産後に顔がボロボロに・・・おすすめの肌荒れ対策をご紹介!

産後、気がついたら顔がボロボロに・・・

産後は育児が始まって急に忙しい生活になります。
毎日寝不足になりますし、疲れも溜まってしまいます。

産後に自分の顔を鏡で見ると、顔がボロボロでショックを受ける人も多いはずです。
疲れは顔に出やすいものなのです。

また、赤ちゃんのお世話をしていると自分のことは後回しになってしまいがちですよね。
食事、入浴や洗顔、その後の保湿ケアは慌ただしくなってしまう人が多いでしょう。

丁寧な洗顔・保湿ケアができない日が続くと、顔が肌荒れしたということはよくあります。
食事も不規則になったり栄養バランスが偏りやすいため、肌荒れを起こしやすいです。

ここでは、忙しい産後に起こる顔の肌荒れの症状とおすすめの対策法をご紹介します。
産後、顔がボロボロ!と悩んでいる人はぜひ参考にしてみてくださいね。

顔に起こる肌荒れの症状

産後、顔に起こりやすい肌荒れの症状はどのようなものなのかをご紹介します。

1. 乾燥

肌がカサカサと粉っぽくなったり、ポロポロと皮がむけた状態になる人は多いです。
口周り、鼻の下、顎、頬など部位は人それぞれですが、産後の乾燥肌は本当に多いです。
肌が乾燥しているとメイクのノリも悪くなりますから、疲れた顔に見えてしまいがちです。

産後の乾燥肌は、ホルモンバランスが乱れることで起こります。
バランスが崩れると皮脂分泌がうまくいかなくなるため、肌が乾燥しやすくなるのです。

また、産後は洗顔・保湿ケアに時間をかけられないということも乾燥肌の原因となります。
時間がなくて急いで洗顔すれば、ゴシゴシと強く洗いがちになりますよね。
洗顔後の保湿もすぐにするのが理想ですが、赤ちゃんのお世話が先になりますよね。

このような状態が続けば、肌は乾燥しやすくなってしまうのです。

さらに、産後の体は水分不足になりやすいことも乾燥肌の原因と言われています。
産後は授乳の影響で普段摂っている水分が失われるためです。
また、赤ちゃんのお世話で忙しいと水分を摂るのを忘れてしまう人もいます。

2. ニキビ

産後のニキビは、皮脂分泌が過剰でも不足してもできてしまいます。
産後はホルモンバランスの乱れから皮脂分泌がうまくいかず、ニキビができやすいのです。

ニキビは毛穴に皮脂が詰まって炎症を起こすことでできるものです。
皮脂が不足してもニキビができるのは、なぜなのでしょうか。

それは、肌が乾燥すると毛穴が小さくなってしまい、詰まりやすいからです。
乾燥した肌は、古い角質が剥がれ落ちず残ったまま新しい角質が生成された状態です。
肌は次々と生まれ変わってそれを繰り返しますが、産後はそのサイクルが遅いのです。

産後の寝不足などが原因で生まれ変わりのサイクルが遅くなると言われています。
このサイクルが遅いと古い角質が残ったまま新たな角質が生成され、毛穴を塞ぐのです。

その結果、少しの皮脂でも毛穴はすぐに詰まってしまい、ニキビとなるのです。

3. 湿疹

産後は湿疹ができやすいとも言われています。
湿疹と言えば、何らかの物質が刺激となって起こることが多いです。

出産前に影響がなかったものでも、産後は刺激となって肌に湿疹ができることがあるのです。
例えば、今まで使っていた化粧品が合わない、汗や髪が当たってヒリヒリするなどです。

このような状態になるのは、産後は肌が敏感肌になっているためです。
産後は肌の皮脂が不足しやすく、そのことが敏感肌の原因となっています。

皮脂は肌の潤いを保つだけでなく、外部刺激から肌を守る働きもあります。
皮脂が不足すれば刺激が肌の内側に入り込みやすいため、肌は刺激に反応するのです。

特に顔は化粧品を付けたり、髪や食べ物が付きやすい部位で刺激を受けやすいです。
このように刺激となりうる因子が多いため、顔に湿疹ができたという人も多いのです。

顔の肌荒れ対策法は?

顔に起こる肌荒れ症状ごとにおすすめの対策方法をご紹介します。

まずは、肌の乾燥についてです。
産後は保湿ケアにかける時間はないので、保湿効果の高い化粧水に変えてみましょう。

保湿効果が高い化粧水は肌を潤わす成分に加え、保水力を高める成分が入ったものです。保水力を高める成分でおすすめなのが「セラミド」です。

セラミドは、肌表面の角質層で水分を蓄えてくれる効果があります。
また、蓄えた水分によって肌の細胞間の隙間を埋めてくれます。
それによって、外部刺激から肌を守ってくれる効果もあるのです。

セラミドで肌の保水力を高め、水分を補えば肌の乾燥に効果があると言えるでしょう。
また、産後の敏感肌で悩む人にも刺激から肌を守ってくれるセラミドはおすすめです。

次にニキビについてです。

ニキビは、皮脂の詰まりを防ぐことが大切です。
皮脂が過剰に分泌されていると感じる人は、洗顔が大切になります。

一方、皮脂不足でもニキビができる人は、古い角質が溜まっている可能性があります。
このような人は、肌の生まれ変わりのサイクルを早めて古い角質をなくすことが大切です。

そのためには食生活を見直してみましょう。
肌の生まれ変わりを促進する栄養素は、「亜鉛」と言われています。

亜鉛は体の生成や機能を保つには必要な栄養素です。
牡蠣、牛肉、ウナギ、ナッツなどに多く含まれています。
これらの食材を意識して食べてみましょう。

しかし亜鉛を食事で摂るのが難しい場合は、サプリメントを利用するのもおすすめです。

最後に湿疹についてです。
湿疹は少しでも刺激となり得るものを減らすことが必要です。

化粧は薄めにし、長時間つけたままにすることは避けましょう。
また、汗や食べ物がついた場合はすぐにふき取って清潔を保ちましょう。

ただし、湿疹の原因が不明だったり、炎症がひどい場合は皮膚科で診察を受けましょう。
湿疹は治りにくいと広がる可能性があるので、早めの対策が必要です。

最後に

いかがでしたか?
産後に顔がボロボロになってショックを受けている人はぜひ試してみてください!

産後の肌荒れを治したい人へ!おすすめ対策をご紹介!

産後の悩み「肌荒れ」

産後はどうしても体が不調になりがちです。
それは出産を機に体が急激な変化をするためです。
体だけでなく生活も急激な変化をしますから、それもまた不調の原因となりがちです。

産後の不調で悩む人は多いですが、「肌荒れ」で悩む人は特に多いようです。

産後の肌荒れの症状は人によりますが、治らないと悩みますよね。
どんな症状であっても早く治したいと誰もが思うでしょう。

そこで、ここでは産後の肌荒れを治したい人のためにおすすめの対策をご紹介します。
早く治したい!と思っている人はぜひ参考にしてみてください。

産後の肌荒れ、どんな症状?

