産後の体力低下に効果がある漢方薬はある?

産後に飲める薬が増える理由

服用する薬は、妊娠中から引き続き、産後も簡単には取り入れられません。
妊娠中は胎盤から、産後は母乳から、子供へ薬の成分が移動するからです。

でも、妊娠中よりも産後の方が服用出来る薬の種類が増えます。
それは何故でしょう?

薬の成分は血液に混ざり、体内を巡り効果を発揮します。
そのため、妊娠中は胎盤を通じて胎児へと薬の成分が渡ってしまいます。

産後はどうでしょう?

母乳は血液で出来ているので、薬の成分が混ざった血液で母乳が作られたら、
赤ちゃんに薬の成分が移動すると思いますよね。

でも、血液が母乳になるまでに様々な工程を経ています。
その工程を経ていく内に、薬の成分がフィルターに通されるように、薄まっていきます。

そして、最終的には薬の成分が微量しか含まない母乳になっているんです。

産後に服用出来る薬が増えるのはこのためです。
それでも、授乳中に服用出来ない薬はあるので、確認は必要です。

安心出来る薬は?

産後に服用出来ると処方された薬でも、服用を躊躇うお母さんは多いです。
大切なわが子の体に関わるので、赤ちゃんへの影響には慎重になるんです。

でも、体力低下で家事も育児も辛いときは、楽になるなら薬に頼りたくもなりますよね。

薬には、病院で処方される処方箋の他にも、市販薬や漢方薬があります。

病院で処方される処方箋は、医師に診断してもらって処方されるので、体に
優しい薬ではあります。
授乳中であることを申告すれば、授乳中でも服用出来る薬を処方してもらえます。

お母さんにとっては、医師に相談しているので、薬に対しての嫌悪感は薄らぎます。

病院になかなか行けないという人は、ドラッグストアなどで市販薬を買います。

市販薬でも産後に飲めるものは増えてきました。
でも、内容を確認出来るのが、市販薬のパッケージや説明書、店内の薬剤師や
登録販売者になります。

注意書きに「妊娠中や授乳中に関する記載」があるものは気をつけてみるように
して下さい。

漢方薬はどうでしょう?

漢方薬は、自然の生薬を原料として組み合わせて作るので、体に優しい薬と
されています。

だからといって、副作用がない訳ではありません。
薬である以上、副作用はあります。
でも、正しく取り入れることで体に効果的に働きかけてくれます。

そして、漢方薬は授乳中でも服用出来るので、お母さんの強い味方です。

では、産後の体力低下による症状に漢方薬がどのように効果を発揮するのかを
見てみましょう。

産後の症状によって漢方は違う

体力低下や疲労倦怠、体のダルさを取り除いてくれる漢方薬です。

・補中益気湯(ほちゅうえっきとう)
補中益気湯の「中」は胃腸のことを指し、「益気」は気を増すことを意味します。
胃腸の働きを改善させることで体力を回復させます。

疲労や食欲不振、胃弱や夏痩せ、長引く風邪などで、体力が弱っているときに
使うと効果を発揮します。
医王湯(いおうとう)とも呼ばれ、元気を補うのに処方される代表的な漢方薬です。

人参、黄耆(おうぎ)、蒼朮(そうじゅつ)又は白朮(びゃくじゅつ)、柴胡(さいこ)、
当帰、升麻(しょうま)、陳皮、生姜、大棗、甘草の生薬10種から作られています。

補中益気湯は体力がない人に使うので、体力がある人には適しません。

・十全大補湯(じゅうぜんたいほとう)
全身が弱り、「気」も「血」も不足していて、補中益気湯よりも体力消耗が激しい
人に処方されることが多い漢方薬です。

血行を促し、冷え症や貧血を改善する作用や、滋養強壮作用があります。
疲労や衰弱が酷いときに処方されます。

十全大補湯という名前は、著しく弱っている状態を「十全(完全)に大きく補う」
意味でつけられています。

当帰、川?(せんきゅう)、芍薬、地黄(じおう)、茯苓(ぶくりょう)、人参、桂皮、
蒼朮(そうじゅつ)又は白朮(びゃくじゅつ)、黄耆(おうぎ)、甘草の生薬10種から
作られています。

疲労回復の他に、母乳の出を良くする効果があります。

・人参養栄湯(にんじんようえいとう)
産後の疲労や倦怠、貧血や食欲不振などに対して処方される漢方薬です。
そのため、滋養強壮や血行を良くする生薬が使われています。

鉄剤の副作用で、胃腸障害が出てしまう鉄欠乏性貧血の人は、人参養栄湯で
改善されたという報告も出ています。

当帰、五味子(ごみし)、陳皮、遠志(おんじ)、芍薬、地黄(じおう)、人参、桂皮、
白朮(びゃくじゅつ)、茯苓(ぶくりょう)、黄耆(おうぎ)、甘草の生薬12種から
作られています。

・?帰調血飲第一加減(きゅうきちょうけついんだいいちかげん)
産後によく用いられ、産後の聖薬とも呼ばれている漢方薬です。

産後は母乳や悪露で血液の消耗が多く、貧血気味になりやすいです。
この漢方薬は、血を補う生薬と血の巡りを改善する生薬が使われます。
そのため、産後の貧血が改善し、血行も良くなります。

当帰、芍薬、桃仁(とうにん)、紅花(こうか)を含む21種の生薬で作られています。

産後の肥立ちが悪いときにオススメの漢方薬です。

・?帰調血飲(きゅうきちょうけついん)
栄養状態を高めるために「血」と「気」を補って、体力を回復します。

そして、血の巡りを改善するので、子宮を収縮して悪露を排出させたり、母乳の
分泌を促します。

まとめ

産後のお母さんは、赤ちゃんのためにも薬に頼りたくない人が多いでしょう。
でも、体力の低下によって、あまりにも辛い状態にある場合には、体を楽にする
ためにも頼ることも大事なことがあります。

薬を飲まずに体が辛いのを我慢して育児をするよりも、短期間薬を服用し、症状を
改善させた方が育児も楽になることもあります。

赤ちゃんにもお母さんの体にも優しい自然の生薬で作られた薬で、上手に体力
低下を止めましょう。