なぜ産後は肌が乾燥するの?肌荒れ原因と対策をご紹介!

産後の肌は乾燥しがちに

産後にはさまざまな体の変化を感じるものですが、肌の変化もその一つです。
肌の変化を感じるのは、肌が荒れてしまったためという人が多いです。
それでは、なぜ産後は肌が荒れてしまうのでしょうか?

ここでは、産後の肌荒れの中でもよくある症状「乾燥」についてご紹介します。
なぜ産後は肌が乾燥しやすいのか、その対策方法を知って肌荒れを改善してみましょう!

産後に肌が荒れるのは、ホルモンバランスの変化が大きな原因と言われています。

なぜ産後は肌が乾燥しやすいの?

産後、肌が乾燥しやすい原因はいくつかあります。

1. 肌のバリア機能の低下

産後はホルモンバランスが大きく変化します。
それによって肌のバリア機能が低下するのです。

バリア機能とは、肌表面にある角質層が乾燥と外部刺激から肌を守る役割のことです。
角質層は、水分を十分に蓄えることでこの役割を果たしています。

ホルモンバランスが崩れると、この角質層を作りだすサイクルが乱れてしまいます。
そして新たな角質層が作られず、バリア機能が低下してしまうのです。

バリア機能が低下した肌は、皮膚を守ってくる皮脂膜が不十分な状態です。
そのため、外的刺激を受けやすく肌が乾燥してしまうのです。

2. 免疫力の低下

産後は免疫力が低下すると言われています。
その理由には、育児による寝不足・疲労、母乳育児による体力消耗があります。

免疫力が低下すると、肌だって弱くなり肌のバリア機能も低下します。
その結果、肌が乾燥しやすくなってしまいます。

3. 体の水分不足

母乳育児は、思っている以上に体内の水分が母乳に使われることになります。
きちんと水分をとっているつもりでも、体は水分不足になりやすい状態です。
そのため、普段通りの水分補給では水分不足になり肌も乾燥気味になってしまうのです。

また、育児で忙しくなると無意識のうちに水分を摂る量が減ってしまいがちです。
その結果、体の水分が不足し、肌も乾燥しやすくなってしまいます。

産後の乾燥肌の対策方法は?

産後に起こる肌の乾燥の原因を知ったところで、対策をしてみましょう。

1. 水分をたくさん摂ろう

水分を多く摂るほどよいというわけではなく、1日1.5~2Lを目安に摂るとよいです。
また、水分補給は温かい飲み物の方がよいでしょう。
冷たい飲み物は体を冷やし、利尿作用が出てしまうためです。

さらに、温かい飲み物は血行もよくしてくれます。
血行がよくなれば栄養や水分が体全体に行きわたり、乾燥肌も改善されやすくなります。

2. サプリメントで栄養補給をしよう

本来なら、栄養バランスのよい食事や休養をとることで免疫力を高めることが可能です。
しかし、産後は忙しくて食事の栄養が偏り、寝不足になりがちでそれは難しいです。

そのため、サプリメントを利用することがおすすめです。
例えば、肌の修復や新陳代謝を活発にしてくれるのはビタミンAです。
他にもセラミド、ヒアルロン酸などの美容成分を摂れるサプリメントもあります。

ぜひ取り入れてみましょう。

3. 毎日の洗顔の方法も気を付けてみよう

多くの人は、朝晩2回の洗顔を行うと思いますが、朝の洗顔方法を変えてみましょう。
水、またはぬるま湯ですすぐ程度にするのです。

乾燥がひどい肌の場合、洗顔剤を使うと必要な皮脂まで洗い落とすことになるのです。
就寝中の汗などの汚れであれば、水やぬるま湯でも十分落ちるので安心してください。

また、洗う時はゴシゴシと擦るのはNG です。
摩擦が刺激となって、ますます乾燥しやすい肌になってしまいます。
自分の肌はデリケートなのだと意識しながら優しく洗いましょう。

そして、洗顔後はすぐに化粧水をつけて保湿をしましょう。
洗顔後は最も肌が乾燥しやすいタイミングです。
それと、毛穴が開いているため、化粧水が浸透しやすく保湿効果が高いのです。

また、化粧水をつける量は使用目安量を守りましょう。
余分につけると、水分が蒸発する時に肌に必要な水分も持って行ってしまうのです。
たっぷりつけた方が潤うというのは間違いです。

