止められない『やけ食い』その原因、育児疲れにあるのかも?

産後の食欲や体系で悩んでいませんか?

育児をしていて悩みはありませんか?ストレスをためていませんか?
上手にそのストレスを発散できているでしょうか。

・急激に体重が増加した。
・過食気味になった。
・やけ食いをしてしまう。

こんなことはありませんか?産後は授乳をしたり、体力も必要だったりするので、
食欲があるのは通常なことですが、それが、過剰になってはいませんか?

体重が増えすぎているということはないでしょうか。やめたいのに
やめられないやけ食い、抑えたいのに抑えられない食欲、増える体重。

育児のストレス以外にも体系や食欲がまた、ストレスとなっていることは
ありませんか?コントロールできないその食欲、育児疲れで精神的に
不安定になっているのかもしれませんよ。

それって病気かも?!

・イライラすることが多い。
・なんでもないのに涙が出ることがある。
・やる気が起こらない。
・不安や焦りが強い。
・子育てすることを苦痛に感じる。
・自分だけが頑張っているような気がする。
・不眠症になった。

食欲の変化や体重の増加以外にこのような症状はありませんか?このような
症状がある場合、育児ノイローゼや産後うつの状態になっているのかも
しれませんよ。

症状の種類や程度には個人差があるので人それぞれ違いますが、
育児ノイローゼや産後うつの症状に『過食・急激な体重の増加』の症状が
みられることがあるんですよ。

『食べなければいい。我慢すればいい。』と思うかもしれませんが、
このような病気になってしまうとなかなかそれが自分ではコントロール
できないのです。

また、無理に我慢してしまうと、今度はほかの症状が出てきてしまうことも
あるんですよ。まずは、育児ノイローゼや産後うつの症状を緩和する必要が
ありますよね。

育児ノイローゼ・産後うつを知っていますか?

育児ノイローゼや産後うつ。言葉くらいは聞いたことがありますよね。
これらは、うつ病のひとつです。産後のお母さんはうつ病になりやすい
状況にあることを知っていますか?

育児ノイローゼや産後うつは産後2~3週間頃に発症しやすいといわれていますが、
個人差もあり、産後数か月経ってから発症する人もいるんですよ。

自然に治ることもありますが、生活や環境を整える必要があります。
症状が重い場合は病院での治療が必要になることもあるんですよ。

<産後うつや育児ノイローゼの原因>
・生活環境の変化
産後、子育てを始めると環境がガラッと変わりますよね。お母さんの時間はなくなり、
子ども中心の生活が始まります。

何か用事をしていても、子どもが泣けば子どものことを先にしなくてはいけません。
子どもがいると、自由に出かけることもできませんよね。

知らず知らずのうちに、お母さんはストレスをためてしまいがちなのです。
また、夜も十分に眠れないということもあるでしょう。睡眠不足もストレスの
原因となり、精神状態に大きく影響しますよ。

・ホルモンバランスの変化
産後、お母さんの身体のホルモンバランスは大きく変化しているのですよ。
精神状態というのはこのホルモンバランスが大きく影響しているのです。

生理前にイライラしたり気分が落ち込んだりすることがありますよね?
それもホルモンバランスの影響なのです。

この大きく変化したホルモンバランスは乱れやすく、乱れることで精神的にも
身体的にも不安定になり、育児ノイローゼや産後うつになってしまうことが
あるのですよ。

育児ノイローゼや産後うつを改善するために

・規則正しい生活をする
まずは、生活環境を整えることが大切です。小さな子どもがいると、
どうしても寝不足になってしまったり、きちんとした食事がとれなかったり
生活が乱れてしまいがちですよね。

疲れているときには十分な休息が必要です。なるべく早く就寝するように
心がけ、少しでも長く休めるようにしましょう。

また、質の良い睡眠をとるために、寝る前にパソコンやテレビや携帯などの
電子機器を使用するのを控え、頭もゆっくり休めてあげましょう。

食事も三食きちんと栄養バランスのとれたものを食べるといいですね。
食事をきちんととることで、満腹感を得られ、間食での暴食を抑えることが
できるかもしれませんよ。

また、食べるときによく噛んで時間をかけて食べるようにしましょう。
子どものお世話で忙しいからと、急いで食べることで満腹中枢がうまく働かず、
食べ過ぎてしまうことがあるのです。

忙しい環境にあるかもしれませんが、食事はとても大切です。おいしく食べることで、
ストレスを和らげる効果もあります。食事の時間、大切にしたいですよね。

・一生懸命頑張りすぎない。
子育てに一生懸命になりすぎてはいませんか?頑張りすぎて
息抜きできていないなんてことはありませんか?

一生懸命頑張ってしまう性格の人がうつ病になりやすいといわれているのです。
子育てに休みはありません。

頑張りすぎは禁物ですよ。たまには息抜きや手抜きも必要です。旦那さんや
祖父母に子どものことをお願いしてみたり、疲れていてしんどい、
辛いということをきちんと伝えてみたりしましょう。

一人で抱え込んでしまうと、身体や心が追いつきません。どっと反動が
出てしまいますよ。
近くに頼る人がいない場合は育児支援などを利用してみるのもおすすめですよ。

まとめ

疲れているときのやけ食いや体重増加、それは心が悲鳴を上げているサインです。
食べることでその疲れやストレスを発散しようとしているのですよ。

心のケア、きちんとしてあげなければなりませんよね。人に頼りながら、
頑張りすぎない育児ができるといいですね。