産後に襲う体調不良には何科を受診すれば良いの?

産後は不調が出るお母さんが多い

お母さんは、命懸けの大仕事である出産で、体力を消耗します。
なので、産後は体力がない状態で子育てが始まります。

産後すぐは、ハイになってしまうお母さんもいます。
ハイになっている状態では、疲れをあまり感じないので、体を休ませなければ
いけないのに、動き回ってしまうお母さんもいます。

安静にしなければいけないときに休まないでいると、ふとした瞬間に体に不調が
出てしまうんです。

もちろん、体の回復を優先させるために休んでいても、体に不調が出てしまう
ことがあります。

産後の体の不調の原因は、ホルモンバランスの影響がほとんどですが、疲れや
寝不足も、要因とされています。

では、産後の体に出る不調には、どのようなものがあるんでしょうか?

産後の不調症状は様々

産後の不調には、授乳など赤ちゃんのお世話に関わるものや、お母さん自身の
生活スタイルによるもの、周囲の環境などが関係したものなどがあります。

・睡眠不足
産後のお母さんは必ず睡眠不足になります。
赤ちゃんのお世話は日中だけではありません。

そして、ホルモンの影響で不眠の症状が起こることもあるんです。
睡眠不足の原因全てが赤ちゃんのお世話のせいではないんです。

・ホルモンバランスの乱れ
妊娠中に分泌されていたホルモンは、産後になると急激に分泌が減ります。
そして、産後は別のホルモンが分泌されるんです。

このように、妊娠中から産後のお母さんの体内で働くホルモンの変化は激しく、
お母さんの体内もその変化に対応するのが大変なんです。

・育児ストレス
たとえ、赤ちゃんが好きでも、育児をしていれば多少なりはストレスがたまります。
中にはストレスを自覚していないお母さんもいますが、自覚をしていないだけです。

そして、生活環境も変わります。
初産であれば、初めての赤ちゃんとの生活になります。
上にも兄や姉がいれば、子供が増えるだけ生活環境が変わります。

上の子供にとっても、生まれたばかりの弟妹との生活という環境が変わります。
お母さんとしても、命を育てる責任が増えるので、それもストレスとしてかかります。

・カロリーと栄養不足
授乳中のお母さんは、授乳することで栄養を赤ちゃんに与えます。
それによって、お母さんは栄養が奪われるんです。

授乳では、アスリート並みのカロリーが消費されます。
母乳を作るときにもカロリーが消費されるんです。
意外と体力がいるんです。

授乳中は栄養を食事などから摂取しなければいけません。
でも、育児や家事で忙しいお母さんは、食事を摂れる時間もないことがあります。
お母さんによっては、食欲さえなくなってしまう人もいます。

そんなときに、栄養が乱れてしまうと、体にも不調が現れてしまうんです。

・周囲の人の過干渉や無関心
産後のお母さんを取り巻く環境で、周囲の人のタイプって結構重要ですよね。

自身の子育ての経験から、口出しなどでもお世話をしてしまう実母や義母。
でも、昔の子育てと今の子育ては違うので、間違った情報があることもしばしば。
今の子育てを言っても、聞く耳を持ってくれないこともありますよね。

その逆で、無関心ということもあります。
里帰りしているお母さんに対して、赤ちゃんのことを何も聞いてこないお父さん
などがそうです。

孫に対して無関心という実家や義実家も、ないことはないようです。

周囲がそのような環境だった場合、お母さんは強い不安に襲われてしまいます。
程よく関心を持ってもらえる環境が望ましいように思いますね。

そして、産前と産後のお母さんの変化は、3パターンあります。

・産前も産後も変わらないお母さん
・産前よりも産後の方が強くなるお母さん
・産前よりも産後に虚弱になってしまうお母さん

お母さんがどんなパターンに変化しても、産後は体を休めなければなりません。

命懸けの大仕事をした後であっても、外見が元気そうに見えるお母さんはいます。
でも、不調を抱えていることがよくあるんです。
周囲の人にとって、お母さんが元気に見えても、休ませてあげて下さい。

では、産後のお母さんの体に現れる症状には、どのようなものがあるでしょう?

・体がだるくて重い
・寝ても疲れが取れない
・風邪を引きやすくなった
・吐き気
・食欲不振
・腰痛
・腱鞘炎

何科を受診?

いざ、産後の体調不良で病院を受診しようと思ったとき、何科を受診したら良い
のか、悩んでしまうお母さんは多いです。

風邪を引いて、授乳中でも飲める処方箋をもらうために、産婦人科を受診する
お母さんもいます。

でも、産婦人科にはたくさんの妊婦さんがいます。
そんな中に風邪を引いたお母さんが来院するのは、抵抗力が一般人よりも低く
なっている妊婦さんにとっては、迷惑になってしまいますよね。

普通の風邪ではなく、インフルエンザだったら特に迷惑になってしまいます。

でも、内科を受診して、授乳中のお母さんに処方出来る薬がないと言われて
しまうケースもあります。

そうなると、何科を受診したら良いのか分からなくなりますよね。

ここでは、病院の科の特徴などを見てみましょう。

・産婦人科
出産した病院は、妊娠中から通院している場合が多いので、受診しやすいですよね。
乳腺炎などにかかってしまった場合は、産婦人科が良いとされています。

また、授乳中で子供から風邪を移されてしまった場合は、受診出来ることもあります。
確実なのは、電話で受診出来るか、問い合わせてみましょう。

・心療内科
産婦人科が遠方の場合など、肉体的疲労ではなく精神的異常を感じた場合に
受診してみて下さい。

イライラしたり、気力が出なかったりなどの症状があれば、心療内科です。

・甲状腺外来/内分泌外来
体重が減り・増えすぎたり、脈が速・遅すぎたり、疲れやすかったり、ボーっとする
などの症状がある場合は、甲状腺異常が考えられます。

・漢方外来
薬を飲むことに抵抗がある人や体調不良を徐々に整えていきたい人は、漢方を
飲んでみて様子を見てみることも出来ます。

漢方は即効性のあるものや、徐々にゆっくり効果が現れるものもあるので、
そのときそのときで、自分に合う漢方を処方してもらうことが大事です。

・女性専門外来
プライバシーを重視した外来になっています。
婦人病などの女性を専門にした外来です。

全国的にはまだ珍しい外来ですが、女性の病気に特化しています。

・母性内科
母性内科も、女性専門外来と同様に全国的には珍しい科です。

こちらは、妊娠と出産に特化した科になっていますが、産後のお母さんのケアも
特化しているんです。
ホルモンや代謝、免疫系全ての相談にも乗ってくれるんです。

まとめ

お母さんが受診出来る科を見てみましたが、初めて知る科もあり、驚きましたね。

お母さんも、不調に襲われることで、心が弱ってしまうことがあります。
努力が足りないから治らない、他のお母さんは調子が悪いといっていても
やっていたのに、といったことは考えないで下さいね。

辛いときはそのときに合った病院を受診しましょう。