産後に毛穴の開き・黒ずみが気になる人へ!肌荒れ対策をご紹介!

産後の毛穴の開きや黒ずみ

産後の女性は、急激に体が変化します。
それに伴って体にはさまざまなトラブルが起こります。
肌荒れもその一つで、産後に肌が汚いなぁと感じる人は多いのです。

肌が汚く見える理由の一つが毛穴の開きや黒ずみです。
鏡で自分の顔をよく見ると、毛穴がポツポツと目立っていると落ち込みますよね。
そこで、ここでは毛穴の開き・黒ずみの原因と対策方法をご紹介します。

産後に毛穴の開き・黒ずみが気になる人はぜひ参考にしてみてくださいね!

産後はなぜ毛穴が目立つようになるの?

産後に毛穴が目立つようになる原因は、いくつかあります。

1. 皮脂の過剰分泌

産後はどうしてもホルモンバランスが崩れてしまいます。
また、育児によってストレスがたまりがちで睡眠不足にもなりがちです。
それによって皮脂の分泌がうまくいかず、過剰分泌が起こることがあります。

皮脂が必要以上に分泌されると、毛穴は広がった状態になります。
また、毛穴が広がった状態が続くと汚れが溜まりやすいです。
毛穴が汚れた状態が続くと、毛穴は黒ずんで見えるようにもなります。

2. 肌のバリア機能の低下

産後はホルモンバランスが崩れることで肌の角質層が作られにくくなりがちです。
そのため、肌のバリア機能が低下すると言われています。

また、角質層が作り出されないと水分を蓄えることもできません。
水分を蓄えられない角質層では、毛穴周辺の肌はたるみがちになります。
その結果、毛穴は開いた状態になってしまうのです。

3. 生活習慣の乱れ

産後は育児の忙しさによって睡眠不足になります。
また、栄養バランスを考えながら食事をすることも難しくなり、栄養不足にもなりがちです。
その結果、生活習慣が乱れた状態が続いてしまいます。

乱れた食生活や睡眠不足は体に負担をかけ、新陳代謝も滞らせます。
また、肌を生まれ変わらせるターンオーバー機能も乱れてしまいます。
そして古い角質層がはがれきれず、蓄積されたままとなります。

古い角質層が蓄積されると、毛穴は開いた状態になってしまいます。
また、それが毛穴に詰まれば、毛穴をふさいでしまい、黒ずみの原因になるのです。

4. 肌の乾燥

産後の肌荒れの症状の一つに乾燥があります。
産後の肌の乾燥の原因は、バリア機能の低下、母乳育児による水分不足などがあります。

肌が乾燥すると、本能的に皮脂を多く分泌しようと働いてしまいます。
結果、皮脂の過剰分泌となり毛穴が開きやすくなってしまうのです。

毛穴の開き・黒ずみの対策方法は?

ここまでは産後の毛穴の開き・黒ずみの原因をご紹介しました。
とにかく産後は毛穴が開きやすい状況と言えますよね。
ここからはそんな産後の毛穴の開き・黒ずみの対策方法をいくつかご紹介します。

1. 化粧品を変えてみよう

毛穴の開き・黒ずみが皮脂の過剰分泌が原因だと感じたら化粧品を見直してみましょう。
皮脂の過剰分泌を抑制する効果のある成分は、「ビタミンC誘導体」と言われています。
そのため、ビタミンC誘導体が配合された化粧品を試してみるとよいでしょう。

また、肌の乾燥が原因だと感じたら保湿効果の高い化粧品を試してみましょう。
保湿効果が高いのは、セラミド、ヒアルロン酸、コラーゲンなどが含まれた化粧品です。

3. 洗顔、入浴時は優しく洗おう

毛穴が目立つと肌が汚れている気がして、洗顔時にゴシゴシと擦りがちです。
しかし、肌をゴシゴシと擦って洗うのはNGです。

肌を擦りすぎると刺激となり、洗顔後に肌が乾燥しやすくなってしまいます。
洗顔料をしっかりと泡立てて、包み込むようにして洗えば汚れは十分に落ちます。

また、洗う時のお湯の温度も気をつけましょう。
入浴時は40℃以上のお湯で体や顔を洗う人も多いですが、それもまた刺激となります。
お湯の温度が高いと皮脂が落ちやすくなり、洗った後の肌はより乾燥してしまうのです。

乾燥すれば皮脂が過剰に分泌されることもあるので、また毛穴が汚れてしまいます。

刺激になりにくいお湯の温度は、36~38℃のぬるま湯とされています。
毎日の洗顔方法も少し変えるだけで毛穴の状態も改善されるかもしれません。

4. 洗顔前に毛穴を開かせよう

毛穴が黒ずんで見え、汚れが気になっている場合は洗顔前に毛穴を開かせましょう。
方法は、以下のようにやってみましょう。

まずは水で濡らしたフェイスタオルをしっかりと絞り、畳みます。
それを500?600wの電子レンジで、1分ほど温めます。

火傷に注意しながら、温めたタオルを電子レンジから取り出します。
広げて少し冷ましてから、顔全体に乗せて、3分ほど肌を温めます。
時間が経ったら蒸しタオルを外して、肌がまだ温かいうちに洗顔をします。

洗顔方法は先ほど説明したように泡で優しく洗えばよいです。
毛穴が開いているので、優しく洗っても汚れが落ちやすいです。

そして、洗顔後は毛穴が開いているうちに化粧水をつけましょう。
早く化粧水を付ければ保湿成分が浸透してくれますよ。

蒸しタオルを使って毛穴を開かせる方法には注意も必要です。
頻繁にやりすぎると、肌の乾燥がひどくなったり赤ら顔になりやすくなったります。
そのため、この方法は週2回ほどにしておきましょう。

最後に

産後に毛穴が開いたり黒ずんだりする原因と対策方法を知っていただけたでしょうか?
いくつかの対策方法を試してみて、きれいな肌を取り戻してくださいね!

産後の肌荒れを改善しよう!正しいスキンケア方法をご紹介!

産後は肌荒れが起こりやすい!

産後は急激に体が変化し、体にはさまざまなトラブルが起こります。
その1つが「肌荒れ」です。

また、産後は育児のスタートでもありますから、生活も大きく変化します。
その変化によって寝不足や疲労が溜まり、肌荒れが起こりやすいとも言われています。

産後の肌荒れの症状、程度は人それぞれですが肌が荒れると辛いですよね。
症状には乾燥、ニキビ、かゆみ、湿疹、シミなどがあります。
どの症状も早く改善したいものばかりですよね。

そこで、ここでは産後の肌荒れを改善するための正しいスキンケア方法をご紹介します。
正しいスキンケアをすることで肌荒れの改善だけでなく、悪化させないことも可能です。
肌荒れを改善したい人、悪化させたくない人はぜひ参考にしてみてください!

産後の肌は敏感になっている!