4. 化粧水選びも気にしよう

乾燥が気になる場合は保湿効果のある成分が入った化粧水を選びましょう。
保湿効果がある成分はヒアルロン酸、コラーゲン、アミノ酸、セラミドなどがあります。

特にヒアルロン酸は、もともと人の体にも存在する成分なので敏感肌にはよいでしょう。
また、セラミドはバリア機能を高める効果が高いので産後の肌荒れにはおすすめです。

5. 漢方薬を取り入れてみよう

産後の乾燥肌の大きな原因は、肌のバリア機能の低下です。
また、乾燥肌は血行が悪いことも原因として考えられます。
血行が悪いと、肌に水分や栄養が行き届かないために乾燥が起こるのです。

乾燥肌に効く漢方薬は、血行を良くすることで効果を発揮してくれます。
例えば、「当帰芍薬散」、「四物湯」という漢方薬がおすすめです。
四物湯は乾燥による肌荒れや、乾燥が目立つ皮膚炎の治療にもよく用いられています。

最後に

産後に肌が乾燥してしまう原因を知ると、誰にでも起こりうることだとわかります。
乾燥肌の対策方法はたくさんありますから、自分に合った方法を見つけて試してみましょう。
もしも、産後に肌の乾燥が気になった時は参考にしてみてくださいね。

オーガニック化粧品は産後の肌荒れに効くの?その効果をご紹介!

産後の肌は敏感肌

産後の女性の多くが経験するのが「肌荒れ」です。
産後の肌荒れの原因は、ホルモンバランスの変化、免疫力の低下などがあります。

このようなことが原因で起こる肌荒れは、「敏感肌」になっていることが多いです。
そんな敏感肌にどんな化粧水・化粧品を使おう?と悩む人も多いでしょう。
そして、少しでも肌に優しいものを使いたい!と思いますよね。

「無添加」や「オーガニック」と聞けば、肌に優しいとイメージする人が多いはずです。
しかし、具体的にどんなもの?と知らない人もいるでしょう。

ここでは、「オーガニック化粧品」の特徴、そのメリット・デメリットをご紹介します。
また、産後の肌荒れには効果があるのかどうかもご紹介します。

オーガニック化粧品とは?

オーガニック化粧品とは、有機素材を原料として作られた化粧品です。
有機素材は、農薬や肥料に化学合成成分を一切使わずに栽培されたものです。

また、石油系化学成分を含まないのも特徴で、肌への刺激が少ないと言われています。
そして、素材の持つ効能が肌の自然治癒力を高めてくれるというのも特徴です。

オーガニック化粧品と間違いやすいのが無添加化粧品ですが、全く別のものです。
無添加化粧品とは、アレルギーを引き起こす危険性のある成分を除いた化粧品です。

また、自然派化粧品というものもありますがこれも別のものです。
自然派化粧品は、植物などの天然のエキスが含まれている化粧品です。
化学成分が全く使われていないというわけではありません。

混同しやすいですが、これらの違いを知っておきましょう。

オーガニック化粧品のメリット

オーガニック化粧品の一番のメリットは、自然由来成分のため低刺激である点です。
また、肌本来の自然治癒力を高めてくれるため、長い目で見ると肌に優しいと言えます。

また、自然由来成分なので赤ちゃんにも優しいものです。
産後は赤ちゃんに触れることが多いので、安心して使えるのもメリットの一つです。

さらに、洗い落しやすいこともメリットの一つです。
化学成分を含む化粧品の多くは、汗をかいても崩れにくいことが売りです。
しかし、そのような化粧品はクレンジング剤を使わないと落ちません。

なかなか汚れが落ちない場合は、肌荒れの原因にもなってしまいます。
一方、オーガニック化粧品は強力なクレンジング剤がなくても洗い落とせます。
そのため、肌荒れの原因となる成分が残りにくく肌への負担も軽いと言えます。

オーガニック化粧品のデメリット

オーガニック化粧品にはデメリットもあります。

一つ目は、アレルギー反応を起こす場合があることです。
オーガニック化粧品の主な成分は、天然の植物エキスとなります。
そのため、それらの植物のアレルギーがある人は注意が必要です。

なので、オーガニック化粧品を購入する前にサンプルがあれば試すことをお勧めします。
サンプルがなければ、できるだけ小さいサイズのものから試すようにしましょう。

二つ目は、即効性は期待できない点です。
オーガニック化粧品は、肌荒れを根本から治すというわけではありません。
肌本来の自然治癒力を高め、ゆっくりと肌の状態を良くしていくものなのです。

そのため、少しでも早く肌荒れを改善したいという人には不向きでしょう。
肌荒れを早く治したい人は薬用成分の入った化粧品などを選んだ方がよいと言えます。

オーガニック化粧品は産後の肌荒れに効くの?

オーガニック化粧品について知ったところで、産後の肌荒れへの効果を知りましょう。
産後の肌荒れには、乾燥、ニキビ、湿疹などがありますが効果が気になりますよね。
産後の肌荒れには本当に効くのでしょうか?

