産後ニキビにピルって飲んでも大丈夫? ピルの効果と副作用と授乳期間の注意点!

産後ニキビの原因

・ホルモンバランスの乱れ
・乾燥
・ストレス

産後しばらくして出始めるニキビは産後ニキビといって、ホルモンバランスが原因で発生します。
妊娠中は大量に分泌されていた女性ホルモンが産後一気に減少することで、ホルモンバランスが乱れるために起こります。
月日と共にホルモンバランスも整っていき、元の状態に戻ります。
人によって個人差がありますが、生理が再開するとホルモンバランスが安定してきていると考えられるでしょう。

産後に減少してしまう女性ホルモンですが、そのうちの1つ「エストロゲン」は別名「美肌ホルモン」ともいわれています。
エストロゲンは肌の再生機能を高め、潤いを保つ効果があるのです。

エストロゲンが減少すると、肌の再生機能も低下してしまいます。
そのため肌の潤いは衰え、乾燥肌になってしまいます。

産後ニキビを含む大人ニキビは肌の乾燥が原因となることが多いです。
肌が乾燥してしまうと、水分を逃がさないため毛穴が縮小してしまいます。
そこに皮脂汚れが詰まりやすくなり、ニキビが出来てしまうのです。

慣れない育児によるストレスも産後ニキビを生みだしてしまいます。
また、ホルモンバランスの乱れによってイライラしやすい状態ともいえるでしょう。
夜泣きや授乳による睡眠不足もストレスの要因となります。

ピルの効果

・経口避妊薬
・生理不順、PMS
・不妊治療

ピルと聞くと、避妊のイメージがある人も多いでしょう。
ピルを使用している人の多くは避妊目的であることも事実です。

低用量ピルには女性ホルモンを抑制させる効果があります。
そのため、避妊目的で服用する人が多いのです。
ですが、ピルは避妊だけのためではありません。

生理不順やPMSの緩和として低用量ピルを服用することもあります。
ピルには女性ホルモンを抑えるだけでなく、ホルモンバランスを整える作用もあります。
特に思春期やストレスでホルモンバランスが乱れた時には、ピルは効果的です。

避妊目的とは別に、不妊治療としてピルが使われる事もあります。
この場合のピルは中用量ピルといって、妊娠に必要となる女性ホルモンを補う作用があります。
避妊目的のピルとは容量が異なります。

産後のピルの服用

・ニキビの効果
・副作用
・授乳期間は避ける

ピルにはホルモンを整える作用があるため、産後ニキビへの効果も期待出来ます。
産後は女性ホルモンが一気に減少し、プロラクチンというホルモンが分泌されます。
これは男性にも分泌されるホルモンで、皮脂の分泌を増やしてしまう働きもあります。

ピルの服用により女性ホルモンが補われ、肌の再生能力が高まることでニキビの発生と抑えてくれます。
美容皮膚科や婦人科で産後ニキビ治療の受診をすると、ピルを処方されることが多いです。
ただ、副作用や治療効果のレベルからニキビ治療薬としては認められてはいません。

ピルに限ったことではありませんが、体内に作用する薬には多かれ少なかれ副作用があります。
ピルの副作用としてよく挙げられるものでは
・胸の張り、痛み
・頭痛、吐き気
・不正出血
などがあります。

これは妊娠初期症状とよく似た作用ともいえます。
ピルは人工的に合成した女性ホルモンを補填するものです。
妊娠すると女性ホルモンの分泌量が一気に増えるため似たような症状が出るものと考えられます。

また、マイナートラブルではありますが
・血栓症
・子宮頸がん
のリスクがあるともいわれています。
数値でいえば僅かではありますが、気になる場合は服用は控えましょう。

また、授乳期間中のピルの服用は基本的には禁止されています。
母親の食べた物が母乳で出るため、薬であってもその影響が考えられます。
産後ニキビでピルを使用するのならば、断乳後にしましょう。

授乳中でも使用できるホルモン剤もあります。
授乳中に病院を受診するのなら、必ずそれを医師に伝えましょう。

漢方の服用

・漢方の働き
・授乳期間の服用
・香りにも効果

ピルを含む西洋薬は、その効果が強いために副作用も多いというデメリットがあります。
漢方は自然由来の生薬を合成して作られるため、効果は緩やかですが副作用の心配がないという点がメリットとなっています。

漢方は体内の血と気の巡りを整えることが目的とされています。
ホルモンの働きによって調子が変化しやすい女性には特に漢方治療は効果があるとされています。
効果はゆっくりではありますが、ニキビができにくい体へと体質を改善させてくれます。

ピルの服用が禁止されている産後の授乳期間であれば、漢方を服用してみるのも良いでしょう。
漢方にも種類がありますが、産後は免疫力も低下しているため体力の弱い人向けの物を選びましょう。

漢方はドラッグストアや通販などでの購入も可能です。
ですが、自分の体質に合った漢方を見つけたいなら、漢方専門医のいる薬局で聞いてみることがおすすめです。

漢方も錠剤タイプから粉末タイプ、湯で煎じて飲むものと様々です。
ですが漢方は飲むだけでなく、その香りを嗅ぐことで多少ですが効果があるとされています。

水で飲める錠剤や粉末タイプは飲みやすく手軽なので人気です。
ですが、香りもしっかりと摂取するのなら、湯で煎じて飲むようにしましょう。

産後ニキビは一時的なもので、ホルモン分泌が安定すれば治まることが多いです。
ピルを服用するとなると、どうしても副作用などのリスクも存在します。
それらもしっかりと頭に入れて、自分に適した方法で産後ニキビと向き合っていきましょう。