産後の肌荒れを改善する方法をご紹介する前に、産後の肌の状態をご紹介します。

産後の肌は、思っている以上に敏感になっているものです。
その原因の1つが肌のバリア機能の低下です。

バリア機能が低下すると角質層が作られにくくなります。
角質層は水分を蓄えにくくなりますから、外部刺激を受けやすくなってしまうのです。

また、産後は免疫力が低下しがちで、このことも敏感肌の原因と言われています。
産後の免疫低下の理由は、育児による寝不足・疲労、授乳による栄養不足があります。

免疫力が低下すると、体調を崩しやすくなるだけでなく肌も弱くなります。
普段何ともなかったことが刺激となり、肌荒れが起こってしまうのです。

産後、肌が荒れた時のスキンケアの基本は?

産後の肌荒れは、普段のスキンケア方法を見直すだけでも改善する可能性があります。
産後の肌は敏感ですから、あれもこれもとケアを足すと悪化してしまうこともあります。

そこで、産後のスキンケアの基本はシンプルで刺激の少ない方法であると言えます。

まず、洗顔についてです。
メイク落としや洗顔料は、刺激の少ない敏感肌用のものを選びましょう。
敏感肌用の商品の多くは無香料・無着色でアルコールや防腐剤が入っていません。

メイク落としはさまざまなタイプがありますが、使い分けるのもおすすめです。
オイルタイプが最も洗浄力が高いと言われていますが、刺激も大きいです。
一方、乳液タイプは刺激が少ないと言われています。

なので、まずはマスカラなど落ちにくいものはオイルタイプで落とします。
それから残りは乳液タイプで落とすようにしてみましょう。

洗顔剤もまたさまざまなタイプがあります。
クリームや液状タイプは油分や合成界面活性剤を含んでいるものが多いです。
固形石鹸は商品にもよりますが、使われていないものが多いのでおすすめです。

洗顔時はゴシゴシこすらないように気をつけましょう。
また、洗顔剤は使うときによく泡立てるようにしましょう。
さらに、すすぐ時は冷水や熱い湯は刺激になりますから、ぬるま湯を使いましょう。

次に、保湿についてです。
洗顔後は、しっかり保湿することが大切です。
化粧水や乳液もまた、刺激の少ない敏感肌用のものを使いましょう。

化粧水や乳液を付ける時は何度もパッティングしたり、擦り込んだりするのはNGです。
産後の敏感な肌は思っている以上に傷つきやすいです。

正しいつけ方は、手で顔全体を覆うようにして10秒程優しく押さえるようにします。
これを2,3回繰り返し、少しずつ化粧水を肌に浸透させるようにしましょう。

また、化粧水はひと肌に温めた方がより成分が浸透しやすくなります。
手のひらに取りだしたら、少し温めてつけてみましょう。

そして、化粧水をつける量は使用目安量を守りましょう。
余分につけると、水分が蒸発する時に肌に必要な水分も失われてしまうのです。

乳液のつけ方は、化粧水や美容液を付けた後1~2分は時間を空けるましょう。
これは、しっかりと化粧水や美容液を肌に浸透させるためです。

そして、乳液は手のひらで伸ばしてからつけ、顔全体にムラなくつくようにしましょう。
また、つきにくい口元・目元はこすらないように指先で重ね付けしましょう。

おすすめスキンケア用品は?

ここまでは肌が荒れた時の基本のスキンケア方法をご紹介しました。
次は、産後の肌荒れにおすすめのスキンケア用品をご紹介します。

1. オルビス

オルビスのスキンケアシリーズは、無香料、無着色で安心・安全を追求したものです。
また、肌トラブルの原因となる可能性のある油分を一切使っていません。

オルビスのスキンケアシリーズはどれもお試しから使用することができます。
なので、スキンケア用品選びに悩む場合も気軽に試すことができます。
また、肌荒れの症状ごとに適切なシリーズを選べるのでおすすめです。

2. ディセンシア

ディセンシアのスキンケア用品は敏感肌のために作られたものです。
敏感肌はバリア機能が低下した状態でもありますが、バリア機能を回復させてくれます。

ディセンシアもまた、購入前に無料サンプルを使うことができるので安心です。

3. ノブ

ノブのスキンケア用品は皮膚科医の協力に基づいて作られた敏感肌用の用品です。
肌荒れの悩みに応じてシリーズを選ぶことができ、トライアルセットもあります。
赤ちゃん用のスキンケア用品もあるため、産後にもおすすめと言えます。

最後に

産後の肌荒れはご紹介したようにスキンケア方法を見直せば改善できるかもしれません。
ぜひ、参考にしてみてくださいね!

産後の首周りの肌荒れがひどい!原因と対策方法をご紹介!

産後に首周りが肌荒れした人へ

産後は、急激に体に変化が起こり、体にはさまざまなトラブルが起こります。
その一つが「肌荒れ」です。

産後の肌荒れは部位、症状は人それぞれで顔だけでなく全身に起こります。
どんな肌荒れでも辛いですし、早く治したいですよね。
ここでは首周りが肌荒れしてしまった人のために原因、症状、対策方法をご紹介します。

首周りの肌荒れの原因

まずは、首周りの肌荒れがなぜ起こるのかを知りましょう。

首周りというのは顔と同様に皮膚が薄くデリケートな部位です。
また、首周りは汗や皮脂が多く分泌される部位です。

そのような首周りはネックレスや衣服、髪などが触れるため刺激も多い部位です。
そのため、肌荒れを起こしやすい部位とも言われています。
また、基本的には露出している部位なので、外からの刺激も受けやすいです。

デリケートな部位であることに加え、刺激が多いために肌荒れが起きやすいのです。

また、産後という時期は普段以上に肌がデリケートになっています。
産後のホルモンバランスの変化によって角質層が作られにくいためです。
つまり、肌のバリア機能が低下した状態ということです。

また、産後は育児による寝不足や授乳による栄養不足によって免疫力も低下します。
免疫力が低下すれば、肌も弱くなってしまい、普段何ともないことも刺激となるのです。

首周りの肌荒れはどんな症状?

首周りの肌荒れ症状で多いのはかゆみです。
かゆみの原因はいくつかあります。

1つが蒸れることです。
首周りは髪や衣服があるため、汗をかくと蒸れやすい部位です。
また、入浴後の水分によっても蒸れやすいです。

蒸れた状態が続くと、雑菌が繁殖しかゆみが出ることがあります。
また、汗にはアンモニアや塩分が含まれており、これも刺激となってかゆみが出ます。

2つ目は乾燥です。
首は外気に当たったり、衣服が擦れたりすることで乾燥しやすいです。
乾燥した状態でさらに常に髪や衣服が触れてしまうので刺激となり、かゆくなるのです。

3つ目は洗い残しや汚れです。
首の後ろは洗いにくい部位です。
そのため、入浴時の石鹸の洗い残しがあることが多いです。

また、整髪料による汚れが付きやすく、洗い残しやすいです。
汚れや洗い残した成分は刺激となりますから、かゆみが出てしまうのです。

他にも首周りの肌荒れ症状には、ニキビがあります。
産後に首周りにニキビができる原因は、ホルモンバランスが崩れることです。

肌は表面の古い角質層が落ち、内側で作られた新しい皮膚が出てくることを繰り返します。
これをターンオーバーと言います。
ホルモンバランスが崩れると、このターンオーバーの周期が遅れてしまいます。

すると、落ち切らず残った古い角質が厚い層として肌の表面に蓋をしてしまいます。
その結果、毛穴の中に老廃物や皮脂が詰まり、ニキビになってしまうのです。

さらに首周りは、洗い残しや汚れが付きやすいため不衛生になりがちです。
それも原因となって菌が繁殖し、ニキビができやすいのです。

首周りの肌荒れの対策方法は?

