妊娠中のニキビは産後にも関係する!?妊娠時から出来る対策法をご紹介

妊娠中のニキビ

・妊娠初期
・妊娠中期
・妊娠後期

妊娠初期は最も体が不安定になりやすい時です。
妊娠するとまず、赤ちゃんの部屋となる胎盤を作ろうと女性ホルモンが大量に分泌されます。
生理前になるとニキビが出来やすくなるという人は多いです。
これも女性ホルモンの分泌が関係していrます。

女性ホルモンにはエストロゲンとプロゲストロンという2つの成分があります。
どちらも妊娠中は多く分泌されるのですが、妊娠初期は特にプロゲストロンの分泌が活発です。
プロゲストロンが多くなると、皮脂の分泌も過剰になってしまいます。
ニキビと元となるのは皮脂汚れです。

妊娠を継続させるために分泌されるプロゲストロンですが、排卵によって分泌されます。
そのため、生理前にも分泌量が増え、ニキビなどの肌荒れが出来やすくなるのです。

また妊娠初期には8割近くの人が悪阻を経験します。
悪阻の症状には個人差があります。
ひどい悪阻の場合は食べ物が受け付けれらず、充分な栄養が摂取できません。
栄養不足や胃腸の負担もニキビを生む原因となります。

特にニキビが出来やすいのは妊娠初期といわれますが、妊娠中期でも安心は出来ません。
女性ホルモンは変わらず分泌し続けています。

妊娠中期になると、赤ちゃんに水分や栄養がより積極的に送られるようになります。
その時に起こりやすいのが便秘です。
これは、体内の水分不足や栄養をより多く貯えようとする働きによるものです。

便秘になると、腸に溜まった毒素を外に出そうと体が働きかけます。
それがニキビなどの肌荒れという形で出てきてしまうのです。

水分や栄養の不足は妊娠後期になっても続きます。
体重が増加するにつれ、汗などもより掻きやすくなります。
妊娠後期に足をよくつるようになるのは、水分不足が原因となっています。

また、妊娠後期は睡眠不足になることも多いです。
これは、産後に備えて体のリズムが変化していくからです。
睡眠不足は肌の敵という言葉があるように、ニキビや肌荒れを生み出してしまいます。

産後のニキビ

・産後1ヶ月
・生活環境の変化
・産後1年

出産直後、「肌が綺麗になった」と感じる人は多いです。
実は私もその1人でした。
これは諸説ありますが、出産と共に体の中の悪い物も排出されるからだといわれています。

確かに大量に汗を掻き、血液も多く失います。
体内のデトックス効果があるというのも頷けますね。

しかし産後1ヶ月を過ぎる頃には、肌の状態も変わってきます。
産後ニキビはこの頃から出来やすくなるのです。

大きな原因としてはホルモンバランスが関係しています。
ただそれだけでなく、産後は一気に生活環境が変わるというのも理由の1つです。

当然ですが産後は赤ちゃんが生活の中心です。
夜中でも数時間起きの授乳があり、睡眠不足になります。
お風呂上がりなども赤ちゃんの世話に時間を取られるため、自分のケアは後回しです。
24時間赤ちゃんと一緒という生活は多少なりともストレスを感じることもあります。

母乳が作られる時期は、体内の栄養素や水分は母乳に優先して送られます。
水分不足になると肌が乾燥肌に変化していきます。
これらも肌荒れが起こる原因となります。

産後ニキビは繰り返し出来るという特徴があり、出来てしまうと厄介です。
ですが、永遠に続くというものではありません。
人により個人差はありますが、産後1年前後で落ち着く場合が多いです。

妊娠中と産後のニキビの関係

・ホルモンバランスの変化
・敏感肌になる
・時間がないのは産後の方

妊娠中は妊娠を継続させるために女性ホルモンが多く分泌されます。
そして、産後は不要とされて女性ホルモンの分泌は急激に減少します。

その代わりに多く分泌するのがプロラクチンというホルモンです。
プロラクチンには、母乳の分泌を活発にするという働きがあります。
産後の体には必要であるホルモンです。

ですがこれらの流れはホルモンバランスの乱れとなって体に影響してしまいます。
ホルモンバランスが乱れると、肌の代謝機能が低下します。
そのため、ニキビや肌荒れの出来やすい敏感肌になってしまうのです。

敏感肌になるとこれまで大丈夫だったことでも肌が刺激を感じるようになります。
化粧品1つにしても、肌への刺激となってしまうことがあります。

敏感肌は乾燥肌から起こることが多いです。
そのため、肌の保湿などのケアをしっかいとしてあげる必要があります。

妊娠中に比べると産後は自分にかけられる時間は減ってしまいます。
産後のニキビを悪化させてしまう原因としても、スキンケア不足は深刻です。
時短で行えるスキンケアを検討するなどの対策をすると良いですね

妊娠中から行うケア

・スキンケア用品の見直し
・食生活
・水分を摂る

産後の肌トラブル対策として、妊娠中からスキンケア用品を見直しておきましょう。
敏感肌向けの化粧品を選び、出来れば肌に優しい天然成分で配合されているものが良いでしょう。
時短ケアとしてオススメなのは、オールインワンの化粧品です。
オールインワンのゲルタイプは保湿機能も優れています。

栄養バランスのとれた食生活は、継続していくことが大切です。
妊娠中はお腹の中の赤ちゃんに、産後は母乳にと栄養は送られます。
栄養不足を予防するためにも、バランスの良い食事は重要です。
皮脂の分泌を過剰にしてしまう、油っこいもの糖分の過剰摂取は避けましょう。

水分不足にも注意が必要です。
こまめな水分補給を心がけるようにしましょう。
肌の乾燥を防ぐために、保湿ケアや部屋の加湿も大切です。

妊娠中も産後もニキビとはなるべく疎遠になっていたいものですよね。
ストレスなども溜め込まないようにし、リフレッシュの時間を作ってあげてくださいね。