は、産後うつの状態に
なっているのかもしれませんね。

産後うつの原因

産後うつを知っていますか?産後うつとは、うつ病の一種です。
産後のお母さんがなりやすい病気なんですよ。

産後2週間~3週間頃に発症することが多いですが、個人差があり、
産後、数か月たってから産後うつになる人もいるんですよ。

産後1年ほどで良くなることが多いですが、症状が改善せず、症状が
悪化してしまうこともあるんですよ。

恐いですよね。それでは、なぜ、産後のお母さんはうつ状態に
なりやすいのでしょうか。

<産後うつの原因>
・環境の変化
子どもができるとがらりと環境が変わってしまいますよね。これまで、自分で
自由に過ごしていた時間が減り、一日中子どもと一緒に過ごすようになります。

好きな時に出かけることも難しく、友達と会う機会も減りますよね。
子ども中心の生活になり、ご飯も好きに食べられないなんていうお母さんも
いることでしょう。家に引きこもりがちにもなってしまいますよね。

・睡眠不足
授乳中の赤ちゃんがいると、夜中におっぱいをあげたり、ミルクを作ったり
しなければなりません。おむつが汚れたら変えてあげなければなりません。

夜泣きしたら、抱っこしてあやしてあげなければなりません。このように、
お母さんは朝までゆっくり寝ることができませんよね。

そうすると、慢性的な睡眠不足になってしまいますよね。
睡眠不足のお母さんはいつも疲労でいっぱいですよね。

・ホルモンバランスの変化
産後のお母さんの身体は、妊娠前と比べるとホルモンバランスが大きく
変化しているんですよ。

ホルモンが大きく変化することで、身体はとても敏感になっているのです。
些細な刺激でホルモンバランスは崩れてしまうのです。
疲れやストレスもそのホルモンバランスの乱れの原因となってしまうんですよ。

産後うつの症状の改善

・十分な休息と睡眠
産後うつになっている場合、睡眠不足が原因となっていることもあります。
小さな子どもがいると、ゆっくり休む時間もなかなかありませんよね。

睡眠不足を解消するためにも夜は、なるべく早い時間に寝るようにしましょう。
疲れているなと感じるときは少し時間が早くても子どもと一緒に寝るのも
いいですよね。

夜中だけで睡眠が足らない場合は、子どものお昼寝の時間に合わせて少し
仮眠をとるのでもいいでしょう。10分~15分休むだけで、
十分な休息効果があるんですよ。

・一人の時間を持つ。
子どもが産れると24時間毎日子どもと一緒の生活が始まりますよね。
お母さん自身の時間も無くなってしまうでしょう。

それでは、お母さんも疲れてしまいますよね。たまにはリフレッシュの時間も
必要ですよ。子どもを旦那さんや祖父母に預けて気持ちをリフレッシュできる
時間が作れるといいですよね。

近くに預ける人がいないという場合は、地域の育児支援を活用してみるのも
いいですね。お住いの地域の育児支援サービスについてきちんと
知っておくといいでしょう。

・一生懸命頑張りすぎない
なんでも一生懸命がんばりすぎる人はうつ病になりやすいといわれているんですよ。
子どもがいると家事も育児も完璧にこなすのはとても大変なことです。

完璧にしようと思うと何か一つできなくてもストレスの原因となってしまいますよね。
「子どもがいるうちはできなくて当たり前。」くらいの気楽な気持ちで
過ごせるのがいいですよね。手抜きをしながら生活することも覚えましょう。

まとめ

無気力な状態になると生活するのも苦痛になってしまいます。
早めに生活や環境を改善し、お母さん自身ゆっくり休むことが大切に
なってきますよね。

育児をしていると、なんでも一生懸命してしまいがちですが、頑張りすぎず、
人に頼って、ゆったりした育児ができるといいですよね。