首周りの肌荒れの原因と症状、知っていただけたでしょうか?
次は肌荒れの対策方法をご紹介します。

まずは、首周りを清潔に保つようにしましょう。
入浴時は念入りに石鹸や汚れを洗い流すようにしましょう。
ただし、ゴシゴシと擦っては刺激となりますから優しく洗い流しましょう。

また、汗をかいたらこまめにふき取るようにしましょう。
他にも髪を整える時は、整髪料が首周りに付かないように気をつけましょう。

次に、乾燥が気になる場合は首周りも化粧水を付けるようにしましょう。
首も顔の延長線と考え、入浴後にケアをすることで保湿ができます。

あとは、ホルモンバランスを整えるために生活習慣に気を遣うことです。
ホルモンバランスを整えるにはいくつかの方法があります。

1つ目は、栄養バランスの整った食事を規則正しく摂ることが大切です。
産後は忙しく、食事に気を遣う余裕がないですが、できる範囲で実践してみましょう。

ホルモンバランスを整えるのに効果があるのがビタミンB6、ビタミンEなどです。
ビタミンB6はマグロ、かつお、バナナなどに多く含まれています。
また、ビタミンEは、ナッツ類やかぼちゃなどに多く含まれています。

2つ目は、適度な運動をすることです。

適度な運動は自律神経を活性化させ、ホルモンバランスを整える働きがあります。
軽いウォーキングやストレッチなどをやってみましょう。

?つ目は、睡眠の質を上げることです。

産後は睡眠時間を確保がすることが難しいので、睡眠の質を上げてみましょう。
短時間でも質の良い睡眠をとることで、疲労回復効果があるのです。

質の良い睡眠をとるためには、寝る前にスマートフォンやパソコンを見ないことです。
スマートフォンやパソコンから出るブルーライトはよくないと聞いたことはないでしょうか?
これは、眠気を誘うホルモン「メラトニン」の分泌を減らす作用があるためです。

他にも寝る前に体を温めることもよいと言われています。
温かい飲み物を飲んだり、薄着をしないようにするなど実践してみましょう。

最後に

産後の首周りの肌荒れの原因、症状、対策方法を知っていただけたでしょうか?
対策はぜひ試してみてくださいね。

産後に口周りが肌荒れ!原因と対策方法をご紹介!

産後に口周りが肌荒れする人は多いです

産後は、急激な体の変化、生活の変化があるため体には不調が出やすいです。
その不調の一つが「肌荒れ」です。

産後に肌荒れを経験する人は多いですが、口周りが肌荒れする人は多いようです。
症状は、口周りが乾燥して粉っぽくなったり、口の端が切れたりすることが多いです。

他にも、ニキビや湿疹、かゆみが出る場合もあります。
これらの症状はなぜ起こるのでしょうか?

ここでは産後の口周りの肌荒れの原因と対策方法をご紹介します。

口周りの肌荒れの原因

まずは口周りの肌の特徴を知っておきましょう。

口周りの肌の一番の特徴は、皮膚がとても薄いことが挙げられます。
皮膚が薄いということは、肌を守る役割をする角質層の厚さも薄いということです。
つまり、口周りはデリケートな部位と言えるでしょう。

また、口周りは会話や食事などで刺激を受けやすい部位です。
刺激を受ければ肌荒れも起こりやすくなってしまいます。

さらに、口周りは他の部位に比べて、食事などの影響で汚れやすいです。
また、湿った状態で雑菌が繁殖しやすい部位でもあります。
そのため、一度肌トラブルが起きると、治りにくい部位でもあります。

そんな口周りは、産後のホルモンバランスの変化により特に肌荒れしやすいのです。

次に、産後のホルモンバランスの変化が肌荒れを引き起こす原因を知りましょう。

産後は、今まで妊娠を維持するために出ていたホルモンが急減します。
妊娠中に増加した女性ホルモン「エストロゲン」と「プロゲステロン」が減少するのです。

エストロゲンは皮脂分泌を抑える作用があります。
また、プロゲステロンは皮脂分泌を促す作用があります。

産後、これらのホルモンが急減するとバランスが崩れてしまいます。
そして皮脂分泌がうまくいかなくなるため、肌荒れが起こりやすいのです。

また、産後は育児によって睡眠不足になったりストレスも溜まったりするものです。
このようなこともホルモンバランスが乱れやすい原因と言われています。

口周りの肌荒れはどんな症状?

口周りの肌荒れ症状で多いのは乾燥です。
乾燥して粉っぽくなったり、口の端が切れたりするといった症状が多いです。

他にも、口周りの肌荒れ症状にはニキビやかゆみもあります。

口はよく動かす部位なので、口の端が切れたりかゆみが出たりすると辛いですよね。

口周りの肌荒れの対策方法は?

口周りの肌荒れの原因と症状を知ったところで対策方法を知りましょう。

まず、口周りの肌荒れ対策で重要なのは、清潔に保つことです。

口周りは目には見えなくても意外と汚れているものです。
飲食によって汚れやすいため、洗顔の時は口周りを丁寧に洗いましょう。
また、食後は口周りをウエットティッシュなどで優しく拭き取ることもよいでしょう。

ただし、洗顔・拭き取りの時はゴシゴシ擦ることはいけません。
肌への刺激になりますので、優しくなでるようにしましょう。

次に、肌荒れ対策としてできることは免疫力を高めることです。
産後はホルモンバランスが崩れ、疲労も溜まるため、どうしても免疫力は低下します。

そんな状態を少しでも改善するためには、しっかりと食事を摂りましょう。
免疫力を高めるためには、体を温める食材を積極的に摂るとよいです。

具体的には根菜類、低脂肪の肉や魚、生姜やにんにくなどが体を温めてくれます。
また、黒豆茶や紅茶など体を温めてくれる飲み物もおすすめです。

他にも免疫力を高めるためには、入浴も効果的です。
シャワーよりも湯船に浸かることで体が温まるので効果があります。

しかし、産後は傷があるためや菌感染を避けるため、すぐには入浴ができません。
必ず、産後の検診で医師に許可をもらってからにしましょう。

産後は忙しくてゆっくりと入浴するのは難しいですが、できる範囲で試してみましょう。

また、肌荒れしまった口周りを早く治したい場合は、保湿油などを塗ってみましょう。
おすすめなのがワセリンや馬油です。

乾燥肌を直接治すものではありませんが、肌を保護してくれるため回復しやすいです。
乾燥肌を潤すのは化粧水なので、ワセリンや馬油を塗る前に化粧水をつけましょう。
その後、蓋をする感じでワセリンや馬油を塗ればよいのです。