まずは、産後の肌荒れにはどんなものが多いのかをご紹介します。

1. 乾燥

産後の肌荒れで一番多いと言われるのが「乾燥」です。
では、なぜ産後は肌が乾燥しやすいのでしょうか?

原因の一つが皮脂の分泌がうまくいかないことです。
産後はホルモンバランスが崩れてしまいます。
出産前に分泌されていたホルモンが急減し、皮脂の分泌がされにくいのです。

皮脂が不足すると乾燥しやすいだけでなく、外部からの刺激にも敏感になってしまします。
敏感になると、刺激を受けた時に肌が荒れた状態になりやすいです。
その結果、カサカサ、ザラザラと乾燥が目立つようになるのです。

もう一つの原因は、寝不足です。
産後はすぐに昼夜関係なく赤ちゃんのお世話が始まります。
どうしても寝不足が続いてしまいますよね。

寝不足が続くと肌が乾燥しやすいのは、成長ホルモンが不足するためです。
成長ホルモンとは体の機能の修復、代謝を促すために必要なホルモンです。
このホルモンは睡眠中に多く分泌されるため、寝不足が続くと不足しがちになるのです。

成長ホルモンが不足すると代謝が悪く、肌の生まれ変わりも遅くなります。
これは古い角質が残った状態で、肌はごわついたりカサついたりするのです。

2. かゆみ

「かゆみ」もまた産後に多い症状の一つです。

かゆみは皮膚に存在する肥満細胞からヒスタミンが分泌されることで起こります。
肌が敏感であるほどヒスタミンは分泌されやすく、かゆみが出やすいです。

産後の肌は皮脂不足ですから、刺激を受けると反応しやすいと言われています。
そのため、普段は何ともなかったことも刺激となり、かゆみが出やすいのです。

特に多いのが、衣服の締め付け部分、汗をかきやすい部位、髪が触れる部位です。
かゆみを我慢できず、つい掻いてしまうと赤みや湿疹など悪化してしまうこともあります。

3. ニキビ

大人ができる「ニキビ」と言えば、食生活の乱れや寝不足などが原因とされています。
産後も寝不足になりやすいため、ニキビができやすい状態と言えます。

また、産後は食生活も乱れやすいです。
忙しくて栄養バランスを意識した食事が難しい人もいるでしょう。
育児のストレスが溜まって過食になりがちな人もいるでしょう。

乱れた食生活が続くと、皮脂が過剰になり毛穴に詰まってしまうのです。
これが炎症を起こしポコっと腫れた状態になるのが「ニキビ」なのです。

産後の肌荒れの対策方法は?

ここまでは、産後の肌荒れでよくある症状をご紹介しました。
次は肌荒れを治したい!という人のためにおすすめの対策方法をいくつかご紹介します。

まず、乾燥肌を治すために保湿は重要です。
肌の保湿は水分を補給するだけでなく、水分を溜め込めるようにすることも必要です。
つまり、化粧水をたっぷりと付けるだけではいけないということです。

肌の保水力を高めるためには、肌の細胞間脂質を増やす必要があります。
細胞間脂質とは、肌の角質層の細胞と細胞の間にある脂質のことです。
健康的な肌は、この脂質が水分を溜め込んでくれているのです。

細胞間脂質の代表的な成分は「セラミド」です。
「セラミド」という言葉を聞いたことがある人は多いはずです。
化粧品を選ぶ時にパッケージなどで目にするのではないでしょうか。

肌の保水力を高めるためには、「セラミド」が配合された化粧品を選ぶとよいと言えます。
肌が水分を溜め込めるようにし、水分を補えば保湿効果も高いでしょう。

次に刺激から肌を守ることを意識しましょう。
汗、紫外線、メイク、髪、衣服など肌への刺激となるものは多いです。

汗をかいたら拭き取ったり着替えたりしましょう。
また、髪の擦れを避けるために髪を結んでみましょう。
衣服は締め付けのきついものは避け、ゆったりとした柔らかい素材のものを着ましょう。

メイクは薄めにし、肌への負担を減らしましょう。
毛穴が塞がると肌は老廃物を排出できなくなります。
さらに、メイクが毛穴に詰まってしまうと肌荒れが悪化します。

それとメイクが濃いと強力なクレンジングが必要となり、このことも刺激となります。
また、メイクの必要がなくなったら早めに落とし、肌を清潔にすることも大切です。

紫外線もまた肌への刺激となりますから、外に出る時は対策をしましょう。
日焼け止めの刺激が気になる人は敏感肌用のものを選ぶようにしましょう。
また、保湿成分や美肌成分が配合されたものもありますから、それもおすすめです。

最後に

産後の肌荒れを治すための対策方法をいくつかご紹介しました。
忙しい産後でも試しやすいものなので、ぜひ試してみてくださいね。

産後に肌のかゆみが辛い人へ!効果的対策方法をご紹介!

産後に肌がかゆい!

産後に起こる体のトラブルの中でも多いのが「肌荒れ」。
肌荒れの症状は人それぞれですが、かゆみが辛いと感じる人は多いです。

肌がかゆいとつい掻いてしまい、赤くなったりボロボロになったりして困りますよね。
かと言ってかゆみを我慢するのも辛いものです。

ここでは産後の肌のかゆみで困っている人のために、原因と対策方法をご紹介します。

産後の肌のかゆみの原因は?

産後に肌のかゆみを感じる人は多いですが、部位は人それぞれです。
顔・腕・足・お腹だけでなく、頭皮やデリケートゾーンがかゆくなる人もいます。

部位によってかゆみの原因は異なりますが、どの部位にも共通して言えることがあります。
それは、産後の肌が「敏感肌」になっているということです。

産後は妊娠中に分泌されていた女性ホルモンが急減します。
このホルモンの急減によってホルモンバランスは崩れてしまうのです。

ホルモンバランスが崩れると皮脂の分泌がうまくいかず、肌は乾燥しやすくなります。
肌の皮脂が不足すると、外部からの刺激を受けた時に過敏に反応してしまうのです。

例えば、髪や衣服の接触、汗による蒸れ、外気や紫外線が刺激として挙げられます。

また、産後に肌が敏感になってしまう原因は寝不足や栄養・水分の不足もあります。

人の肌は睡眠中に分泌される成長ホルモンによって修復されると言われています。
そのため寝不足が続くと、肌は弱った状態が続いて刺激を受けやすいのです。

さらに産後は授乳により栄養や水分が不足しがちになります。
育児で忙しい生活をしていると、栄養の偏った食事や水分の摂り忘れもあるでしょう。
それによって肌の皮脂が不足して乾燥しやすくなり、敏感肌になる場合もあるのです。

産後の効果的なかゆみ対策は?

