産後の体調不良でかかる症状には何病院?

産後の不調の原因はホルモンバランス

出産で、体は交通事故に遭ったことと同じ状態になります。
交通事故にも色々ありますが、命懸けの状態が多いですよね。
出産は命懸けの大仕事なので、体はボロボロになります。

出産で体力を消耗し体がボロボロになるので、産後のお母さんは体力がない
状態です。
どんなお母さんも、育児は体力がない状態からのスタートになります。

そんな体力がない状態のときに、不快な症状には襲われたくないですよね。
どんなお母さんも穏やかに産後の育児を楽しみたいと思って過ごします。

でも、産後の生活環境や生活リズムなどで、産後の体には様々な負担が
かかっているんです。

その負担を自覚していれば、原因が分かり多少は対策が出来ます。
でも、自覚がなければ、原因も分からず精神的ストレスもかかってきます。

ただ、産後の不調の原因は、ホルモンバランスの影響が大きいです。

産後の不調の症状は様々

では、産後の不調の症状にはどのようなものがあるでしょう?

・腰痛/肩こり
・頭痛
・風邪
・便秘
・乳腺炎
・眩暈
・痔
・イライラ

少なく見積もっても、これだけの症状があります。
この症状の中で、1つや2つの症状しか現れないお母さんもいれば、5つや6つなど
複数の症状に襲われるお母さんもいます。

そんな症状を抱えながらも、我慢しながら育児をしているお母さんはたくさんいます。
でも、症状によっては病院を受診することで、快適に育児をすることが出来る
ようになります。

ただ、病院にも種類があります。
総合病院などの大きな病院があれば、院内に様々な科があるので、症状に
当てはまる科を受診することが出来ます。

でも誰もが大きな病院の近くに住んでいる訳ではありません。
家から病院まで遠くて通院するのも大変なお母さんもいるんです。

そして、かかりつけ医を複数持っている人が多いです。
内科や耳鼻科、小児科など、複数の病院のかかりつけを持つんです。
症状の専門医がいる病院を受診した方が、診断が的確だからです。

でも、総合病院と同じように、症状に合う病院が近くにあるとは限りません。
地域によっては、「近くにあるのは内科だけ」ということもあります。

産後のお母さんは、赤ちゃんを連れて遠くの病院へはなかなか行けません。
なので、我慢してしまうお母さんもいるんです。

では、不調な症状には、どの病院を受診すべきなのかを見てみましょう。

この症状にはこの病院

・乳腺炎
母乳で育児しているお母さんは、誰もが乳腺炎になる可能性を持っています。
もし、乳腺炎になってしまったら、どの病院を受診するのが良いのでしょうか?

意外かもしれませんが、母乳トラブルで受診するべき病院に決まりはありません。
でも、適切な診断を受けるためのオススメの科を知りたいですよね。

一番の理想は、出産した産婦人科を受診することです。

ただ、里帰り出産をして、自宅に帰ってきた後に発症することも有り得ますよね。
自宅から遠方へ里帰りをしていた場合、出産した産婦人科へ行くことは難しいです。

そんなときは、近くの婦人科や産婦人科を受診しましょう。
母乳育児を推奨している病院であれば、より適切な指導をしてもらえます。
母乳外来を併設している助産院や、大学病院などにある乳腺外科も良いでしょう。

近くに専門の病院がない場合は、かかりつけ医の内科などでも相談は出来ますが、
適切な処置が難しい場合もあります。

・頭痛
産後に頭痛に悩まされるお母さんは意外と多いんです。
頭痛を我慢しながらの育児はとても辛いものがあります。

そんな頭痛で受診するなら、どの病院が良いんでしょうか?

産後間もない場合は、産婦人科を受診するのが正解です。
もし、産後数ヶ月経過している場合は、婦人科か内科を受診してみましょう。
産後の不調は、ホルモンバランスが関係しているので、婦人科でも見てもらえます。

・風邪
産後は、睡眠不足のお母さんが多く抵抗力も低いので、油断するとすぐに風邪を
引いてしまいます。

お母さんが風邪を引くと、お母さんとの接触が圧倒的に多い赤ちゃんはすぐに
感染してしまうので、なるべく早く治したいですよね。

そんなときは、内科を受診しましょう。
母乳育児をしている場合は、申告も忘れてはいけません。

意外かもしれませんが、お母さんが小児科を受診することも出来ます。
授乳している場合は、子供が飲める薬をお母さんが処方されることもあります。

産後すぐであれば、産婦人科を受診することも出来ます。
母乳育児していれば、授乳してても飲める処方箋が欲しいと思いますよね。

でも、産婦人科には他の妊婦さんもいるので、風邪を移したくないですよね。
産婦人科を受診出来るかは、電話で事前に問い合わせてみましょう。

・眩暈
眩暈には、貧血、疲労やストレス、自律神経の乱れ、と原因が色々あります。

目の前がクラクラしたり、立ち眩みに襲われる場合は、貧血が原因であることが
多いです。
地に足が着かない感じの眩暈は、自律神経の乱れが原因です。

これらの症状は、少し体を休めたり、食事で改善する方法をとります。

耳鳴りがしたり、目の前がグルグルと回る眩暈は、内耳のトラブルになります。
このような症状が続く場合は、耳鼻科がオススメです。

・イライラ
産後のイライラは、うつ病に繋がることがあります。

リラックスやストレス発散が出来れば一番良いですが、あまりにもイライラして
しまうと、専門家に診てもらうことが望ましいです。

受診するべきは、心療内科や精神科などです。
心療内科や精神科と聞くと、抵抗がある人もいるかもしれません。

でも、受診することで心も軽くなり、外に出ることでリフレッシュにもなります。
あまり難しく考えず、気楽に受診してみても良いでしょう。
不安であれば、お父さんや実母などに付き添いを頼んでみて下さい。

腰痛は整形外科で治らない?

産後は、腰痛を訴えるお母さんが多いです。
赤ちゃんのお世話で、体を酷使しているからです。

腰痛は、整形外科と考える人が多いでしょう。
でも、産後の腰痛は整形外科で治らず、「何も異常がない」と診断されることも
あるんです。

整形外科で治療出来るのは、「骨折」や「ヘルニア」などの、異常が見つかった
ときだけになります。
それ以外の、原因が特定出来ない痛みの治療は出来ないんです。

産後の腰痛の原因は、骨盤のズレや骨盤周辺の筋肉の凝りです。
そのため、骨盤ベルトや整体などのプロに頼む方法が確実です。

まとめ

産後の不調に対して、どの病院を受診したら良いのか悩むお母さんは多いです。
そのため、不調を我慢してしまうお母さんも多くいます。

適切な病院を受診して、不調を改善させながら、育児を楽しみましょう。