ワセリンや馬油は口に入っても安全なので、使いやすいのもメリットです。
また、赤ちゃんの乾燥肌にも使えるので家に1つあると役立つのもおすすめの理由です。

あとは、サプリメントで栄養補給をすることで肌荒れの回復を早めてみましょう。
食事で栄養を摂れれば一番良いのですが、産後は忙しくて思うようにできないものです。
なので、手軽に摂れるサプリメントがおすすめなのです。

肌の修復や新陳代謝を活発にしてくれる栄養素は、ビタミンAと言われています。
ぜひ取り入れてみましょう。

また、先ほど免疫力を高めることも肌荒れ対策として重要であるとご紹介しました。
免疫力を高める栄養素は、アミノ酸、ビタミン、ミネラルと言われています。
これらも試してみてはいかがでしょうか?

最後に

産後の口周りの肌荒れの原因と対策方法を知っていただけたでしょうか?
ここで紹介した対策方法はデリケートな口周りの肌にも優しい方法ばかりです。
ぜひ試してみてくださいね!

産後の肌荒れを治したい人へ!おすすめ市販薬をご紹介!

産後の肌荒れの原因と症状は?

産後は、急激に体が変化するだけでなく、育児が始まることで生活の変化があります。
それらの変化によって体には負担がかかり、疲労やストレスも溜まってしまいます。
体の変化は体型だけでなく、ホルモンバランスの変化も起こっています。

疲労やストレス、ホルモンバランスの変化は体にさまざまな症状を引き起こします。
その1つが「肌荒れ」です。

肌荒れの症状は人それぞれですが、どんな症状でも辛いですよね。
症状には乾燥、ニキビ、湿疹、シミ、かゆみなどがあります。

これらの症状を改善しようと栄養バランスの見直しや保湿などを試す人もいるでしょう。
しかし、なかなかよくならないと感じたら、薬を試す方が多いのではないでしょうか?

ここでは、症状ごとにおすすめの市販薬をご紹介します。
産後は授乳中の方もいるので、授乳中でも安心して使える薬をご紹介しますね。

産後の肌荒れに効く市販薬は?

産後の肌荒れの症状ごとにおすすめの市販薬をご紹介します。

1. 乾燥

・ケラチナミンコーワ20%尿素配合クリーム(興和)

この薬は、手足や体の乾燥におすすめです。
尿素が、乾燥してごわついた肌も柔らかくしてくれ、肌を正常に保ってくれます。
また、体の中にある水分が飛ばないようにしてくれるので、保湿力もあります。

かなりひどい乾燥にも効果があるので、産後だけでなく冬場もおすすめです。

・薬用ユースキンS クリーム(ユースキン製薬)

うるおい成分として、しその葉エキスが配合されています。
また、無香料・無着色・弱酸性で、赤ちゃんの肌にも使えるくらい優しい薬です。
産後の敏感な肌にもおすすめです。

さらっとした使い心地で、体だけでなく、顔にも使えるのもうれしいですね。

2. ニキビ

・ペアアクネクリームW(ライオン)

ペアアクネクリームWは、大人にできるニキビにもおすすめの薬です。
大人ニキビや産後のニキビの多くは、ホルモンバランスの変化によってできます。
そんなニキビにも効果があると言われています。

このクリームでは炎症を抑え、ニキビ菌を殺菌してくれるので集中的に治療ができます。
顔だけでなく、背中や胸にできるニキビにも使用できます。

・アポスティクリーム(ゼリア新薬工業)

アポスティクリームは、炎症を抑え、殺菌効果のある成分が含まれています。
さらに、血行をよくし肌の代謝をアップさせるビタミンEも配合されています。

肌の細胞は睡眠中に生成されますが、産後は寝不足によって生成が遅れます。
そのため、肌の代謝が悪くなりがちです。
なので、肌の代謝もよくしてくれるこのクリームは産後にはおすすめなのです。

肌の代謝がよくなれば、ニキビの治りも早いでしょう。

・オロナインH軟膏(大塚製薬)

切り傷、やけど、ひびなどさまざまな肌のトラブルに使えるオロナインH軟膏。
家族みんなが使いやすいため、家にある人も多いのではないでしょうか。
そんなオロナインH軟膏は、ニキビにも効果があると言われています。

主成分には抗菌・殺菌作用があるため、ニキビの炎症を抑え、治りやすくしてくれます。
また、オリブ油やワセリンが含まれているため乾燥肌にできるニキビにおすすめです。
肌の保湿効果もあるので、産後のように乾燥しやすい肌によい薬でしょう。

3. かゆみ

・ユースキンI(ユースキン製薬)

ユースキンのシリーズのうち、かゆみ症状のためのシリーズです。
体だけでなく顔のかゆみにも塗ることができるので、おすすめです。
掻き過ぎて傷ができてしまった肌に塗ってもしみにくいので使いやすい薬です。

また、さらっとして伸びのよいクリームなので、広範囲でも素早く塗ることができます。
ユースキンIは、保湿効果もあるので乾燥肌にもおすすめです。

・キュアレアa(小林製薬)

キュアレアaは、さまざまな原因によって起こる顔のかゆみに効く薬です。
顔の中でも最もデリケートな目の周りにも使えるのがうれしい薬です。
また、赤ちゃんの肌にも使えるくらい優しい薬です。

産後は肌が敏感になっており、外気、化粧品、汗などさまざまなものが刺激となります。
キュアレアaは、それらの刺激によって起こるかゆみをすばやく抑えてくれます。
また、かゆみによって出る赤みも鎮めてくれるので、助かりますよね。

・カユピット(ロート製薬)

カユピットもまた、顔のかゆみ、目の周りのかゆみにも使える薬です。
産後の肌はバリア機能が低下した状態ですが、カユピットはそれを修復してくれるのです。

そのため、かゆみを抑えるだけでなく外部からの刺激の影響を受けにくくしてくれます。
肌のバリア機能を正常にしてくれるので、産後の肌荒れにおすすめの薬と言えます。

市販薬が効かない場合は?

ここまでは産後の肌荒れにおすすめの市販薬をご紹介しました。
しかし、これらの薬を使っても症状が改善されない場合もあります。

それは、薬が症状に合っていないか症状がひどいなどの原因が考えられます。
市販の薬を使っても肌荒れがよくならないと感じたら、皮膚科を受診してみましょう。

最後に

産後の肌荒れで薬を塗る場合は、必ず正しく使用しましょう。
間違った使用方法によって効果が出ないこともありますから。

産後の肌荒れに悩んだら、ここで紹介した薬をぜひ参考にしてみてくださいね。

産後の肌荒れに効くクリームは?おすすめ保湿クリームをご紹介!