産後の肌のかゆみの対策方法は部位によって異なります。
ここでは、かゆみが出やすい部位のかゆみ対策方法をいくつかご紹介します。

1. 顔

顔は常に露出しているので、刺激を受けやすくかゆみが出やすいです。
また、露出しているため乾燥しやすく、それによってもかゆみが起こりやすいです。
顔のかゆみを抑えるためには、少しでも刺激を減らすことと保湿が重要です。

顔への刺激となりやすいのがメイク、洗顔です。
どちらも必要なことですが、刺激になっていることも忘れないでください。

まずメイクですが、敏感肌用の化粧品を使うようにしましょう。
そして付ける時は、薄く塗るようにしましょう。
厚く塗ると肌への負担が大きくなるので、ナチュラルメイクが理想的です。

次に洗顔ですが、メイクを落とすときは肌をゴシゴシと擦りがちですがNGです。
クレンジング剤とメイクがなじめば落ちるので、擦るという刺激は避けたいものです。

洗顔剤もしっかりと泡立てて泡で顔を包み込むようにして優しく洗いましょう。
泡によって肌への刺激を最低限にしましょう。

あとは保湿についてです。
肌の乾燥はかゆみの原因になりますから、保湿効果の高い化粧水を使うようにしましょう。
「セラミド」という成分が配合されているものがおすすめです。

セラミドは肌が水分を蓄えられるようにしてくれる効果があります。
保水力がアップした肌へ潤い成分が浸透すれば、より高い保湿効果が得られるためです。

また、化粧水にも敏感肌用がありますから、敏感肌用を選ぶことをおすすめします。

2. 首・腰周り

首や腰周りは衣服や髪が触れることでかゆみが出やすいです。

まず、首はよく動かす部位なので皮膚が薄く、デリケートです。
髪や衣服が触れるだけでなく、汗をかきやすく蒸れやすい部位でもあります。

そんな首のかゆみ対策は、髪をまとめて髪の接触による刺激を減らすことです。
また、髪をまとめて蒸れを防ぐことも大切です。
あとは、髪を短く切ってしまうという方法もよいかもしれません。

次に腰周りですが、衣服の締め付けや摩擦が多い部位です。
特にウエスト部分の締め付けは跡が付きやすく、その部分がかゆいという人は多いです。

産後は締め付けのきつい衣服を避け、ゆったりとした服装をしましょう。
ゆったりとした服装はリラックス効果もあるので、かゆみ対策以外でもおすすめです。

3. デリケートゾーン

産後、デリケートゾーンのかゆみに悩む人は意外に多いです。
産後は産褥ナプキンを当てているとどうしても蒸れやすいためです。

また、産後の傷が痛くてデリケートゾーンを丁寧に洗うことが難しいという人もいます。
その結果、雑菌が繁殖しかゆみが起こってしまいやすいのです。

特に強いかゆみを感じた場合はカンジダを発症している可能性があります。
カンジダは、疲労や寝不足で免疫力が低下した時に発症しやすいとも言われています。
産後はまさにその状態なので、カンジダを発症しやすいのです。

カンジダの可能性がある場合は、婦人科を受診し適切な治療を受けましょう。

その他にもナプキンをこまめに取り換える、通気性のよい服装をするようにしましょう。
蒸れを改善することが大切です。

また、傷がある人は大変ですが、デリケートゾーンを優しく洗って清潔にしましょう。
洗った後は蒸れないように水分をしっかりと拭き取るようにしましょう。

最後に

産後の肌のかゆみは人それぞれですが、どれも辛いですよね。
ここで紹介した対策方法を参考にして産後の辛いかゆみを乗り切ってくださいね!

産後にザラザラ肌で悩む人へ!おすすめの対策方法をご紹介!

産後に肌がザラザラする人は多い

産後に多い肌トラブル。
出産前までは気にならなかった肌荒れも出産後に急に気になり出す人は多いです。
産後、いつの間にか肌がザラザラするようになったという人は多いのです。

肌がザラザラすると言っても症状は人それぞれです。
乾燥によるもの、ニキビによるもの、湿疹によるものというようにさまざまです。

ここでは、産後に肌がザラザラして悩む人のために、その原因をご紹介します。
それから、おすすめの対策方法もご紹介します。
ザラザラ肌に悩む人は、ぜひ参考にしてみてください。

産後はなぜ肌がザラザラするの?

産後に肌がザラザラになってしまうと言っても症状はいくつかあります。

1. 肌の乾燥

産後は肌が乾燥しやすいです。
肌が乾燥すると粉っぽくなり、触った時にザラザラした感じになるのです。
顔や手はそのような状態になりやすく、悪化するとただれてしまい辛いものです。

肌が乾燥する原因には、授乳による水分不足やホルモンバランスの変化があります。
授乳中は普段通りに水分を摂っても母乳が作られるのに使われ、不足しがちです。
今まで摂っていた量と同じでは体が水分不足となり、肌の水分も足りなくなるのです。

また、産後はホルモンバランスが変化するため体の機能がうまく働かない場合があります。
皮脂の分泌もその一つで、うまくいかず過剰になったり不足したりするのです。
皮脂の分泌が不足すれば、肌は乾燥してザラザラになってしまうのです。

また、育児で忙しくなると無意識のうちに水分を摂る量が減ってしまいがちです。
その結果、体の水分が不足し、肌もカサカサしやすくなってしまいます。

2. ニキビ

産後にニキビができやすくなったという人もいます。
ニキビもいくつかできるとザラザラとした肌ざわりになってしまい、気になりますよね。

産後にできるニキビの原因は、寝不足や肌の乾燥・べたつきなどがあります。
産後は赤ちゃんのお世話で誰もが寝不足になってしまいます。

寝不足になると、睡眠中に分泌される成長ホルモンの分泌が減ってしまいます。
成長ホルモンとは、骨や筋肉の発達に必要なだけではありません。
大人の場合、代謝や体の機能が正常に働くために必要なホルモンです。

このホルモンは睡眠中に最も多く分泌されるため、寝不足が続くと分泌も減るのです。
成長ホルモンの分泌が減れば肌の代謝も悪くなるため、毛穴は詰まりやすくなります。
毛穴が詰まればニキビはできやすく、代謝の悪い肌にできたニキビは治りにくいのです。

また、前項で産後は皮脂の分泌がうまくいかないことをご紹介しました。
このこともニキビができやすい原因の一つなのです。

皮脂の分泌が過剰になれば、毛穴に詰まりやすいためニキビができやすいです。
そして皮脂が不足して肌が乾燥しても毛穴が詰まりやすくなり、ニキビができるのです。

3. 湿疹

湿疹ができて肌がザラザラするという状態になってしまうこともあります。
湿疹の原因はさまざまですが、産後は乾燥した状態が悪化してできることが多いです。
また、産後の肌は敏感になっており、化粧品や汗などでかぶれてしまうこともあります。

乾燥による湿疹は、肌表面の皮脂が失われ、肌のバリア機能が低下してできます。
バリア機能が低下すると、肌はちょっとした刺激にも反応してしまいます。
そして、炎症を起こした状態が湿疹となって現れるのです。

今まで使っていた化粧品にかぶれたり、普段と変わらない汗でもかぶれていまいます。
肌が湿疹でザラザラするだけでなく、かゆみやヒリヒリと痛みが出ると辛いでしょう。

ザラザラした肌の対策法は?

