産後にニキビが増えた!スキンケアは見直しが肝心!

産後の肌の変化

・ホルモンの乱れ
・乾燥肌
・敏感肌

生理前~生理中になるとニキビが出来やすいという人は多いです。
これは体内のホルモンバランスの乱れによって起こります。
産後の肌荒れもホルモンバランスが大きく影響しています。

妊娠中は、エストロゲンとプロゲストロンという女性ホルモンが沢山分泌されています。
これらは出産を終えると、一気に減少していきます。
代わりに増えるのがプロラクチンという母乳を作るホルモンです。

エストロゲンには肌の再生機能を正常に保つ働きがあります。
肌の再生機能が衰えると、角質層が厚く硬くなってしまいます。
角質層が厚くなると、肌の表面の水分が失われます。
産後に乾燥肌になる人が多いのはこうした理由があります。

乾燥肌になると、肌が潤いを逃がさないように働きます。
潤いに必要な皮脂を逃がさないようにと、毛穴は小さく、細くなっていきます。

毛穴が小さくなってしまうと、汚れや余分な皮脂が詰まるようになります。
そのため、乾燥肌になると同時に敏感肌にもなる事が多いのです。
必ずしもそうとは限りませんが、産後の乾燥肌においては敏感肌がイコールになると思って下さい。

スキンケアを見直す

・洗顔料
・基礎化粧品
・メイクアップ化粧品

産後に肌質が変化しているのに、これまでと同じスキンケアをしていては意味がありません。
産後のニキビトラブルに悩まされない為にも、これまでのスキンケアを見直していきましょう。

洗顔料は、肌に優しい敏感肌用のものを選ぶようにしましょう。
ニキビが出来たからといって、思春期ニキビ用の洗顔料を使うのは良くありません。

思春期ニキビはその原因の殆どが過剰な皮脂の分泌によるものです。
思春期ニキビ用の洗顔料は余分な皮脂を落とし、肌をサッパリとさせるように作られています。
そのため、産後の肌に使用すると必要な皮脂まで落としてしまいます。

基礎化粧品もこれまでと同じというわけにはいきません。
保湿機能が高く、肌に優しいものを選ぶようにしましょう。

また産後は、スキンケアにかけれる時間も産前と同じようにはいきません。
特にお風呂上りは赤ちゃんの着替えやケアでバタバタしっぱなしです。
スキンケアは手早くしっかりと出来るものを使いましょう。

1本でスキンケアが出来るオールインワンの化粧品は産後には最適といえるでしょう。
ゲルタイプのものは保湿力も優れているのでオススメです。

メイクアップ化粧品も見直していきましょう。
特にファンデーションは油分の少ないものを選ぶと良いです。
肌への刺激の点では、液体タイプのファンデーションの方がおススメです。

敏感肌用に販売されているファンデーションを使うと良いでしょう。
敏感肌用ではなくとも、美容成分や保湿成分が配合されたファンデーションも多くあります。
なるべく肌に優しい成分のものを選びましょう。

ニキビを増やさないために

・洗顔
・保湿ケア
・肌を清潔に

産後ニキビは繰り返し出来てしまうことが非常に多いです。
何度もニキビが出来てしまわないように心がけていきましょう。

ニキビを早く治したいからといって、一日に何度も洗顔をすることはやめましょう。
肌の汚れを落とすためには洗顔は大切です。
しかし、頻繁に洗顔をしてしまうと肌に必要な潤いまでも落としてしまうことになります。

洗顔は余程汚れていない限り、朝・晩の2回で大丈夫です。
また、朝の洗顔は肌の潤いを逃がさないように、洗顔料を使わずお湯で洗うだけにしてみましょう。

産後の肌に特に大切なのが保湿です。
保湿ケアはしっかりと行うようにしましょう。

スキンケアでの保湿だけでなく、肌が乾燥してしまう環境も見直しましょう。
特に冬場は空気が乾燥しやすくなっています。
部屋の加湿をするなど、室内の空気にも潤いを与えて下さい。

肌を清潔に保つことも大事です。
肌に触れる、枕やシーツ、布団はいつも清潔にしておきましょう。

髪が肌に当たることも敏感肌には刺激になります。
綺麗にしていても髪には雑菌が多く付着しています。
額に当たる前髪は上げる、頬に毛先が触れるならまとめるなどで対策していきましょう。

スキンケアは身体から

・睡眠
・便秘
・ストレス

直接的なスキンケアだけでなく、体内のケアも忘れないようにしましょう。
特に産後の体は免疫力も弱くなっています。
これは、ホルモンの乱れの他にも、環境の変化も大きな要因となっています。

産後のお母さんの殆どが経験するのが睡眠不足です。
3時間起きの授乳、夜泣きなどでどうしてもまとまった睡眠が取れなくなってしまいます。
睡眠時間を少しでも確保できるよう、昼間も赤ちゃんと一緒にお昼寝をするなどの対策をしてみましょう。

赤ちゃんに良い母乳を与えるために、体内の栄養や水分は積極的に母乳へと送られます。
そのため、便秘になってしまう人も多いです。
便秘になると体内に毒素が溜まり、肌荒れを引き起こしてしまいます。

便秘を解消するためには、水分と食物繊維をしっかり摂る必要があります。
水をこまめに飲むように心がけましょう。
野菜やフルーツなど、食物繊維が豊富な食品を摂取しましょう。

ストレスも肌荒れを引き起こす要因になります。
しかし、産後の生活環境の変化、慣れない育児の毎日はストレスを感じやすくなっています。

週に1度程度、2~3時間でも1人で過ごす時間を作ってみるだけでもリフレッシュになります。
最近は市町村の子育てサポートも充実しているので、積極的に利用していきましょう。
旦那さんや家族に協力をしてもらうのも良いですね。

産後の、肌や身体への負担は更年期にも影響してくるといわれます。
無理のない程度で、対策をしていくようにしてください。