育児疲れで笑えない?それって心の病気かもしれませんよ!

育児疲れしていませんか?

育児に疲れていませんか?子育てしていて楽しいと感じますか?
子育てというのはとても大変ですよね。

・こんな大変なこといつまで続くのか不安。
・毎日毎日同じことの繰り返しで達成感がない。
・自分だけが頑張っている気がする。
・疲労がたまっている。
・子どものことばかりで自分の時間がない。
・子どもを連れているので自由に出かけられない。
・睡眠不足が続く。
・子どもばかり相手にしていて疲れる。

こんな風に感じてはいませんか?育児には休みがありませんよね。
旦那さんの仕事が忙しかったり、頼れる人が近くに住んでいなかったりすると、
お母さん一人でほとんど子育てをしているということもあるでしょう。

そうなると、お母さんの負担はとても大きくなってしまいます。ゆっくり
休む時間も、自分の好きなことをする時間も、リフレッシュする時間も
ありませんよね。

お母さんの身体と心は健康ですか?笑って過ごすことができていますか?

どんな生活を送っていますか?

子どもがいると子ども中心の生活になりますよね。子育てしているお母さん、
毎日どのような生活を送っていますか?

・子どもの着替えをさせる。
・授乳する。
・子どもにご飯を食べさせる。
・おむつを替える。トイレに連れて行く。
・子どもの遊び相手をする。お散歩をする。
・お昼寝させる。
・お風呂に入れる。
・歯磨きをする。
・寝かしつける。

最低でもこのことをしなければなりませんよね。お母さんたちは、
このほかにもご飯の準備や買い物、掃除、洗濯などの家事もやらなければ
なりません。

子どもがいると、泣いて機嫌が悪かったり、体調が悪かったりすると
思うように家事もこなせませんよね。

子どもを連れてのお買い物も一苦労です。後追いしてくる時期の子どもがいると
トイレにすらゆっくりいけない、家事をするのもずっと子どもをおんぶしたまま
なんていうこともあるでしょう。

毎日それが続くと疲れますよね。夜泣きなどされると夜もゆっくり休めません。
お母さんは肉体労働です。また、子どもがぐずったり、泣いて暴れたりすると、
その泣き声を聞くだけでストレスにもなりますよね。

休みのない子育てを苦痛に感じたり、不安に感じたりすることもあるでしょう。

笑顔で毎日過ごせていますか?

毎日子育てに一生懸命になりすぎていませんか?

・いつもイライラしている。
・不安や焦りばかり感じている。
・なんでもないのに涙が出てくる。
・笑えない。

こんなことはありませんか?毎日一生懸命になりすぎて自分に余裕が
なくなってはいませんか?

気が付いたら最近笑っていない、笑えないなんてことありませんか?
お母さんたちはみんな苦労しながら子育てしてしまいます。

イライラすることや、不満に感じること、不安や焦り、みんなそれぞれ
感じているでしょう。

しかし、『育児にまったく楽しさを感じない。』『育児は苦痛でしかない。』
『子どもがかわいいと思えない。』そう感じるようになり、笑顔で過ごせなく
なっているのであれば、それは、お母さんの精神状態が不安定になっているの
かもしれませんよ。

疲れやストレスが溜まり、ホルモンバランスが崩れたり、自律神経が
乱れたりすることで、産後うつ・育児ノイローゼ・自律神経失調症などの
病気になってしまっているのかもしれませんよ。

生活・環境の改善をしましょう

身体も疲労がたまり、精神状態が不安定になっていて笑えなくなっているので
あれば、生活や環境を改善する必要があります。

・頑張りすぎない
育児や家事を頑張りすぎてはいませんか?なんでも一生懸命頑張る人、
なんでも完璧にしようとする人は心の病気になりやすいと言われています。

産後のデリケートな身体のお母さんならば尚更です。少し肩の力を抜いて、
育児や家事をするのがいいですよ。

家事も完璧にできなくて当たり前です。市販のお惣菜に頼って料理を手抜き
してみたり、たまには掃除を簡単に済ませたり、少し手抜きをしてみましょう。

そうすることで、少し時間にも心にも余裕が出てきますよね。

・十分な休息をとる
疲れているときは、まずはゆっくり休むことが大切です。
夜もなるべく早く布団に入るようにしましょう。

十分な休息時間を確保することで、身体が楽になりますよね。
イライラも軽減するはずですよ。

夜十分に眠れなかったというときは、仮眠をとるのもオススメです。
10分~15分休むだけで疲れが取れますよ。

・人と話す。外出する。
子どもがいると出かけるのも大変だからと引きこもってはいませんか?
育児支援に出かけたり、少し友達を会って話をしたりすることも大切です。

人と話すと自然と笑顔になりますよね。悩みがあれば、人に聞いてもらうだけで
ストレスも軽減しますよ。すっきりするはずです。

子どもとだけ接していては会話もあまりありませんよね。
積極的に人と接するようにしましょう。

まとめ

育児に疲れストレスは付き物です。お母さん自身から笑顔が消えてしまわない
ように上手にリフレッシュしながら過ごせるといいですよね。

頑張りすぎは禁物です。家族にも協力してもらい、一人でなにもかも
抱え込まないようにしましょう。
お母さんが笑顔でいるほうが子どもにもいい影響を与えますよ。