産後、肌がザラザラして悩んでいる人のために、いくつかの対策法をご紹介します。

1. 洗顔はやりすぎず、優しく洗おう

洗顔は肌を清潔に保つためには必要ですが、やりすぎは肌への刺激となります。

多くの人が洗顔を朝晩2回行うと思いますが、朝は洗顔剤を使うのは止めてみましょう。
洗顔剤を使うと必要な皮脂まで落としてしまうことになり、肌の乾燥が悪化します。
朝はぬるま湯のみで洗うようにしてみましょう。

また、顔を優しく洗うために洗顔剤はよく泡立てるようにしましょう。
そして、洗う時はふんわりした泡で包み込むようにして洗いましょう。
肌がザラつくからと言ってゴシゴシと擦るのはいけません。

洗う時のぬるま湯は36~38℃が最適です。
お湯や冷水で洗うと気持ちがよいと感じることもありますが、肌には刺激となります。

2. 水分をこまめに摂ろう

ザラザラした肌の大きな原因は乾燥です。
そのため、水分をこまめに摂ることを心がけましょう。
特に産後は、授乳によって水分が不足しがちなので普段以上に必要です。

いつでも水分を補給できるように水筒などを持ち歩くことをおすすめします。

3. 保湿効果が高い化粧品を使おう

産後のザラザラ肌の大きな原因は、肌の乾燥です。
産後は肌の乾燥からニキビや湿疹ができ、ザラザラになる人が多いです。
そのため、まずは乾燥を治すことが必要です。

乾燥肌を改善するには保湿効果の高い化粧品を使ってみましょう。
保湿効果が高い成分と言えば、「セラミド」を聞いたことがある人は多いでしょう。
セラミドには肌が水分を蓄えられるようにする効果があります。

また、ヒアルロン酸やコラーゲンなども保湿には効果のある成分です。
これらは肌を潤してくれるという役割があります。
セラミドで水分を蓄えられるようにして、これらの成分で肌を潤すのが効果的です。

そのため、セラミド、ヒアルロン酸、コラーゲンが配合された化粧品がおすすめです。

最後に

いかがでしたか?
産後のザラザラ肌に悩んでいる人はぜひ参考にしてみてくださいね!

産後にできた吹き出物の原因は?おすすめの肌荒れ改善法もご紹介!

産後にできやすい吹き出物

産後は一般的に肌荒れが起こりやすいと言われています。
肌荒れの症状はさまざまですが、その一つ「吹き出物」は顔にできると目立ちますよね。
また、しこりのようになって腫れ、触れると痛いというのも辛いですよね。

ここでは、そんな吹き出物が産後にできやすい原因をご紹介します。
また、困った肌荒れのおすすめ改善方法もいくつかご紹介します。

産後の吹き出物の原因は?

今まで吹き出物とは無縁だった人も産後になると急にできる場合があります。
「吹き出物」とは「大人ニキビ」とも呼ばれていますが、この原因は何なのでしょうか?

吹き出物の原因はさまざまですが、産後の場合は寝不足、肌の乾燥が大きいです。

まず、寝不足についてです。
産後は昼夜関係なく赤ちゃんのお世話が始まり、それが毎日続きます。
誰もが寝不足になってしまいますよね。

寝不足が続くと、肌の生まれ変わるサイクルは遅くなってしまうと言われています。
肌の生まれ変わりのサイクルが遅いと、古い角質が肌に残ったままになります。
この古い角質が毛穴を塞いでしまい、吹き出物ができやすくなってしまうのです。

次に肌の乾燥についてです。
産後は肌が乾燥しやすいと言われています。

それは授乳による水分不足、忙しさによる水分摂取量の減少が主な原因です。
また、出産に伴うホルモンバランスの変化も原因と言われています。

体内の水分が不足すれば、肌もまた乾燥してしまいます。
また、忙しい生活をしていると水分を摂り忘れているということもありがちです。
さらに時間がないと洗顔後の保湿も疎かになりがちなので、肌は乾燥しやすいのです。

そして、ホルモンバランスの変化による肌の乾燥は、次の理由から起こります。
ホルモンバランスが崩れると、人の体は皮脂の分泌がうまくいかなくなります。
皮脂の分泌が不足すれば、皮膚を守ってくれる皮脂膜が不十分な状態となります。

そのため、外的刺激を受けても皮膚は守られず、カサカサと乾燥した状態になるのです。
肌が乾燥すれば、今度は体が皮脂を補わねばと判断し、皮脂の分泌が過剰となります。
それによって毛穴が詰まり、吹き出物ができてしまうのです。

また、乾燥した肌は角質層が厚くなっていますから、毛穴は小さくなり詰まりやすいです。
毛穴が詰まってしまえば吹き出物はできやすいのです。

吹き出物の改善方法は?

産後にできやすい吹き出物の改善方法をいくつかご紹介します。

1. 保湿して乾燥を防ごう

乾燥肌であることは吹き出物ができやすい状態です。
乾燥を防ぐためにも化粧水などのスキンケア用品での保湿はしっかりとやりましょう。

しかし、産後は忙しくてスキンケアに時間をかけられない人は多いはずです。
なので、少しでも保湿効果が高いと言われるスキンケア用品を選ぶようにしましょう。
また、産後は肌が敏感にもなっているので敏感肌用のものであることも大切です。

特に「セラミド」という保湿成分が配合されたスキンケア用品はおすすめです。
セラミドには肌の角質層で細胞同士を結びつけ、バリア機能を高める働きがあるためです。

また、化粧水中のセラミドは水と混じることで角質層に水分を閉じ込めてくれます。
角質層が水分をたっぷり含んだ状態は、肌のバリア機能が高い状態とも言えるのです。

ぜひ、スキンケア用品を選ぶ時に参考にしてみてください。

2. 洗顔は優しく刺激を与えないようにしよう

吹き出物ができると、つい気になって触ってしまうことがあるでしょう。
しかし、刺激を与えると悪化したり治りが遅くなったりします。

また、どうしても触れてしまうのが洗顔時ですが、洗顔時は優しく洗いましょう。
吹き出物ができた肌には皮脂が多くあると思ってゴシゴシと洗い落としがちです。
しかし、洗顔料をしっかりと泡立てて肌を包み込むように洗うだけでも皮脂は落ちます。

3. 水分をしっかりと摂ろう

肌の乾燥を防ぐためにも水分はこまめに摂るようにしましょう。
また、水分をしっかりと摂ることは便秘の予防にもなります。

便秘は腸の中に要らないものが溜まった状態です。
便がいつまでも腸内に溜まっていると、便から有害物質が発生してしまいます。
腸から有害物質を排出できなければ、体は毛穴から出そうとするのです。

このようなことが吹き出物の原因となる場合もあります。
そのため、便秘を防ぐということも肌荒れの改善には大切なことと言えます。

4. 糖分や脂肪分の多い食事を控えよう

吹き出物を早く治したい場合は糖分や脂肪分の摂りすぎには注意しましょう。
これらを摂りすぎると、皮脂の分泌量が増加して吹き出物が悪化する可能性があります。
また、吹き出物ができやすい肌となってしまいます。

忙しい産後に食生活に気を遣うのは大変ですが、できる範囲で気を遣ってみましょう。
脂肪分が少なくビタミンや食物繊維、タンパク質をバランスよく摂れる和食がよいでしょう。

最後に

産後に吹き出物ができやすくなる原因を知っていただけたでしょうか?
原因を知ることで肌荒れの改善はしやすくなると思います。

改善には睡眠をしっかりとることも必要ですが、産後は忙しくて難しいでしょう。
そのため、ここで紹介したいくつかの方法をぜひ試してみてくださいね。

忙しい産後にもおすすめ!手軽な肌ケア方法をご紹介!