産後の肌荒れに悩む人へ

産後の女性は体の変化や生活の変化が大きいです。
その影響で、体にはさまざまなトラブルが起こってしまいます。
中でも多くの人が経験するトラブルが「肌荒れ」です。

特に産後の肌荒れで多いのが肌の乾燥です。
また、乾燥によってニキビや湿疹もできやすい肌となっています。

肌の乾燥を感じたら、しっかりと保湿することが必要です。
保湿するためには、まずは化粧水で水分補給をしますよね。
しかし、化粧水だけでは水分は肌から逃げてしまうのです。

そのため、肌に蓋をする役割をするものが必要で、それが「保湿クリーム」です。

産後の肌荒れに悩む人は少しでも早く、なるべく手間をかけずに改善したいですよね。
そこで、ぜひ試していただきたいのが化粧水の後に保湿クリームを塗ることです。

ここでは、産後の肌荒れに悩む人におすすめの保湿クリームをいくつかご紹介します。
ぜひ参考にしてみてくださいね。

産後の肌荒れの原因と肌の状態

産後に起こる肌荒れの大きな原因は、ホルモンバランスの変化です。
ホルモンバランスの変化によって、肌は敏感肌になってしまいます。
肌が敏感になると、乾燥だけでなくニキビ、湿疹なども起こりやすくなります。

また、産後の肌荒れのもう一つの原因は育児による疲れです。
産後はすぐに赤ちゃんの夜中のお世話が始まり、寝不足状態になってしまいます。
さらに、育児は忙しいため毎日の食事やスキンケアは疎かになってしまいがちです。

寝不足や栄養バランスが偏った食生活により、体は免疫力が低下します。
それによって肌荒れも起こりやすくなってしまうのです。

また、スキンケアに時間をかけられないため、荒れた状態が続きがちにもなります。

産後におすすめの保湿クリームは?

産後の肌は敏感になっています。
敏感肌になることで、乾燥などの肌荒れが起こってしまうのです。

そのため、敏感肌にも対応した保湿クリームを選ぶようにしましょう。

具体的には、香料や保存料など肌によくない成分が入っていないものがよいでしょう。
また、塗った時に肌への刺激を抑えるため、伸びが良く、擦りすぎずに済むものです。

また、産後は乾燥肌になりがちなので保湿効果が高いものを選びましょう。
例えば、セラミドやコラーゲンなどの保湿成分が高濃度で含まれるものがおすすめです。

あとは肌荒れの症状に応じて抗炎症、美白成分など必要と思う成分が含まれるものです。

次におすすめの保湿クリームをいくつかご紹介します。

1. ディセンシア 「アヤナス AS クリーム」

敏感肌・乾燥肌向けのブランドなので安心して使える保湿クリームです。
肌のバリア機能を高めて肌荒れを改善するので、敏感肌を根本から改善してくれます。
クリームの伸びもよく、使いやすいです。

2. 小林製薬「ヒフミドエッセンスクリーム」

ヒフミドは、「セラミド」という保湿成分を補うことで肌荒れを改善してくれます。
セラミドとは、人の肌に存在している天然の保湿成分です。
また、肌のバリア機能を維持するにも必要な成分でもあります。

産後の肌はセラミドが不足して、バリア機能が低下しています。
そのため、セラミドをたっぷりと補給してくれるヒフミドはおすすめなのです。

また、ヒフミドは無香料、無着色、低刺激です。
そのため、産後の敏感なお肌の状態でも安心して使えます。

3. ロベクチン「プレミアム クリーム」

ロべクチンは安全を第一原則に研究・開発されたクリームです。
発がん物質、パラベン、人工香料、人工着色剤などが全く添加されていません。

また、塗った時のべたつきもなく塗り心地のよいクリームです。

4. キュレル「潤浸保湿フェイスクリーム」

キュレルの商品はドラッグストアで見かけたことがある人が多いのではないでしょうか。

キュレルのクリームは、肌の必須成分「セラミド」の働きを守り補ってくれます。
無香料、アルコールフリーなので、敏感肌にもぴったりです。

また、肌の弱い人が皮膚科で勧められて使い始めたという事例もあるそうです。

5. ロゼット「薬用AKマイルドクリーム」

このクリームはロゼットが、皮膚科専門医の指導の元で研究開発した商品です。
天然のセラミドが、たっぷり配合されており肌荒れに即効性があると言われています。

顔だけでなく全身にも使えるのもうれしいクリームです。

保湿クリームの使い方

ここまではおすすめの保湿クリームをご紹介しました。
次は保湿クリームの正しい使い方をご紹介します。

クリームは指先に少しずつとって、乾燥しやすい頬から塗っていきましょう。
擦りすぎないように薄く伸ばしていきます。

乾燥しやすい目や口の周りなどは、重ねづけすると効果的です。
また、脂っぽい額や鼻やあご先は、手に残ったクリームを伸ばす程度で十分です。

肌が荒れているとたくさん塗りがちになりますが、塗り過ぎはよくありません。
効果よりもベタつきの原因になってしまいます。
なので、少しずつ手に取り薄く伸ばし、足りない部分は重ね付けするようにしましょう。

最後に

いかがでしたか?
産後の肌荒れ対策は、保湿クリームを塗るだけなら手軽に試せそうですよね。
ここで紹介したおすすめの保湿クリーム・使い方で産後の肌荒れを改善してみましょうね。

産後の肌荒れを治したい!効果的な基礎化粧品をご紹介!

産後は肌荒れする人が多い!

産後の女性は体が大きく変化し、その影響で体にはさまざまなトラブルが起こります。
中でも多くの人が経験するトラブルが「肌荒れ」です。

産後に起こる肌荒れの大きな原因は、ホルモンバランスの変化です。
ホルモンバランスの変化によって、肌は敏感肌になってしまいます。
肌が敏感になると、乾燥、ニキビ、湿疹、シミと言った肌荒れも起こりやすくなります。

また、産後の肌荒れのもう一つの原因は育児による疲れです。
産後はすぐに赤ちゃんの夜中のお世話が始まり、寝不足状態になってしまいます。
さらに、育児は忙しいため毎日の食事やスキンケアは疎かになってしまいがちです。

気付かないうちに肌荒れが進み、鏡を見て荒れた肌にがっかりという人も多いはずです。
荒れた肌を治したい!と思っても忙しい産後は手間をかけたくないですよね。
そんな人のために、ここでは効果的な基礎化粧品をいくつかご紹介します。

毎日使う基礎化粧品を変えてみると効果があるかもしれません。
気になる人はぜひ参考にしてみてください。

産後の基礎化粧品はどんなものがいい?

