育児疲れしていませんか?『痩せた』と人から言われませんか?

痩せすぎていませんか?

小さな子ども育てていて悩みはありませんか?疲れてはいませんか?

・食欲がない。
・人から痩せたといわれる。
・急激な体重の減少がある。

こんなことありませんか?『痩せる』というと女性にとっては嬉しいことですよね。
しかし、それは健康的な痩せ方ですか?きちんと栄養バランスのとれた食事を
とれていますか?

運動ができていますか?健康的な生活をおくることができているでしょうか。
急激に痩せた、体重が減ったという場合、注意が必要なんですよ。

身体の栄養バランスはとれているでしょうか。また、身体だけでなく、
精神的にも不安定になっていることも考えられるんですよ。

痩せの原因と痩せの影響

・食事
・運動
・生活リズム

体重をコントロールするのには上記のことが大きく影響してきます。妊娠中の
女性はホルモンバランスの影響で身体に脂肪がつきやすくなっていますよね。

妊娠中に気を付けていたはずなのにあっという間に体重が増えてしまったという人も
いるのではないでしょうか。

そして、出産後は、授乳をし、たくさんの栄養を母乳を通して赤ちゃんに
送るのでたくさんのエネルギーが消費されます。
栄養をきちんと取らないと、栄養不足になり、体重が急激に減少してしまうのですよ。

【痩せすぎることによる問題】

・栄養失調
授乳中のお母さんは母乳でたくさんの栄養を消費するため栄養不足
になりやすいのを知っていますか?

痩せすぎているということは十分に栄養素も摂取できていない可能性が
ありますよね。鉄分、タンパク質、カルシウムなどの栄養素が特に不足しがち
なんですよ。

<鉄分不足による影響>
妊娠中から、女性の身体は胎児を育てるためや出産に備えるために貧血に
なってしまいやすい身体になっているのですよ。

産後も引き続き、鉄分が不足しやすいので、十分に鉄分を摂取せず、
鉄分が不足すると鉄欠乏性貧血になってしまう危険性があるんですよ。

<タンパク質不足による影響>
タンパク質は身体を作る大きな役割があるんですよ。産後のエネルギーが
必要なお母さんには大切な栄養素です。

タンパク質が不足することで、健康的な身体が作られず、元気も出ません。
育児をするには体力がいりますよね。

<カルシウム不足による影響>
カルシウムは骨や歯を作る役割をしますよね。この時期、カルシウムが不足すると、
歯や骨がもろくなってしまいます。

この時期に、しっかりカルシウム摂取をしていなければ、歳をとってきたときに、
健康な歯を保てなかったり、骨粗しょう症になってしまったりする危険性が
ありますよ。

・母乳が出なくなる
お母さんたちは栄養のある母乳を赤ちゃんに飲ませてあげたいと思っていますよね。
お母さん自身の栄養素やエネルギーが不足することで、母乳へも大きく
影響してくるのですよ。

赤ちゃんに十分な栄養素が送れなかったり、母乳が不足したり、出なくなったり
することもあるんですよ。赤ちゃんを育てることにも問題が出てきますよね。

食べたくても食べられない

「ご飯を食べたいのに食べられない、食欲がわかない。」お母さんの中には
こんな方たちもいるでしょう。そうなると痩せてしまいますよね。
それは、育児疲れが影響しているのかもしれませんよ。

・やる気が出ない。
・なんでもないのに涙が出てくる。
・育児が苦痛に感じる。
・めまい、頭痛がする。
・腹痛がする。
・不眠症になった。
・イライラする。

食欲不振、体重減少以外にこれらの症状はありませんか?それは、産後うつや
育児ノイローゼになっているのかもしれませんよ。

身体のホルモンバランスの乱れ、子どもが出来てからの環境の変化や育児による
疲れやストレス、睡眠不足などが原因で産後うつや育児ノイローゼになって
しまうことがあるんですよ。

そうなると、食欲がわかなくて食欲不振になってしまい、急激に体重が減少して
しまうこともあるのですよ。

そうなると、しっかり食事をとることも難しくなりますよね。まずは、産後うつや
育児ノイローゼの改善が必要になってきますよね。

健康的な身体であるために

健康的な身体というのは太りすぎでもなく、痩せすぎでもない、筋肉も
脂肪も適度についた身体のことをいいます。

・規則正しい生活をする。
小さな子どもがいると、生活リズムが乱れがちです。そうすると、食事を食べ
損ねたり、睡眠不足になったり、健康的な身体作りをすることが難しくなって
しまいます。

そのためにも、生活リズムを意識して整えることが大切になってきますよね。
また、適度な運動も必要ですよ。

産後はどうしても運動不足になりやすいですよね。身体に筋肉を付けるため、
ウォーキングをしたり体操をしたり適度な運動も心がけましょう。

・栄養バランスを意識した食事
産後不足しがちな栄養素。鉄分やカルシウムやタンパク質は意識して
摂取しなければ、どうしても不足してしまいます。

料理の食材を選ぶときに、気を付けて材料を選ぶことができるといいですね。
痩せすぎの人も、高脂肪や糖分の多いものを多く取って太ればいいというわけでは
ないのですよ。

・ストレスをためすぎない
ストレスや疲れは産後うつや育児ノイローゼの原因となり食欲不振に
影響してきます。育児は大変です。頑張りすぎず、人に頼りながら育児ができると
いいですよね。

まとめ

産後はとてもデリケートな体質になっています。忙しい時間の中でも、
お母さん自身の体調も気を付けなければ、痩せすぎたり、栄養失調になって
しまったりすることもあるんですよ。

健康的な身体を維持するためにも、規則正しい生活を心がけたいですね。