産後に起こりやすい肌荒れ

産後は体の変化に伴って、さまざまなトラブルが起こりがちです。
その中でも多いのが「肌荒れ」です。

また、産後は育児の始まりでもあり、忙しい生活になります。
どうしても毎日寝不足になりますし、ストレスや疲労が溜まりますよね。
そのような状態が続くと、肌も不調になってしまうものです。

さらに、忙しい生活をしていると肌のケアに時間をかけていられないですよね。
気がついたら「疲れ切った顔にボロボロの肌!」なんてこともよくあるものです。

ここではこのような状態に悩む人のために、手軽にできる肌ケアの方法をご紹介します。
忙しい産後でもできる方法なので、ぜひ参考にしてみてくださいね!

産後におすすめの肌ケア方法は?

産後は赤ちゃんのお世話で肌のケアに時間をかけるのはなかなかできないものです。
そのため、ゆっくりとお風呂で洗顔、お風呂上がりに保湿は難しいですよね。
食事だって栄養バランスを考えて作るのは難しいでしょう。

そこで簡単で時間のかからない肌ケアの方法をいくつかご紹介します。

1. 肌ケア用品は低刺激タイプを使おう

産後の肌は、妊娠前に比べて敏感になっている人が多いです。
産後は育児による寝不足・疲労や授乳による栄養不足で免疫力が低下してしまいます。
免疫力が低下すると、体調を崩しやすくなるだけでなく肌も弱くなってしまうのです。

また、ホルモンバランスの変化によって肌が乾燥しやすくなり敏感肌になってしまうのです。

しかし、肌が荒れてあれこれケアをするのは大変ですよね。
そのため、まずは肌ケア用品を低刺激タイプのものに変えてしまえばよいと言えます。
これで今まで通りの時間で肌荒れの悪化を防ぎ、ケアをすることができます。

メイク落としや洗顔料は無香料・無着色でアルコール・防腐剤フリーのものがよいでしょう。

まず、メイク落としはさまざまなタイプがありますが、乳液タイプがおすすめです。
オイルタイプが最も洗浄力が高いと言われていますが、刺激も大きいです。

そのため、マスカラなど落ちにくいメイクをした時はオイルタイプで落とすようにします。
そうでない時は、乳液タイプで落とすようにしてみましょう。

次に、洗顔料についてですが、こちらもさまざまなタイプがあります。
クリームや液状タイプは油分や合成界面活性剤を含んでいるものが多いです。
固形石鹸の場合、商品にもよりますが使われていないものが多いのでおすすめです。

化粧水や乳液もまた、無香料・無着色でアルコール・防腐剤フリーのものがおすすめです。
どんなものがよいか悩んだ場合は、サンプルで試してみるとよいでしょう。

また、肌荒れの症状ごとに適切な化粧水や乳液が選べるメーカーもあります。
自分の肌の悩みに応じてケア用品を選んでみるのもおすすめですよ。

2. サプリメントを摂ろう

肌荒れを改善するには栄養も必要不可欠です。
しかし、産後の忙しい生活では栄養バランスを考えて食事を作るのは大変です。
そこで簡単に栄養を摂るために、サプリメントを利用することがおすすめです。

では、どのようなサプリメントがよいのでしょうか?
それは必須アミノ酸が含まれるサプリメントです。

必須アミノ酸とは、体の成長や機能を保つために必要な栄養素です。
しかし、必須アミノ酸は体内で作ることはできず、自分で摂取する必要があります。

不足すれば肌の生成はされにくくなりますから、肌荒れが起こって悪化しやすくなります。
栄養不足を感じる人はぜひ試してみましょう。

3. 部屋を快適に保とう

肌荒れは普段過ごしている環境が原因となっている場合があります。
例えば、部屋が乾燥したり蒸し暑かったりすると肌にもよくありません。

乾燥した部屋にいると、肌も乾燥して粉っぽくなったりかゆくなったりします。
蒸し暑い部屋にいると、汗をかいて肌が汗でかぶれて赤くなったりかゆくなったりします。

そのため、エアコンや加湿器を使って温度と湿度を快適に保つことを心がけましょう。
また、部屋の窓を開けて風通しを良くすることもよいでしょう。

このようなことは時間がかかりませんし、赤ちゃんも快適に過ごすことができます。
ぜひ実践してみましょう。

4. ゆったりとした服装をしよう

普段の環境だけでなく、衣服もまた肌荒れの原因となっている場合があります。

まず、締め付ける服装は肌への刺激となり、かゆみを引き起こします。
ウエスト部分が締め付けられてかゆくなった経験がある人は多いのではないでしょうか?

また、硬い素材の服は肌に擦れると刺激となってしまいます。
さらに、通気性の悪い素材の服装は蒸れやすくなり、かぶれやかゆみの原因となります。

産後は肌が敏感になっているため、今まで何ともなかった服装もよくない場合があります。
産後は柔らかい素材、通気性のよい素材の服を着るようにしましょう。
また、ゆったりとした服装を心がけましょう。

そのような服装をしていれば、自然と肌ケアができているのです。
時間もかかりませんし、試してみましょう。

最後に

産後におすすめの簡単で時間のかからない肌ケアの方法をいくつかご紹介しました。
忙しい産後でも試しやすいと思いますので、気軽な気持ちで試してみてくださいね!

産後の生理再開で肌荒れが悪化?原因と対策方法をご紹介!

産後の体の変化

産後は、出産や授乳、生理の再開によって体が変化し続けます。
まず、出産後は妊娠中に分泌されていたホルモンが急減します。
それによって体にはさまざまなトラブルが起こりますが、その一つが「肌荒れ」です。

次に授乳をするための体に変化していくため、ホルモンバランスが変化します。
また、授乳や赤ちゃんのお世話が始まると生活も大きく変化します。
それらによっても肌荒れが起こりやすいです。

さらに生理が再開する頃には、またホルモンバランスが変化します。
それによっても肌荒れが起こりやすくなってしまうのです。

産後の生理は、授乳期間の終了や授乳頻度の減少で再開すると言われています。
授乳がなくなれば、負担が少し減って体力的には楽になるものです。
しかし、そんな時に肌荒れが悪化してしまうと落ち込みますよね。

ここでは、産後に生理が再開した時に肌荒れが悪化する原因についてご紹介します。
また、その肌荒れの対策方法もいくつかご紹介します。

産後の生理再開による肌荒れの原因は?