基礎化粧品は、肌を清潔にしたり、健やかに保ったりするためのものです。
クレンジング剤、洗顔料、化粧水、乳液がそれにあたります。
また、美容クリームやパックなども基礎化粧品に含まれます。

産後は、どんな基礎化粧品がよいのでしょうか?
それを考える前に産後の肌がどんな状態なのかを知っておきましょう。

まず、言えるのが産後の肌は「敏感肌」になっているということです。
産後は、女性ホルモンの一つである「エストロゲン」の分泌が減少してしまいます。
エストロゲンは美肌を作るには欠かせないホルモンです。

産後はエストロゲンが減少することで、ホルモンバランスが崩れてしまいます。
そうなると、肌のバリア機能が急激に低下してしまいます。
バリア機能の低下は角質層が水分を十分に蓄えられない状態でもあります。

産後はホルモンバランスが崩れることで、角質層を作りだすサイクルが乱れてしまいます。
新たな角質層が作られにくく水分を蓄えられないのです。

バリア機能が低下した肌は乾燥しやすく、外部刺激に弱い状態です。
つまり、「敏感肌」ということです。

なので、産後の肌荒れに悩む人は敏感肌用の基礎化粧品がよいと言えます。

産後におすすめの基礎化粧品

産後は敏感肌用の基礎化粧品がよいと知っていただけたでしょうか?
次は、おすすめの基礎化粧品をいくつかご紹介します。

1. 小林製薬「ヒフミド」

ヒフミドは、「セラミド」という保湿成分を補うことで肌荒れを改善してくれます。
セラミドとは、人の肌に存在している天然の保湿成分です。
また、肌のバリア機能を維持するにも必要な成分でもあります。

産後の肌はセラミドが不足して、バリア機能が低下しています。
そのため、セラミドをたっぷりと補給してくれるヒフミドはおすすめなのです。

また、ヒフミドは無香料、無着色、低刺激です。
そのため、産後の敏感なお肌の状態でも安心して使えます。

2. オルビス「アクアフォース」

アクアフォースシリーズは、肌の水分量を保ってくれる効果があります。
人の肌の構成成分に似た成分によって、肌に浸透しやすいのが特徴です。
そのため、乾燥をすばやく防いでくれます。

オルビスの化粧品も無油分、無香料、無着色なので敏感な肌にはぴったりです。

3. Mediplus「メディプラスゲル」

メディプラスゲルは、化粧水・美容液・乳液・クリームが1つになったものです。
ヒアルロン酸、コラーゲン、セラミドなど美肌に必要な成分がたっぷり含まれています。
防腐剤・着色料など刺激となる成分が入っておらず、敏感肌にはよいと言えます。

こちらはオールインワン化粧品なので、忙しい産後のスキンケアにもぴったりです。

4. ディセンシア「アヤナス」

敏感肌とはどんな状態かをさまざまな視点から研究し作られた化粧品です。
敏感肌の肌荒れを改善するだけでなく、エイジングケアもできるのでおすすめです。

また、ストレスによる肌荒れにも効果があると言われています。
産後はストレスも溜まりがちなので、こちらの化粧品もおすすめと言えます。

基礎化粧品の使い方

ここまでは産後におすすめの基礎化粧品をご紹介しました。
次は正しい使い方をご紹介します。
化粧品の効果を出すには使い方も重要なので、知っておきましょう。

まず化粧水は、洗顔後にすぐにつけるようにしましょう。
洗顔後は最も肌が乾燥しやすいタイミングです。
それと、毛穴が開いているため、化粧水が浸透しやすく保湿効果が高いのです。

次に、化粧水をつける時は手で擦り込んだりしないようにしましょう。
産後の敏感な肌は思っている以上に傷つきやすいです。

正しいつけ方は、手で顔全体を覆うようにして10秒程優しく押さえるようにします。
これを2,3回繰り返し、少しずつ化粧水を肌に浸透させるようにしましょう。

また、化粧水はひと肌に温めた方がより成分が浸透しやすくなります。
手のひらに取りだしたら、少し温めてからつけるようにしましょう。

そして、化粧水をつける量は使用目安量を守りましょう。
余分につけると、水分が蒸発する時に肌に必要な水分も持って行ってしまうためです。

乳液のつけ方は、化粧水や美容液を付けた後1~2分は時間を空けましょう。
これは、しっかりと化粧水や美容液を肌に浸透させるためです。

そして、乳液は手のひらで伸ばしてからつけ、顔全体にムラなくつくようにしましょう。
また、つきにくい口元や目元はこすらないように重ね付けしましょう。

最後に

いかがでしたか?
ここで紹介したおすすめの基礎化粧品や使い方をぜひ参考にしてみてくださいね!

産後に顔のかゆみが辛い!簡単な肌荒れ対策をご紹介!

産後は肌が荒れやすい!

産後は、体に急激な変化が起こり、さまざまなトラブルが起こります。
その1つが「肌荒れ」です。
そして、産後の肌荒れは多くの人が経験すると言われています。

肌荒れは全身に起こるものですが、最も起こりやすいのが「顔」です。
顔の肌荒れの症状はさまざまですが、「かゆみ」が出ると辛いですよね。

そもそもなぜ、顔は肌荒れしやすいのでしょうか?
また、なぜかゆくなるのでしょうか?
ここでは、我慢するのが辛い「顔のかゆみ」の原因と簡単な肌荒れ対策をご紹介します。

顔が肌荒れしやすい理由

まずは顔が肌荒れしやすい理由を知りましょう。
顔と体の肌にはいくつかの違いがあります。

1つ目は、常に露出していることです。
体はいつも衣服で覆われていますが、顔は常に露出した状態です。
そのため、冷たい風、砂ほこり、紫外線などを直に受けているのです。

2つ目は、顔の肌は体の肌と比べて薄いことです。
これは、顔には生きていく上でよく動かす目、鼻、口という大切な部分があるためです。
また、泣いたり笑ったりという表情を出す繊細な動きができる必要があるためです。

肌が薄いということは、体の肌に比べてデリケートということです。

3つ目は、顔には体よりも皮脂を分泌する皮脂線が多いことです。
それは、デリケートな顔は皮脂を多く分泌することで肌を守っているためです。

このように、顔はデリケートなのに加え外気や紫外線などの刺激が多いです。
また、外部からの砂ほこりや食べ物、皮脂によっても汚れやすいです。
刺激と汚れが多いことによって、顔は肌荒れしやすいのです。

なぜ、肌荒れするとかゆくなるの?

顔が肌荒れしやすい理由はわかりましたが、なぜ肌荒れするとかゆくなるのでしょうか?

