耳にまでニキビが!? 産後ニキビの仕組みと対策法

産後ニキビの仕組み

・ホルモンバランスの乱れ
・乾燥
・ストレスなどからくる身体の不調

産後しばらくして、ニキビが出来るようになる人は多いです。
これは、妊娠中と産後のホルモンバランスの乱れが大きく関わっています。

妊娠中はエストロゲンとプロゲストロンという女性ホルモンが大量に分泌します。
これは、妊娠を継続させるために大切なホルモンで、出産するまで分泌は続きます。
産後は妊娠を継続させる必要が無いため、2つのホルモンが一気に減少します。

女性ホルモンが急激に減り、今度はプロラクチンというホルモンが大量に分泌されるようになります。
これは、母乳を作るように働きかける役割があります。
こうしたホルモンの働きが、ホルモンバランスの乱れとなり身体に影響をおよぼすようになるのです。

ホルモンバランスが乱れると、肌の再生機能も衰えます。
角質層、という言葉を耳にしたことがあるのではないでしょうか。
肌の再生機能の働きで古くなった角質が剥がれ、新しい肌へと生まれ変わります。
しかし再生機能が衰えると、古くなった角質がいつまでも残り、角質層が厚くなってしまいます。

角質層が厚くなるとその分、肌表面の水分が失われていきます。
その結果肌が乾燥し、ニキビが出来やすくなってしまうのです。

また、産後は生活環境が一気に変わり、ストレスを感じることも多くなります。
特にホルモンバランスが乱れている時はストレスに過敏になりやすいです。
睡眠不足や便秘などもストレスが溜まる要因となっています。

耳に出来るニキビ

・痛み
・繰り返しできやすい
・痕は残りにくい

産後のニキビは身体の様々な箇所に発生します。
顔はもちろんのこと、耳の中や周りにまで出来ることがあります。

耳は軟骨で出来ていて皮膚も薄いため、ニキビが出来ると強い痛みを感じます。
触ってもいないのに痛みで気になってしまうという点では、耳のニキビは少しやっかいです。

特に耳の裏や、耳の中はニキビが繰り返し出来やすいです。
これは耳自体が元々皮脂の分泌が多いというのも理由の1つです。
他に、耳の中や裏は汚れが溜まりやすく、髪で隠れていることで菌が繁殖しやすいという理由もあります。

繰り返し発生しやすい耳ニキビですが、皮膚も薄いのでニキビ痕は殆ど残りません。
気にして触ったりせず、自然に治るのを待っていれば綺麗に消えてくれます。

産後と耳ニキビ

・水分不足
・免疫力の低下
・敏感肌

産後の身体の不調が耳ニキビを発生させやすくしてしまう要因にもなっています。
特に耳ニキビは腎臓の影響で発生しやすくなります。
腎臓の不調は体内の水分不足が関係しています。

産後は肌の水分不足だけでなく、身体の中の水分も不足しやすくなります。
これは、質の良い母乳を作るために、体内の水分や栄養が積極的に母乳へと送られることで起こります。
便秘になりやすいのも、体内の水分不足が原因である可能性が高いでしょう。

出産は命がけです。
産後1ヶ月は安静に、といわれるのも、疲弊した身体を回復させる必要があるからです。

ですが産後1ヶ月を過ぎれば完全に回復した、というわけではありません。
人により個人差はありますが、産後は1年程ゆっくりと時間をかけて徐々に身体は回復していきます。
つまりは産後1年はまだ、母体が万全ではないといえます。

この時期の身体は免疫力も低下しています。
その上慣れない育児や睡眠不足も重なり、肌への負担も大きくなります。

免疫力の低下は肌の機能も弱くさせてしまいます。
これまで使っていた化粧品が合わないと感じるようになった、という人も多いです。
産後の変化で敏感肌になってしまってことで、少しの刺激も肌への負担となってしまうのです。

耳ニキビの対策

・洗い残しを防ぐ
・枕、シーツの清潔
・刺激を避ける

耳ニキビの対策としては主に3つのことに気を付けましょう。

1つ目は、シャンプーなどの洗い残しを防ぐことです。
耳の中や裏は、汚れが溜まりやすい部分でもあります。
髪を洗い流した時にシャンプーが残ってしまうこともとても多いです。

対策法としては、お風呂で洗う時はまずは髪から洗いましょう。
髪→顏→身体と、上から下へと洗うようにしていくと洗い残しは防げます。
ただそれでも耳周辺は汚れが溜まりやすい場所です。

全て洗い流した後で、ガーゼやタオルをお湯で濡らし耳の裏や中を拭き取っておきましょう。
あまりゴシゴシと擦る必要はありません。
お風呂上りも、バスタオルで耳を拭くのを忘れないようにしましょう。

耳の汚れは、毎日使う寝具から付着することもあります。
枕カバーやシーツなどはこまめに洗って清潔にしておきましょう。
特に汗をよくかく時期や、湿気の多い時期は菌が繁殖しやすいです。
ヘッドホン、イヤホンを使用する時も、清潔を意識しましょう。

耳への刺激もニキビを発生しやすくなります。
髪は出来るだけ纏めて、耳を出すようにしておきましょう。

眼鏡やマスクなど、耳に引っかけるものも刺激になりやすいです。
あまり長時間付けることは避けましょう。

耳のニキビは清潔にしておけば、綺麗に治ります。
痛みなどが気になり頻繁に触ってしまうことがないように心がけましょう。