産後に生理が再開する頃には体は妊娠前の状態に戻ろうとしています。
しかし、元の状態に戻らない人もいます。体質が変わってしまったという人もいるのです。
妊娠前よりも敏感肌になってしまえば、肌荒れが起こりやすいのです。

また、産後は育児により妊娠前の生活から大きく変化しています。
毎日忙しく、疲れが溜まっている人も多いでしょう。
そのような生活は生理が再開する頃も続いているはずです。

授乳の負担が減っても忙しい生活からは解放されませんから、疲れは溜まりがちです。
その疲れにより、生理が再開する頃に肌荒れが悪化してしまうこともあるのです。

あとは生理が再開するということは、ホルモンバランスが変化をするということです。
産後の授乳中に分泌されるのが「プロラクチン」というホルモンです。
プロラクチンは、排卵を抑える作用があるため、多く分泌されれば生理は起こりません。

授乳頻度が減るとプロラクチンは減り、プロゲステロン・エストロゲンの分泌が増え始めます。
これらのホルモンによって生理が再開するのです。
しかし、ゆっくりとホルモンバランスが変化しますからその間は不安定な状態と言えます。

ホルモンバランスが不安定な期間の間に生理は再開します。
そのため、生理の再開とともに肌荒れが起ってしまうことになるのです。

産後の肌荒れの対策方法は?

産後の生理再開に伴う肌荒れは、ホルモンバランスの変化、疲れが大きな原因です。
ホルモンバランスの変化は避けることができませんし、疲れないというのも難しいです。
そのため、別の観点から肌荒れ改善を試してみましょう。

1. 水分をたくさん摂ろう

水分を多く摂ることで肌の乾燥を防ぐことができます。
また、水分を摂ることは肌荒れの原因の一つ「便秘」の対策にもなります。

便秘になると、体内に溜まった便から有害物質やガスが発生します。
体内に有害物質やガスが増えてくると、体はそれらを排出しようとします。
便秘によりそれらを便とともに排出できない時、汗や皮脂とともに毛穴から排出されます。

そうすると、毛穴は肌自体の汚れを排出することができなくなります。
その結果、肌には汚れが溜まって肌荒れが起こってしまうのです。
そのため、便秘にならないようにすることも肌荒れ対策には必要なことなのです。

特に生理が再開した場合、生理前というのは便秘になりやすいと言われています。
生理前の便秘も水分をしっかりと摂ることで防ぎましょう。

2. サプリメントで栄養補給をしよう

肌荒れを治すには栄養バランスのよい食事をとるべきですが、忙しいと難しいですよね。
そんなときに便利なのがサプリメントです。

肌荒れに効果があると言われる栄養素や成分をいくつかご紹介します。
これを参考にして、サプリメントを選んでみてはいかがでしょうか?

まず、効果があるのが必須アミノ酸です。
必須アミノ酸は、体の成長や機能を保つためには必要な栄養素です。
また、肌の生成にも必要な栄養素でしっかり摂ることで美肌効果があります。

次に、美肌効果のあるヒアルロン酸やコラーゲン、プラセンタもおすすめです。
これらは美肌に興味がある人は聞いたことがあるはずです。
化粧水だけでなく、サプリメントで摂取することもよいでしょう。

あとは、ビフィズス菌やオリゴ糖、食物繊維など体内の悪いものの排出を助ける成分です。
さきほど便秘は肌荒れの原因と言いましたが、これらの成分で便秘を防いでみましょう。
体内がきれいになれば、肌荒れも改善すると考えられています。

3. 肌への刺激を減らそう

生理が再開すると、ホルモンバランスが不安定になっています。
そのような時、肌は敏感になっています。
ですから、少しでも肌の刺激になることは減らすようにしましょう。

洗顔はよく泡立てた洗顔料で優しく洗い、ぬるま湯で洗い流すようにしましょう。
顔をゴシゴシと擦るのはNGです。

また、メイクは長時間したままにせず、必要がなくなれば落としましょう。
必要がない時や肌荒れがひどい時はメイクをしない方が肌への刺激を減らせます。

最後に

いかがでしたか?
産後、生理の再開とともに肌荒れが起こって悩む人は多いと思います。
ここで紹介した対策方法を試して、辛い肌荒れを乗り切ってみてくださいね。

産後はサプリメントで肌荒れ改善!おすすめサプリをご紹介!

産後の肌荒れに悩んだら

産後は、急激な体の変化だけでなく、赤ちゃんとの新しい生活が始まります。
大きな変化ですから体には負担がかかり、誰もが疲労やストレスが溜まってしまいます。
また、体はホルモンバランスの変化によりさまざまな症状が現れやすいです。

ここでは、さまざまな変化の中でも「肌荒れ」に注目して改善方法をご紹介します。
産後の肌荒れには、乾燥、ニキビ、湿疹、かゆみなどがあります。

これらの症状は疲労、ストレス、ホルモンバランスの変化によって起こります。
これらをなくせば肌荒れは改善されるはずですが、それは難しいことです。

肌荒れを改善しようと思えば、保湿や洗顔などケアの方法を見直す人もいるでしょう。
また、薬を塗ったり、栄養バランスを見直したりする人もいるでしょう。

しかし、忙しいとケアに時間をかけるのは難しいですよね。
また、毎日栄養バランスの整った食事を摂るのは難しいものです。
さらに、授乳中は薬を塗ったり服用することに抵抗を感じる人もいるでしょう。

そのような場合はもっと簡単な肌荒れ改善の方法はないのかなぁと思うはずです。
そこでおすすめなのが「サプリメント」の服用です。

サプリメントは自分が必要とする栄養素をピンポイントで摂ることができます。
また、1日に複数錠飲むだけなので時間もかからず簡単と言えます。

ここでは、肌荒れの改善におすすめのサプリメントをいくつかご紹介します。
産後は授乳中の方もいるので、授乳中でも安心して服用できるものをご紹介します。

産後の肌荒れにおすすめのサプリメント

1. すっぽん小町

すっぽんと言えば高級食材でなかなか食べることはないものですよね。
そんなすっぽんは、滋養強壮効果がある食材として知られています。
このサプリメントにはすっぽんの栄養がしっかりと含まれています。

すっぽんに含まれる栄養には、必須アミノ酸、ビタミン、ミネラルなどがあります。
必須アミノ酸は、体の成長や機能を保つためには必要な栄養素です。
また、肌の生成にも必要な栄養素でしっかり摂ることで美肌効果があります。