顔の肌荒れの症状には、乾燥、ニキビ、湿疹などがあります。
これらの症状にかゆみが伴うことが多いです。

まずは、乾燥した肌がかゆくなる原因をご紹介します。

乾燥した肌は、バリア機能が低下した状態です。
これは、バリア機能が働くために必要な水分が不足している状態でもあります。
水分が不足した肌は、肌を十分に保護することができなくなっているのです。

特に産後は、ホルモンバランスの変化によって肌のバリア機能が低下しやすいです。
また、産後は母乳育児や忙しさから栄養や水分が不足しがちになります。
その影響もあって肌が乾燥しやすいとも言われています。

バリア機能が低下した肌に紫外線や風が当たったりするとより強い刺激となります。
また、髪や汗が付いたり、口周りの場合は食べ物が付いても刺激となります。
これらは普段影響がなくても、乾燥しバリア機能が低下した肌はかゆみが出やすいです。

次は、ニキビができた肌がかゆくなる原因をご紹介します。

ニキビができてかゆくなる一番の原因は乾燥です。
肌が乾燥してニキビができるの?と思う人もいるかもしれません。
肌が乾燥してニキビができるのは、以下の理由からです。

肌は乾燥してしまうと、体が水分の蒸発を防ごうとします。
その結果、毛穴からの皮脂の分泌量が増えてしまいます。
そうすると、皮脂をエサとするアクネ菌が増殖し、ニキビができてしまうのです。

乾燥した肌にニキビができると、肌はバリア機能が低下しているためかゆいのです。
特に産後は栄養や水分が不足しがちで、ニキビも治りにくくかゆみも続くのです。

また、湿疹ができてかゆいのは以下の湿疹が考えられます。

1つが接触性皮膚炎です。
衣服や髪、汗などが触れることで炎症が起こるのが接触性皮膚炎です。
炎症を起こした状態が続くとかゆみが出ます。

もう1つが脂漏性皮膚炎です。
脂漏性皮膚炎とは、頭や顔など皮脂の多い部分に起きやすい炎症です。
皮脂の多い部分に常在するマラセチア真菌が増殖し活発になると、炎症が起きます。
炎症が起こると、かゆみや肌がポロポロとむけた状態になります。

顔のかゆみの対策方法は?

顔の肌荒れによってかゆみが出る原因を知ったところで、肌荒れ対策を知りましょう。

産後の肌荒れの主な原因は、ホルモンバランスの変化による肌のバリア機能の低下です。
また、栄養や水分の不足した状態も続きがちです。
そのため、自然に回復するのを待っていては時間がかかるでしょう。

そこで、忙しい産後でも簡単にできる肌荒れ対策をご紹介します。

まずは、肌への刺激を避けることです。

顔への刺激となる外気や紫外線を完全に防ぐことは難しいでしょう。
最初にできることは汗をこまめに拭くこと、髪がかかりにくくすることでしょう。

次に、洗顔時は石鹸をよく泡立てて優しく擦らないように洗うことです。
また顔を拭くときもタオルで擦らないように、水分を取り除きましょう。

また、室内の温度や湿度といった生活環境の見直しもしてみましょう。
高温多湿状態だと、汗をかいてそれが刺激となりかゆみがひどくなることもあります。
低温乾燥状態でも、肌は乾燥しやすいのでかゆみがひどくなります。

エアコンや除湿器・加湿器などを使って室内を快適にするように心がけましょう。

ここまでは簡単な肌荒れ対策をご紹介しました。
かゆみ以外にニキビ・湿疹の症状がひどいときは、これだけでは治すのは難しいです。
皮膚科に行ったり、適切な薬を塗るようにしましょう。

最後に

産後に顔が肌荒れし、かゆみが出る原因や対策方法をいくつかご紹介しました。
忙しい産後でもすぐにできることなので、ぜひ試してみてくださいね。

産後の肌荒れ症状で多い乾燥肌!カサカサ肌の対策方法は?

産後の肌荒れ症状で多いのが「乾燥肌」

産後の女性は、体や生活が急変します。
それに伴って体にはさまざまなトラブルが起こります。
産後のトラブルに多いのが「肌荒れ」で、特に多い症状が「乾燥肌」なのです。

では、産後はなぜ肌が乾燥するのでしょうか?
顔だけでなく、全身がカサカサになってしまうと気持ちも落ち込みがちになりますよね。
さらにかゆみが出て肌を掻いてしまうと、肌のカサカサがひどくなって辛いものです。

ここでは、産後の肌が乾燥する原因とその対策方法をご紹介します。
カサカサ肌を改善したい人は、ぜひ参考にしてみてください。

産後はなぜカサカサ肌になるの?

産後にカサカサ肌になってしまう原因は、いくつかあります。

1. 肌のバリア機能の低下

産後はホルモンバランスが崩れ、肌は角質層を作りだすサイクルが乱れてしまいます。
新たな角質層が作られないと、肌は水分を十分に蓄えることができません。
水分を蓄えていない肌は、どうしても乾燥しがちです。

また、紫外線・風など外的刺激にも弱く、刺激の影響でもカサカサ肌となりやすいのです。
以上のような状態はバリア機能が低下した状態とも言えます。

2. 水分不足

産後は体の水分が不足しがちになります。
それは、母乳育児や育児の忙しさが原因となっています。

母乳を出すということは、思っている以上に体内の水分が必要になります。
きちんと水分をとっているつもりでも、いつの間にか体は水分不足になっています。
そのため、普段通りの水分補給では水分不足になり肌も乾燥気味になってしまうのです。

また、育児で忙しくなると無意識のうちに水分を摂る量が減ってしまいがちです。
その結果、体の水分が不足し、肌もカサカサしやすくなってしまいます。

3. 免疫力の低下

産後は免疫力が低下すると言われています。
その理由には、育児による寝不足・疲労、母乳育児による体力消耗があります。

免疫力が低下すると、肌だって弱くなり肌のバリア機能も低下します。
そして、ちょっとした刺激で肌がカサカサするようになります。

例えば、衣服の締め付けや擦れによって肌がカサカサした状態になります。
また、洗顔や入浴での洗い方が今まで通りだったとしても、刺激になったりもします。

4. 栄養バランスの偏り

産後は忙しく、栄養バランスを考えて食事をする余裕がない人が多いです。
また、授乳によって自分に必要な栄養が不足しがちにもなってしまいます。

栄養バランスが偏った状態が続くことでも、肌荒れが起こりやすいです。
その結果、肌がカサカサになってしまうのです。

カサカサ肌の対策方法は?

カサカサ肌をどうにかしたいと思う人は多いはずです。
ここでは簡単な対策方法をいくつかご紹介します。

1. 正しい化粧水の使い方を覚えよう

カサカサ肌を治すには、まずは保湿が重要です。
保湿のためには、化粧水を使いますよね。
せっかくの化粧水も使い方が悪ければ効果が出にくいので正しい使い方を知りましょう。

まず、化粧水のつけ方は何度もパッティングしたり、手で擦り込んだりするのはNGです。
産後の肌は思っている以上にデリケートで傷つきやすいです。

正しいつけ方は、手で顔全体を覆うようにして10秒程優しく押さえるようにします。
これを2,3回繰り返し、少しずつ化粧水を肌に浸透させるようにしましょう。

また、化粧水は人肌に温めた方がより成分が浸透しやすくなります。
手のひらに取りだしたら、手の温度で少し温めてからつけてみましょう。

次に、化粧水をつける量は使用目安量を守りましょう。
余分につけると、水分が蒸発する時に肌に必要な水分も持って行ってしまうのです。
たっぷりつけた方が潤うというのは実は間違いなのです。

