産後の生理再開の合図はニキビ!?生理とニキビの関係とは

ニキビと生理

・生理前の体
・ニキビが出来るメカニズム
・妊娠中の女性ホルモン

女性にとってニキビと生理の関係性はとても深いです。
顎や額にニキビが出来ると「もうすぐ生理が来る」と判断する人も多いです。
どうして生理とニキビが関係してくるのでしょうか。

生理前はホルモンの分泌に大きな変化があります。
28日周期で生理が来る場合で説明していきます。

女性ホルモンにはエストロゲンとプロゲストロンという2つの成分があります。
通常時、2つのホルモンは安定した分泌をしています。
排卵日前になると、エストロゲンが一気に分泌されるようになります。

エストロゲンは美肌ホルモンともいわれ、肌の再生機能を整える働きを持っています。
なので排卵日前は比較的肌の調子が良くなる時期だといわれています。
排卵日が来ると、エストロゲンの分泌は一時的に減少します。
排卵期を終えるとまた、分泌量が増えていきます。

排卵日から右肩上がりで増えていくのがプロゲストロンです。
プロゲストロンは排卵日から生理期間前まで分泌量が増え続けます。

排卵日から2週間程で生理がやって来ます。
生理期間前とは生理が来る1週間前ぐらいの時期をさします。
この時期がニキビができやすいとされます。

プロゲストロンは身体の新陳代謝を活発にし、皮脂の分泌量も一時的に増やします。
そのため、毛穴に皮脂が詰まりニキビが出来るようになるのです。
生理が始まる頃には、ホルモンの量も通常時に戻っています。

生理が始まってから排卵日前までは女性ホルモンの量も安定を保ちます。
妊娠すると、排卵日後から女性ホルモンの分泌量は増え続けます。
出産をむかえるまでそれは、減少することはありません。

産後の生理再開

・産後のホルモンバランス
・生理再開の時期
・母乳と生理

産後、それまで大量に分泌されていた女性ホルモンは一気に減少していきます。
その代わりに大量に分泌されるのが、プロラクチンというホルモンです。
プロラクチンには母乳の分泌を促す働きがあります。

産後はホルモンバランスの急激に乱れによりニキビができやすい時期でもあります。
排卵を起こすためには、安定した女性ホルモンの分泌が必要になります。
産後すぐに生理が再開しないのも、ホルモンバランスの乱れが影響しています。

産後の生理再開ですが、これには個人差があります。
1ヶ月で再開したという人もいれば、2年近く経っても来ないという人もあります。
ですが平均的には産後半年~1年前後に生理が来る人が多い傾向にあります。
生理の再開は、ホルモンバランスが安定してきたサインともいえます。

現代、産後の生理が再開する期間は昔よりも短くなってきています。
これは、混合育児、母乳育児が増えてきたことも関係があるとされています。
母乳は赤ちゃんが吸わなければ分泌量は減少していきます。
同時にプロラクチンも減少していき、女性ホルモンが安定しやすくなるといえるでしょう。

産後の生理前にニキビ

・産後の肌質
・産後のニキビ
・生理前のニキビ

産後、生理前になると分かるというポイントはあるのでしょうか。
私は産後10ヶ月で生理が再開しましたが、その時期に感じた変化というのはありませんでした。
来る気配も分からず、逆に突然の生理に驚いたほどでした。
実際には、生理前にはどういった変化が起こるのでしょうか。

まず産後のニキビですが、これはホルモンバランスの乱れやストレスによって起こります。
ホルモンバランスが乱れると、肌の再生機能が低下し、古くなった角質層が残り硬く厚くなっていきます。
そうすると肌の水分も減少し、乾燥を引き起こす敏感肌へと変化してしまいます。

乾燥肌になると、肌の水分を逃がさないためにと、毛穴が縮小していきます。
毛穴が小さくなってしまうと、皮脂汚れが詰まりやすくなってしまいます。
そのため、ニキビが頻繁に出来るようになるのです。
また、ストレスや睡眠不足により心身の不調もニキビを悪化させる要因となります。

生理が再開すると共にホルモンバランスの乱れは回復していきます。
しかし、産後に変化してしまった肌質はすぐに回復するわけではありません。
産後に変化した肌質がその後ずっとそのままだという人も多いです。

生理が始まる2週間程前から、プロゲステロンの量が増えます。
産後の敏感肌に、プロゲステロンの影響で皮脂の分泌が増えるとどうなるでしょう。
非常にニキビが発生しやすい環境になっているといえます。

産後ニキビが出なかったという人も、生理前にはポツポツとニキビが出来ることがあります。
産後ニキビがあったという人は、ニキビの量が増え悪化しやすくなることがあります。

今から思うと、私の場合は前者でした。
ですがその時期は、寝不足や便秘もありそのせいでニキビが出来たのかと思っていました。
普段から、自分の肌の変化に気付けるようになっていると、生理前のサインも見落とさないかもしれませんね。

産後の生理ニキビを悪化させないために

・保湿ケア
・睡眠
・リフレッシュ

産後や生理前はニキビができやすい、とはいっても、それで納得なんてしたくないですよね。
出来ればニキビが出来ない肌を保ちたいものです。
では、産後の生理ニキビを悪化させないために何が出来るでしょうか。

まずは、しっかりと肌の保湿をしていきましょう。
洗顔料はスキンケア化粧品も、敏感肌用のものや保湿力の高いものに変えることがおすすめです。
ですが産後は、育児に追われスキンケアにゆっくりと時間が取れないという人がほとんどです。

産後のスキンケアにおすすめしたいのは、オールインワンゲルです。
化粧水→乳液→美容液などのケアを1本で補うので、スキンケアの時間を大幅に短縮できます。
また、ゲルなので保湿力に優れ、潤いを逃しません。

産後に殆どのお母さんが経験するのが睡眠不足です。
夜中の授乳や夜泣きなどで、まとまった睡眠が取れることが難しくなります。
睡眠不足を解消するには、寝るしかありません。

対策としては、赤ちゃんがお昼寝をしている時などに一緒に寝ておきましょう。
寝てる間に家事を……と思う方もいますが、まずは体の回復を優先して下さい。
寝付きが良くなるように、入眠前に簡単なストレッチで筋肉を解してあげるのも良いですね。

ストレスを解消することも大切です。
生理前になると、ポロゲストロンの影響でイライラしやすくなっています。
この時期にストレスが重なっていると、心身共に疲れやすくなります。
イライラして、家族に当たってしまうということもしたくないですよね。

定期的に1人になる時間などを作り、心をリフレッシュさせてあげましょう。
保育所の一時預かりを利用する、家族に協力してもらうなど、色々方法はあります。
最近は市町村の子育て支援のサポートも充実しているので、調べてみると良いでしょう。

産後のニキビは一時的なものともいえますが、生理前のニキビと重なると悪化しやすいです。
産後ニキビの時期が終わっても、生理前のニキビは今後も続いていきます。
日頃からバランスの良い食事を心掛け、しっかりと栄養を摂るようにしていきましょう。