産後の頭痛による体調不良、原因は?

頭痛は耐えるのも辛い

産後は、出産で体力を消耗したお母さんにとって、体力がなければ寝不足などで
抵抗力などもない状態です。
そのため、多くのお母さんは、産後の不調に見舞われてしまいます。

産後の不調には様々な症状がありますが、症状の中で頭痛は耐えるのが辛い
ですよね。
頭痛に襲われると、動く度に痛みが出ます。

妊娠前から頭痛持ちで、常に鎮痛剤を持っているという人は結構多いです。
出産まで頭痛知らずだった人が、産後に頭痛持ちになってしまう人もいます。

頭痛に鎮痛剤で対応していた人は、産後の授乳で気軽に鎮痛剤が飲めなく
なってしまいます。
そんなときは、どうにか頭痛が治まるように対策したり待つしかありません。

でも対策をしても、治まらないことはあります。
間違った対策をしてしまえば、頭痛は悪化してしまいます。
頭痛が治まらない中での育児はとても苦痛ですよね。

治まらなくても、出来る限り緩和させる方法もあります。

ここでは、頭痛の原因や対策を見てみましょう。

頭痛には2種類ある

頭痛には偏頭痛と緊張型頭痛があります。

偏頭痛は、コメカミや目の周辺がズキズキと脈を打つように痛みます。
一度頭痛が起こると、数時間から数日続いてしまいます。
症状が強く出ると、吐き気や嘔吐を伴ってしまうことも多い頭痛です。

起こる原因としては、とあるきっかけで脳の血管が拡張することで起こります。
血管が拡張することで三叉神経が刺激されます。
それによって、園章物質が発生し、更に血管が拡張され頭痛が起こります。

緊張型頭痛は、後頭部から首筋にかけて締め付けられるような痛みが起こります。
早ければ1時間程でおさまりますが、続くと週間単位です。
眩暈や倦怠感、肩や首のコリを伴うこともある頭痛ですが、吐き気は伴いません。

起こる原因としては、筋肉が緊張して血流が悪くなることで起こります。
頭部や肩、首の筋肉が緊張すると血流が悪くなります。
そして、頭部周辺の神経が刺激されるんです。

産後の症状によって、頭痛の種類が分かることがあります。
どの症状で、どちらの頭痛が起こるのかを見てみましょう。

偏頭痛が起こる産後に関連した原因

・ホルモンバランス
産後は、エストロゲンの分泌が減少し、セロトニンの分泌も減ります。
セロトニンは血管を収縮させる効果があり、減ることで血管が拡張してしまいます。

緊張型頭痛が起こる産後に関連した原因

・骨盤の歪み
骨盤の位置は頭と遠い所にありますが、歪むことで頭痛の原因になり得るんです。
骨盤が歪むと、上半身や頚椎にまで影響を与え、血流が悪くなります。

・水分不足
お母さんが母乳で育児をしている場合は、水分不足が起こりやすいです。

体内の水分が不足すると、血液の粘度が高くなります。
血液の粘度が高くなると、血流が悪くなり頭痛を引き起こしやすくなります。

夏場は特に、水分不足に注意が必要です。

・貧血
出産では大量に出血することが多く、貧血になるお母さんは多いです。
産後しばらくは、悪露もあるので特に血液が失われます。

その後、授乳で赤ちゃんへ鉄分を与えるので、更に貧血になりやすくなります。
貧血は、頭痛だけでなく眩暈も引き起こします。

どちらの頭痛も引き起こすことがある産後の症状

・肩凝り
赤ちゃんの抱っこは思った以上に重労働なんです。
日に日に重くなっていくので、負担も蓄積されます。

授乳でも腕や肩に負担をかけて血流が悪くなります。

・睡眠不足
赤ちゃんのお世話は日中だけではありません。
夜中にもお世話があるので、お母さんは誰もが睡眠不足を経験します。

睡眠不足によって疲労も蓄積され、頭痛が引き起こされます。

・ストレス
育児だけでなく、周囲の様子でイライラしたりして、何かとストレスがたまり、
精神的に疲労がたまることがあります。

ストレスは自律神経を不安定にさせるので、ホルモンバランスも崩します。
その結果、頭痛を引き起こしやすくなるんです。

・姿勢の悪さ
赤ちゃんのお世話は、何かと前かがみになりやすいです。
そのため、猫背になって姿勢が悪くなりがちになります。

姿勢が悪いと、背中から肩、首にかけてコリが生じやすくなります。
コリが生じると、血流も悪くなるので、頭痛を引き起こしてしまいます。

頭痛が起こってしまった場合、痛いので早く治したいですよね。
治らなくても少しでも緩和したいものです。

偏頭痛と緊張型頭痛は対処法が異なります。
対処法を間違えると、頭痛を悪化させてしまうこともあるので、しっかりと症状を
確認しましょう。

偏頭痛の対処法

偏頭痛は、拡張した脳の血管を収縮させる必要があります。

・安静にする
脳の活動を休ませることで、血管収縮が起きやすくなります。
静かな暗い部屋で休んでみて下さい。

外部からの刺激を減らすアイマスクや耳栓をすると、尚効果的です。

・冷やす
首の後ろを冷やすことで、血管の収縮が起こります。
温めると逆効果になるので、入浴はやめてシャワーにしてみましょう。

・カフェイン
コーヒーや紅茶、緑茶に含まれるカフェインには、血管収縮の効果がありますが、
母乳育児をしている場合は、カフェイン摂取に気をつけなければいけません。

緊張型頭痛の対処法

緊張型頭痛は血流を良くする必要があります。

・温める
後頭部や首、肩を温めると、血流が良くなります。
入浴するのもオススメです。

・ストレッチ
首や肩、腕をゆっくりと大きく回してストレッチをしましょう。

・骨盤矯正
頭痛の原因が骨盤の歪みから起こっている場合は、骨盤矯正が必要です。

骨盤の歪みは、セルフケアとして運動でも矯正出来ますが、カイロプラクティック
や整体のプロにお願いすることも出来ます。
プロはお金がかかりますが、効果は出ます。

時間が取れない場合は、骨盤ベルトを使うのも効果的です。

原因は意外なことの可能性も?

頭痛の原因は、他にもあります。
意外な原因として、低気圧があります。

頭痛が起こるのは、決まって悪天候な日ということはありませんか?

低気圧で頭痛が起こることは、よくあることなんです。

まとめ

頭痛は、産後でなくても嫌な症状ですよね。
ついつい鎮痛剤を飲んで、痛みをおさめたくなりますが、産後は薬をなるべく
飲みたくないものです。

頭痛の種類をしっかりと確認して、正しい対処をしましょう。