しかし、必須アミノ酸は体内で作ることはできず、自分で摂取する必要があります。
不足すれば肌荒れしやすくなりますから、肌荒れ改善のためには摂りたい栄養素です。

また、すっぽん小町には美肌効果のあるコラーゲン、ビタミンも含まれています。
さらに肌荒れによいだけでなく、体を元気に保つ効果もあるようです。
そのため、女性が欲しい栄養素がたっぷりと含まれるサプリメントと言えるでしょう。

2. ベルタ葉酸サプリ

葉酸と言えば、妊娠初期に積極的に摂った方がよいとされる栄養素です。
そのため、出産を経験した方は知っているサプリメントかもしれません。

ベルタ葉酸サプリは、妊娠中だけでなく産後もおすすめのサプリメントと言えます。
それは、産後の肌荒れを改善するために必要な栄養もたっぷりと含まれているためです。
美肌効果のあるヒアルロン酸やコラーゲン、アミノ酸が含まれているのです。

また、妊娠・授乳中も安心して服用できる配慮がしっかりとされているサプリメントです。
販売会社のサポートも妊娠中・産後の女性向けと言えます。
妊娠中から産後という長い期間を通して愛用するのもおすすめでしょう。

3. きらりのおめぐ実

きらりのおめぐ実には体の内部をきれいにする成分が含まれています。
ビフィズス菌やオリゴ糖、食物繊維などが体内の悪いものの排出を助けてくれます。
体内がきれいになれば、肌荒れも改善すると考えられています。

体内の悪いものを排出してくれるので、便秘気味の人には特におすすめです。
また、ニキビ・吹き出物による肌荒れに効果が高いとも言えます。

さらに、きらりのおめぐ実には美肌効果が期待できるビタミンも豊富に含まれています。
産後は栄養バランスが崩れやすいので、ビタミンがたっぷり摂れるのも魅力的ですね。

4. ディアナチュラ ストロング39アミノマルチ

必須アミノ酸、ビタミン、ミネラルが合計39種類入ったサプリメントです。
このサプリメントだけでこんなにも多くの種類の栄養が摂れるのはうれしいですよね。

ミネラル成分として亜鉛が含まれていますが、亜鉛は免疫力を高める効果があります。
また、肌の代謝を促して健康的な肌を作りだす効果もあります。
産後は疲労やストレスで体が弱りますから、このような効果のある栄養は重要です。

ビタミンは特にビタミンB群が強化されて含まれています。
ビタミンBは、疲労回復効果や肌を健康に保つ効果があるとされています。
そのため、疲労が溜まって肌が荒れやすい産後には欲しい栄養素と言えます。

このサプリメントは肌荒れの改善効果が期待できるだけではないでしょう。
疲労回復を早め、元気も出るという効果があるのも魅力的でおすすめと言えます。

最後に

産後の肌荒れ改善におすすめのサプリメントをいくつかご紹介しました。
どれも服用してすぐに効果が出るわけではありませんが、毎日簡単に続けられるでしょう。
また、薬と違って産後も安心して服用することができます。

忙しい産後の生活ですが、ぜひご紹介したサプリメントを試してみてください。
そして、肌荒れを改善してみてくださいね。

産後に肌荒れするのはなぜ?荒れた肌にも使えるコスメをご紹介!

はじめに

産後の女性の多くは肌荒れを経験しています。
鏡で自分の顔を見た時に、肌の調子が悪いなぁと感じる場合もあるでしょう。
また、肌にかゆみやヒリヒリした症状が出て不快に感じる場合もあるでしょう。

ここでは肌荒れの原因を知ることで適切な肌荒れ対策方法を知ってみましょう。
また、荒れた肌にも使いやすいおすすめのコスメもいくつかご紹介します。

産後の肌荒れの原因は?

産後の肌荒れの原因はいくつか挙げられます。

1つ目はホルモンバランスの変化です。
ホルモンバランスの変化によって、肌質も変化してしまう人がいます。
特に肌が敏感になってしまう人が多く、使っているコスメが合わなくなることもあります。

2つ目は育児による寝不足・疲労です。
寝不足・疲労が肌荒れを引き起こす理由は、肌の代謝が悪くなることです。

これは、眠っている間に分泌される成長ホルモンが減少するためと言われています。
肌は成長ホルモンの分泌により生まれ変わるのですが、減少すると生成されないのです。

3つ目は育児による栄養不足・水分不足です。
産後は忙しく、栄養バランスを意識した食生活ができなくなる人が多いです。
また、授乳により体の水分や栄養分も失われがちになってしまいます。

自分では水分も栄養も摂っていると思っても、意外に不足していることも多いです。
肌の調子が悪いと思ったら、水分や栄養が不足しているのかもしれませんよ。

肌荒れしたときのコスメの選び方・使い方

肌荒れした時はできれば肌に負担をかけたくないですよね。
化粧も肌に負担がかかるので、できればしたくないと思う人は多いでしょう。

しかし、外出するのであれば化粧はしたい人も多いでしょう。
ここでは少しでも肌への負担を減らすためのコスメの選び方をご紹介します。

まず、汗や皮脂などで落ちにくいと言われるコスメは避けましょう。
落ちにくさを売りにしているコスメをよく見かけますが、実は肌への負担が大きいです。

それは、クレンジングの時に多めのクレンジング剤を使ってしまうためです。
クレンジング剤にはメイクを落としやすくするための界面活性剤が含まれています。
界面活性剤は肌に必要な皮脂も落としてしまい、肌の乾燥を悪化させてしまいます。

使うクレンジング剤の量が多ければ肌の皮脂もより多く奪われてしまいます。
また、落ちにくいコスメを落とそうとすると、つい強い力で擦ってしまいがちです。
強い力でゴシゴシと擦ることは肌への刺激となり、肌荒れを悪化させてしまいます。
そのため、メイクを落とす時のことも考えてコスメを選ぶようにしましょう。

次に落としやすく、肌に優しいミネラルコスメについてご紹介します。
ミネラルコスメは、マイカ、酸化チタンなどの鉱物からできたものです。
また、肌に負担となる防腐剤や界面活性剤、オイルなどを使用していないのも特徴です。

ミネラルコスメはクレンジング剤を用いず、洗顔料や石鹸で落とすこともできます。
クレンジング剤を必要としないことも肌に優しいコスメと言われる理由と言えます。
産後の肌荒れで悩んだら、ミネラルコスメを選んでみてはいかがでしょうか?