あとは、化粧水は洗顔後すぐにつけるようにしましょう。
洗顔後は最も肌が乾燥しやすいタイミングです。
早めに保湿して、肌の水分が逃げてしまうのを防ぎましょう。

2. 洗顔、入浴時は優しく洗おう

洗顔や入浴時に顔や体を洗うことは清潔を保つためには必要なことです。
しかし、肌を擦るために刺激となり、洗った後に肌がカサカサしてしまいます。
このような刺激を少しでも軽減して、カサカサになりにくくしましょう。

顔、体を優しく洗うためにはまずは石鹸をよく泡立てましょう。
そして、ふんわりした泡で包み込むようにして洗うとよいです。

また、体を洗う時はタオルを使う人が多いですが、デリケートな肌には刺激となります。
体もまた手で洗うのが一番なのです。
そく泡立てた石鹸を使い、手のひらでなでるように洗うのがよいです。

あとは、洗う時のお湯の温度も気をつけましょう。
入浴時は40℃以上のお湯で体や顔を洗う人も多いですが、それもまた刺激となります。
お湯の温度が高いと皮脂が落ちやすくなり、洗った後の肌がカサカサしてしまうのです。

刺激になりにくいお湯の温度は、36~38℃とされています。
寒い季節はぬるいと感じるかもしれませんが、デリケートな肌にはちょうどよいのです。

最後に

産後にカサカサ肌になる原因と対策方法を知っていただけたでしょうか?
紹介した対策方法は、すぐにできるものですし、時間もかかりません。
忙しい産後でもやりやすいものなので、ぜひ実践してみてくださいね。

産後の肌荒れに悩む人へ!改善方法をご紹介!

産後は肌荒れする人が多い

産後は体が急激に変化し、さまざまなトラブルが起こるものです。
その一つが「肌荒れ」で、経験する人も多いものです。

産後の肌荒れの症状や期間は人それぞれですが、治らないと悩みますよね。
また、荒れた肌がかゆかったり痛かったりすると我慢するのは辛いですよね。
さらに、荒れた肌を見ていると憂鬱な気分にもなっちゃいますよね。

ここでは、産後の肌荒れに悩む人のために改善方法をいくつかご紹介します。
簡単にできる方法なので、忙しい産後はおすすめですよ!

産後の肌荒れの原因は?

まずは、産後の肌荒れの原因を知りましょう。

産後の肌荒れの原因の1つは、ホルモンバランスの変化です。
約10ヵ月の妊娠期間には、妊娠を維持するためのホルモンが少しずつ増えていきます。
しかしこのホルモンは、分娩と同時に一気に減ってしまうのです。

この急激な変化によってホルモンバランスは崩れてしまいます。
ホルモンバランスが崩れると、個人差はありますが体に不調が現れます。

肌に現れる不調は、肌のバリア機能の低下から始まります。
バリア機能とは、角質層が外部刺激から肌を守り、内側の水分を保持する機能です。

肌のバリア機能が低下すると、外部刺激に敏感になってしまいます。
また、肌の水分を逃しやすくなり、乾燥しがちになってしまいます。
つまり、「敏感肌」、「乾燥肌」と呼ばれる状態になってしまうのです。

もう1つの産後の肌荒れの原因は、寝不足やストレスです。
育児が始まると、昼夜関係なく赤ちゃんのお世話が始まります。
特に産後すぐは頻繁な授乳が必要なため、寝不足が続いて疲労が溜まってしまいます。

寝不足が続くと肌が荒れるのは、なぜなのでしょうか。
それは睡眠中に脳から分泌される成長ホルモンによって、荒れた肌を修復するためです。
寝不足が続くと、この成長ホルモンが分泌されにくく、肌荒れが起こるのです。

また、産後は育児で忙しくなり、自分の思い通りにならないことが多くなります。
出産前の生活から急に忙しい生活へと変化して、自分の時間も減ってしまいます。
そのため、ストレスが溜りやすい生活が長く続きがちです。

ストレスが溜まると肌が荒れるのは、なぜなのでしょうか。
ストレスは自律神経の働きを乱し、下痢・便秘、食欲不振・過食などを引き起こすためです。
このように体の機能が正常に働いていなければ、肌にも影響が及ぶのです。

このように産後の肌荒れの原因を知ると、産後の肌荒れは仕方のないことと言えます。

産後の肌荒れの症状は?

次は、産後の肌荒れでよくある症状をご紹介します。

1つ目は乾燥です。
肌のバリア機能の低下により、肌は乾燥しやすくなります。
また、乾燥が続くとかゆみを伴うこともあります。

特に衣服の締め付けがある部位、髪が触れる部位、汗をかきやすい部位などです。
このように刺激を受けやすい部位は乾燥に加えてかゆくなりやすいです。

2つ目はニキビです。
産後の肌は、敏感肌ですから少しの雑菌でもニキビができやすいです。
また、ストレスによる便秘や過食などでもニキビができやすくなっています。

3つ目は湿疹です。
産後は、敏感肌に加えて出産によって体力を消耗するため免疫力も低下しています。
このような状態だと、普段何ともないことが刺激となって湿疹ができることがあります。

摩擦や紫外線、化粧品や化学物質、ハウスダストやダニなど何でも刺激になり得ます。
湿疹もまた、かゆみを伴うことが多く辛いものです。

産後の肌荒れの改善方法は?

産後の肌荒れの原因・症状を知ったら、改善方法を知りましょう。

産後のホルモンバランスの乱れを整えるのは生理や授乳の影響もあるため難しいでしょう。
また、睡眠時間を増やすことも、赤ちゃん優先の生活では難しいです。

そのため、産後でも手軽にできる対策方法をいくつかご紹介します。

まず1つは、水分をたくさん摂ることです。
水分を多く摂ると肌の乾燥対策、肌荒れを悪化させる「便秘」の対策にもなります。

便秘は産後のトラブルの一つですが、肌荒れとも大きく関係しているのです。
便秘になると、体内の便から有害物質やガスが発生します。
有害物質やガスが増えてくると、体はそれらを排出しようとします。

便秘により便と一緒に有害物質を排出できなければ、毛穴から排出されることになります。
毛穴から汗や皮脂と一緒に排出されるのです。
しかし、有害物質の排出が優先されてしまい、肌の汚れは排出されにくくなるのです。

その結果、肌には汚れが溜まって肌荒れが起こってしまうのです。
ですから、便秘にならないようにすることも肌荒れ対策には必要なことなのです。

次に、サプリメントで栄養補給をしましょう。
肌荒れを治すには栄養バランスのよい食事をとるべきですが、忙しいと難しいですよね。

荒れた肌を修復してくれる栄養をサプリメントで補えば時間もかかりません。
肌の修復や新陳代謝を活発にしてくれる栄養素は、ビタミンAと言われています。

また、栄養はバランスよく摂ることも大切です。
自分に不足していると思う栄養素は何かを考えて、サプリメントで補ってみましょう。

最後に

産後でも簡単にできる肌荒れの改善方法はいかがでしたか?
水分を多く摂ること、サプリメントを摂ることは時間もかからないので簡単です。
気軽に試せますから、肌荒れに悩む人はぜひやってみてくださいね!