産後ニキビが治った!徹底解説!この3つを改善すればニキビは治る

まずニキビの原因を知る

・ホルモンバランスの乱れ
・乾燥
・睡眠不足などのストレス

産後ニキビを治すにはまずその原因をしっかりと理解することが大切です。
原因を知り改善していくことで「産後ニキビが治った」と胸を張っていえるようになるのです。

ホルモンバランスの乱れ、という言葉は産後のみならず生理前などにも耳にすることがありますよね。
生理前にニキビが出来るというのもホルモンバランスの乱れが原因になっています。

女性ホルモンにはエストロゲンとプロゲストロンという2つの成分があります。
エストロゲンは美肌ホルモンといわれ、肌のターンオーバーを促す働きがあります。
反対にプロゲストロンは新陳代謝を活発にし、皮脂の分泌を過剰にする働きがあります。
ニキビが出来やすいとされる生理前はプロゲストロンの分泌が多くなっているのです。

産後も生理前と同じなのかと思われがちですが、それは異なります。
まず妊娠中は、妊娠を継続させるために2つの女性ホルモンが大量に分泌します。
そして産後、妊娠を継続する必要が無いため今度は2つのホルモンが一気に減少するのです。

2つの女性ホルモンが一気に減少し、また別のホルモンが大量に分泌するようになります。
プロラクチンというホルモンで、これは母乳の分泌を促す働きがあります。
こうした一連のホルモンバランスの乱れにより、産後ニキビが出来てしまうのです。

産後ニキビを含む大人ニキビは肌の乾燥が原因となっていることが多いです。
特に産後ニキビは乾燥とは切り離せないでしょう。
肌が乾燥すると、これ以上水分を逃がさないためにと毛穴が細く小さくなってしまいます。
毛穴が小さくなると皮脂や汚れが詰まりやすくなり、ニキビの原因になります。

産後の乾燥肌もホルモンバランスの乱れが関係しています。
美肌ホルモンであるエストロゲンが減少すると、肌のターンオーバーが遅れます。
そうすると古い角質がいつまでも剥がれず、角質層が厚くなってしまいます。
それによって肌表面の水分が失われ、乾燥肌になるのです。

産後の環境変化によるストレスも産後ニキビの原因となります。
特に睡眠不足は産後のお母さん殆どが経験する問題です。
昼夜問わず数時間起きの授乳、夜泣きなどで、まとまった睡眠が取れないことが原因です。
慣れない育児にストレスを感じてしまうお母さんも多いでしょう。

ホルモンバランスを整える

・漢方
・食事
・冷やさない

ホルモンバランスは産後1年ほどかけてゆっくりと改善していきます。
しかし、ニキビを治すためには早くホルモンバランスを整えたいですよね。
医療機関に頼るという方法もありますが、自分で出来るケアを紹介します。

漢方は自然由来で作られた「生薬」を組み合わせるため、副作用が少ないという特徴があります。
処方箋がなくとも、ドラッグストアや薬局などで購入することが可能です。

西洋薬は患部に直接働きかけますが、漢方は原因を内側から改善して治していきます。
そのため即効性はありませんが、継続して服用することで、体内環境を整えてくれるのです。
また漢方はその香りを嗅ぐだけでも効果があるとされています。
飲みにくいかもしれませんが、湯で煎じて香りを嗅ぎながら服用することがオススメです。

漢方にも沢山の種類があり、どれが良いか悩みますよね。
実は漢方は体力の強弱により、効果の出が変わってきます。
産後は免疫力も低下しているので、体力の弱い人に向けたものが良いでしょう。

漢方の専門士がいるところだと、体に合った漢方を選んでもらえます。
産後ニキビ改善の漢方としてよく紹介されているのは
当帰芍薬散(トウキシャクヤクサン)
という漢方です。

効果はニキビの改善の他、血行促進、冷え性なども期待出来ます。
体力が弱っている時に効果的だとされる漢方です。
冷え性の改善もホルモンバランスを整えるために大切です。

冷えは子宮や卵巣も冷やしてしまい、ホルモンバランスを更に乱す要因となります。
身体を冷やす飲み物や食べ物はなるべく避けましょう。
冷えは足元からくるといわれます。
靴下やレッグウォーマーを着用して冷え対策を心がけましょう。

正しいスキンケアを

・洗顔
・化粧品
・保湿

正しいスキンケアを心がけることも、ニキビを治すために大切です。
ニキビの元となる皮脂汚れを落とすには洗顔は大切です。
まずは正しい洗顔を知っておきましょう。

洗顔の目的は肌の汚れを落とすことです。
皮脂汚れは、30℃以上の湯温で流れ落ちます。
ですが、温度が高すぎると肌の潤いに必要な皮脂まで落としてしまいます。
湯の温度は32℃前後のぬるま湯が理想です。

洗顔料はしっかりと泡立ててから使用しましょう。
肌を手で擦る、というよりは泡で包んで洗うという感覚が理想的ですね。
また、1日に何度も洗顔をすると、必要な皮脂まで流れ落ちてしまいます。
特に汚れていなければ、朝晩の2回で充分汚れは落ちてくれます。

洗顔後のスキンケアも大切です。
産後の肌は乾燥肌から敏感肌へと変化している場合が多いです。
これまでの化粧品が合わないと感じれば、肌に優しい敏感肌用の化粧品に変えていきましょう。

肌の乾燥を防ぐため、しっかりと保湿をしていきましょう。
特にお風呂上りなどは乾燥しやすいので、すぐに保湿ケアをする必要があります。
なかなか時間が取れない産後のケアには、オールインワンゲルがおすすめです。

ストレスを溜めない

・睡眠
・リフレッシュタイム
・神経質にならない

産後の睡眠不足はどうしても避けられませんが、改善することは出来ます。
ねんね時期の赤ちゃんは、授乳意外は寝ていることが多いです。
昼間でも赤ちゃんに合わせて一緒に寝ておきましょう。
家事は最低限にして、まずは体を休ませて下さい。

産後の生活環境の変化にストレスを感じることは仕方ありません。
24時間ずっと赤ちゃんと一緒にいると、息が詰まりそうになることもあります。
たまには、1人の時間を作ってリフレッシュしましょう。

地域のサポートや保育園の預かり保育などを利用してみましょう。
旦那さんや家族に協力してもらって、赤ちゃんをお願いするのも良いですね。
数時間でも1人で自由に過ごしてみるだけでも、かなりリフレッシュになりますよ。

初めての育児となると、分からない事や上手くいかない事が沢山です。
ですがそれは誰もが通る道です。
色々と考え込みすぎて神経質にならないように注意して下さい。

産後ニキビが治った時期は人によって様々です。
確かにニキビは憂鬱ですが、ずっと塞ぎこんでいては余計に辛くなります。
いい意味で楽観的で、ストレスを溜めない生活を心がけましょう。