肌に優しいコスメを選んだら、使い方にも注意してみましょう。
肌が荒れている時の化粧は基本的に薄塗りです。
ただし、炎症を起こしている箇所がある場合は止めておきましょう。

肌荒れを隠そうとして化粧を厚くする人もいますが、肌荒れを悪化させてしまいます。
荒れた部分にコスメの成分が刺激となってしまうためです。
なので、化粧を薄めにすることで肌への刺激を軽減させましょう。

また、薄く塗っていれば化粧を落とすときも落ちやすく、刺激も少なくなります。
このようにコスメの使い方にも気を付けてみましょうね。

おすすめのミネラルコスメ

肌に優しいミネラルコスメをご紹介しましたが、次はおすすめのブランドもご紹介します。

1. ヴァントルテ

2011年にできた新しいブランドです。
ミネラルやシルク、植物由来のものを原料とした肌に優しいコスメです。
ファンデーションはカバー力があると評価も高く、肌荒れした肌にも合うようです。

また、肌質や好みの仕上がりに応じて自分に合うファンデーションを選ぶことができます。
初めての場合はサンプルもあるので、気軽に試すことができるのも魅力的です。

2. オンリーミネラル

つけたまま眠れるほど優しいと言われるコスメブランドです。
ファンデーションは、つけ心地は軽いのにカバー力があると評価が高いです。
また、つけることで肌を改善する薬用シリーズもあり、肌荒れ中に使うのもおすすめです。

3. エトヴォス

エトヴォスはクレンジングによる刺激が肌荒れの大きな要因と考えています。
そのため、クレンジング剤いらずでシンプルな成分のミネラルコスメを提供しています。
負担の少ないメイクとスキンケアで肌の美しさを取り戻すことができると評判もよいです。

また、ベビー用のローションもあるので産後に親子で使うのもよいかもしれません。

最後に

いかがでしたか?
産後に肌が荒れても使えるコスメはいろいろあることを知っていただけたでしょうか?
肌のことを考えたコスメ選びや使い方を知って、産後の肌荒れを乗り切りましょうね!

産後の肌荒れに悩む人へ!化粧をするときの注意をご紹介!

産後の肌荒れに悩む人へ

産後は肌がデリケートになってしまい、肌荒れしてしまう人は多いと言われています。
肌がカサカサになったり、ヒリヒリしたりと症状はさまざまですがどれも辛いですよね。

産後の肌荒れがひどいと薬を塗ったり、化粧水で保湿をしたりする人もいるでしょう。
また、入浴や洗顔時などに何かしらの対策をする人もいるでしょう。

しかし、多くの女性が悩むのは肌荒れが起こっている時の化粧ではないでしょうか?
外出するときは化粧をしないと・・・と思う人も多いものです。
そんな化粧も荒れた肌にするのは大丈夫かどうか心配になりませんか?

また、荒れて見た目の悪い肌を少しでもカバーするために化粧をしたいですよね。
そのため、産後の女性には化粧をしたいけど肌への負担が心配という人は多いはずです。

そこで、ここでは産後の肌荒れがひどい人のために化粧をする時の注意をご紹介します。
ぜひ参考にしてみてくださいね。

肌荒れがひどいときは化粧をしないのが一番!

肌荒れといっても程度は人それぞれです。
薬を塗る、あるいは病院に行った方がいいなと思う状態であれば化粧は止めましょう。
まずは化粧をしないようにし、病院で医師の指示を受けましょう。

ちょっと肌がカサカサするといった状態であれば、化粧をする人も多いはずです。
また、ニキビが1,2個できた場合であっても多くの人は化粧をするでしょう。

そんな時は、化粧で荒れた部分を隠すというよりも改善することを意識しましょう。
荒れた部分を隠そうとして化粧品を厚く塗ったりすると、肌への負担が大きくなります。
また、余計に目立つということもあります。

化粧をしないのが一番ですが、荒れた肌に化粧をする時は薄く塗るようにしましょう。

荒れた肌に化粧をする時の注意

荒れた肌に化粧をする前に肌に負担をかけないための方法を知っておきましょう。
また、化粧の方法と同時に肌荒れを改善する方法も知っておきましょう。

1. 保湿は丁寧にしよう

まず、化粧をする前に保湿をしっかりとすることが重要です。
化粧は朝の洗顔後という人が多いと思いますが、洗顔後の保湿は丁寧にやりましょう。

化粧水は自分の肌に合ったものを使用し、乳液も使って水分が逃げるのを防ぎましょう。
化粧水をつける時は肌をたたいたり、擦ったりせず優しく包み込むようにつけましょう。

2. 化粧品は肌に優しいと言われるものにしよう

化粧品はなるべく肌に優しいと言われているものを使いましょう。
例えば、肌に優しい化粧品にはミネラルファンデーションが挙げられます。

ミネラルファンデーションは、クレンジング剤を使わずに落とすことができるものです。
クレンジング剤を使わずに済むということは肌にも優しいのです。

また、ファンデーションはリキッドタイプよりもパウダータイプがおすすめです。
リキッドタイプは界面活性剤が含まれているため、肌への刺激が大きいです。
そのため、肌荒れしている時はパウダータイプを使うとよいでしょう。

アイシャドウやチークに関しても肌に優しいものを選ぶことをおすすめします。
肌への刺激が大きいタール色素や合成着色料が入っていないものがよいでしょう。
「敏感肌用」と表記してあるものにはそのようなものが多いです。

そして、ファンデーションに限らず化粧品を塗る時はできる限り薄く塗るようにしましょう。
薄く塗れば肌への負担も少ないですし、化粧を落とす時も落ちやすいです。
また、荒れた肌へ化粧をする時は落ちにくいアイメイクはなるべくやめましょう。

あとは化粧品を肌につける時にも注意が必要です。
化粧品を付ける時は、スポンジやブラシをふんわりと当てるようにしましょう。
スポンジやブラシの力も荒れた肌には刺激となってしまいます。

3. 化粧の落とし方も気をつけよう

化粧を落とす時にも注意が必要です。
化粧は長時間つけたままにせず、必要がなくなったら落としましょう。

化粧を長時間つけたままにすると、毛穴が塞がった状態になります。
塞がった毛穴に皮脂が溜まると雑菌が繁殖しやすい状態となり、肌荒れが悪化します。
肌荒れを悪化させないためにも化粧はできるだけ早く落とすことが大切です。

また、化粧を落とすクレンジング剤も種類や使い方によっては刺激になります。
クレンジング剤にはオイル、リキッド、クリーム、シートなどのタイプがあります。

オイル、リキッド、シートタイプは界面活性剤の配合量が多いと言われています。
界面活性剤は化粧を落ちやすくするには必要な成分ですが、肌の水分も奪いやすいです。
そのため、荒れてカサカサした肌に使うと乾燥が悪化したりつっぱりやすくなります。

一方、クリームタイプのクレンジング剤は界面活性剤の配合量が少ないです。
よって肌の乾燥もしにくく、肌への負担も小さいと言えます。
荒れた肌の化粧を落とす時はクリームタイプのクレンジング剤を使うようにしましょう。

次にクレンジング剤を使って化粧を落とす時は、擦り過ぎに気をつけましょう。
つい、ゴシゴシ擦った方が化粧は落ちると思いがちですが、刺激となってしまいます。
指の腹で軽く抑える程度にして指をゆっくりと動かせば、化粧は十分に落ちますよ。

最後に

荒れた肌への化粧をする時の注意点は知っていただけたでしょうか?
産後は肌がデリケートになり荒れやすいですが、正しく化粧をして乗り切りましょう!