産後は太ももにもニキビが出来る!?  太ももニキビの原因とケア3ポイント解説!

産後のニキビ

・ホルモンバランスの乱れ
・水分不足
・生活習慣

産後間もなくニキビが繰り返し出来るようになる人は多いです。
その大きな原因となっているのはホルモンバランスの乱れです。

妊娠中は女性ホルモンの分泌が活発になります。
ですが産後になると今度は急激に分泌が減ってしまのです。

ホルモンバランスの乱れによって肌の再生機能が低下してしまいます。
再生機能が衰えると老廃物もたまるようになります。
そうすることでニキビが出来やすい身体になってしまうのです。

産後のニキビを含む大人ニキビは肌の乾燥が原因であることがほとんどです。
これは、顏だけではなく身体全体にもいえることです。

産後は質の良い母乳を作るために、身体の栄養や水分は積極的に母乳へと送られます。
そのため、身体の中が水分不足におちいってしまいます。
産後に便秘気味になったというのも、水分不足が主な原因といえるでしょう。

ニキビはストレスによって出来るともされています。
ニキビのみならず、突然の肌荒れはストレスが要因となっている事が多いのです。

産後はこれまでとガラリと生活習慣が変わります。
今までとは違い赤ちゃんが中心の生活に追われるようになります。
自分自身にかけれる時間は一気に減ってしまいます。

また、数時間おきの授乳や夜泣きなどで睡眠不足にもなってしまいます。
睡眠不足による心身のストレスもニキビを作ってしまう原因となります。

産後は体力、免疫力も低下しています。
これまでなら回避できたトラブルにも肌は敏感になっています。
こうした様々な理由から、産後はニキビが出来やすい身体になるといえるのです。

太もものニキビと湿疹

・血行不良
・ムレやすい
・毛嚢炎(もうのうえん)

太ももの裏を触ってみると冷たく感じることはないでしょうか?
本来、太ももは温かいものです。
冷たい、硬い、と感じる場合は血行不良である可能性が高いです。

血液循環が悪くなると老廃物がたまりやすくなります。
太ももや首、フェイスラインなどに出来るニキビは血行不良が原因となっていることが考えられます。

冷えを防止しようとして、分厚い下着やタイツを着用することも多いでしょう。
ですが、通気性があまりに悪いものだとムレてしまいます。

梅雨のジメッとした時期は菌が繁殖しやすいといわれます。
これは、梅雨時期の湿度と気温が菌の繁殖に好環境だからと考えられます。

ニキビは毛穴に詰まった皮脂や汚れが元で作られます。
皮膚のムレも梅雨時期のジメジメと同じと考えてみましょう。
ムレによって皮脂や汗の分泌が増えると、ニキビの菌が発生しやすくなるのです。

ニキビではなく毛嚢炎(もうのうえん)という炎症の場合もあります。
元々身体に潜伏している黄色ブドウ球菌という菌があります。
それが毛穴の傷などから皮膚に入りこむことで起こる炎症が毛嚢炎(もうのうえん)です。

赤ちゃんの顏などにポツポツと出来る湿疹も毛嚢炎(もうのうえん)の1つです。
これは赤ちゃんがお母さんからもらっていた免疫がなくなってきた頃に発生します。
重症化することがなければ放っておいても自然と治まっていきます。

大人になって出来る毛嚢炎(もうのうえん)も、放っておくと自然に治ります。
ニキビとの大きな違いは、芯がないことです。
それでも痛みやかゆみが生じることもあります。
なるべく触らずにソッとしておきましょう。

太ももへの刺激

・授乳の時の抱っこ
・衣服のこすれ
・ムダ毛処理

産後はこれまでなら平気だった刺激にも肌が敏感になっています。

例えば授乳の時、赤ちゃんを膝に乗せた体勢になっていることがありませんか?
また、赤ちゃんがおっぱいを飲む位置を調整するために脚を組んでしまうという人もいるでしょう。

こうした体勢は太ももやお尻を強く圧迫してしまいます。
授乳クッションをつかってみるなどで、太ももに直接かかる圧迫を減らしましょう。

衣服のこすれなども刺激となってしまいます。
前述したように、通気性の悪いタイツや下着もニキビの原因となります。
他にも、皮膚に触れると痒い、チクチクすると感じるような布地は避けましょう。

赤ちゃんの肌着は、柔らかいコットン素材のものがほとんどです。
産後のお母さんの肌も赤ちゃんと同じように考えてみましょう。

ムダ毛処理の際、カミソリ負けで炎症を起こしてしまう事があります。
この場合は毛嚢炎が発生している可能性が高いです。

これまで何ともなかったのに……と思う人もいると思います。
ですが、産後の肌はこれまでと大きく変わっている場合が多いのです。
ムダ毛処理には肌ケア用のクリームやローションを使うようにしましょう。

太ももニキビのケア

・水分
・入浴
・リラックス

水分をしっかりと摂ることはニキビケアにも大切です。
人は1日に2?の水を飲むことが理想とされています。

産後は母乳が作られることでより水分不足を引き起こしやすくなっています。
1日3?の水を飲むよう心がけましょう。

確かに3?と聞くと大量にも思えますよね。
500mlのペットボトルに入れた水を常に手元に置いて、小まめに飲むようにしましょう。
1日のうちに小まめに水を飲むようにしていると、意外と3?は苦痛なく飲めてしまいます。

血行不良の改善も産後の身体には大切です。
なかなか時間を作ることが難しいでしょうが、なるべくお風呂にゆっくり浸かるようにしましょう。

太もものマッサージなどを行うことも血行改善に繋がりますね。
入眠前に軽くストレッチをするのも良いでしょう。
毎日少しでも継続していくことで、体内を快適にしていきましょう。

リラックス出来る時間も作るようにして下さい。
ストレスが溜まってしまうと、ニキビなどの肌荒れだけでなく心にも大きな影響が出てしまいます。

市のサポートや保育園の一時預かりがあれば、利用してみましょう。
旦那さんや家族に協力してもらって、1人の時間を作るのも良いですね。
お母さんが元気で健康であることが赤ちゃんとっても大事なことなのです。

身体も心も不安定になって当然の時期です。
無理をせず、周囲と協力して子育てをしていきましょう。