1. 乾燥肌

産後に肌が乾燥するのは、肌のバリア機能が低下するためです。
バリア機能が低下した肌は、外部の刺激を受けて乾燥してしまうのです。

バリア機能は、肌の角質層に水分を溜めこむことで働いています。
そのため、化粧水などで保湿をすることでその機能を高めることができます。

乾燥肌にオーガニック化粧品を使うと、すぐに保湿されたと感じにくいかもしれません。
また、より乾燥がひどくなったと感じることもあるかもしれません。

しかし、肌のバリア機能が自然治癒するのを待って2,3ヵ月ほど使い続けてみましょう。
そうすると乾燥肌が改善していくかもしれません。

2. ニキビ・湿疹

産後のニキビ・湿疹がひどい場合は、オーガニック化粧品での改善は難しいと言えます。
まずは、薬を使った治療をしましょう。
症状がある程度治まったところでオーガニック化粧品を試すとよいでしょう。

オーガニック化粧品を使っても最初はニキビ・湿疹の改善は見られないことが多いです。
この場合も2,3ヵ月ほど使い続けてみるとよいでしょう。
使い続けると肌の自然治癒力・再生力が高まり、効果を感じられるかもしれません。

最後に

産後の肌荒れへのオーガニック化粧品の効果の感じ方は、人それぞれです。
即効性を求める人には、効果的とは感じないでしょう。
また、ひどい肌荒れにはなかなか効果が出にくいかもしれません。

そのため、オーガニック化粧品のメリット・デメリットを知った上で、試すことをお勧めします。
肌本来の自然治癒力が高まることを期待する人は、ぜひ試してみてくださいね。

肌に優しいオルビス化粧品!産後の肌荒れに効果があるの?

産後は肌が「敏感肌」になりやすい!

女性の多くが産後に肌荒れを経験します。
産後はホルモンバランスの変化、育児の疲れから肌荒れが起こりやすいです。

多くの人の産後の肌荒れは、「敏感肌」になることから起こると言われています。
産後はホルモンバランスの変化によってどうしても敏感肌になってしまうのです。
それは、肌のバリア機能の低下、免疫力の低下が起こるためです。

このような変化によって、今まで使っていた化粧品が合わなくなることもよくあります。
荒れた肌のケアをしたいけど、化粧水でヒリヒリすると困りますよね。
荒れた肌には、少しでも肌に優しい化粧品を使いたいと思う人も多いはずです。

そして、そんな時は化粧品を変えてみようかな?と検討する人もいるでしょう。

ここでは、肌に優しいと言われる「オルビス化粧品」についてご紹介します。
オルビス化粧品が産後の肌荒れに効果があるのか?気になる人はご覧ください。

オルビス化粧品ってどんなもの?

オルビス化粧品の一番の特徴は、油分を一切使わない商品であることです。

本来、肌が必要としているのは油分ではなく、水分という考えなのです。
また、油分には潤いの蒸発を防ぐ役割はあっても油分そのものは潤いにはなりません。
不必要な油分は、肌トラブルの原因にもなるとも考えています。

また、オルビス化粧品は無香料、無着色で安心・安全を追求した商品です。
敏感肌のための商品なので、原料の検査から発売前までに厳しい検査を受けています。
肌に優しい化粧品と言われるだけあって徹底して作られているのです。

オルビス化粧品は産後の肌荒れに効果があるの?

オルビスの化粧品は、その特徴から敏感な肌に適していると言えます。
これは産後の肌荒れにはどのように効果があるのでしょうか?

オルビス化粧品は、シリーズがいくつかあります。
そのシリーズは肌荒れや肌の悩みなど症状ごとに選ぶことができます。

まず、乾燥肌に悩む人に向けたスキンケア用品があります。
これは、肌の表面にある角層に水分を蓄えやすくしてくれる成分が含まれています。
肌の水分量が保たれるため、一日中すべすべした状態を実感できるのです。

産後の肌は、ホルモンバランスの乱れから角層の形成もうまくいきません。
そのため、バリア機能が低下して乾燥しやすいのです。

バリア機能とは、肌表面にある角層が乾燥と外部刺激から肌を守る役割のことです。
角層は、水分を十分に蓄えることでバリア機能の役割を果たしています。
オルビスのケア用品を使えば、バリア機能を高めて乾燥肌を改善してくれるでしょう。

次に、ニキビに悩む人に向けたスキンケア用品についてご紹介します。
産後のニキビの原因は、肌のバリア機能低下や水分不足による乾燥があります。
オルビスのニキビ用のケア用品は、それらに効く成分が含まれています。

また、ニキビの悪化を防ぐ薬用成分も含まれていることもこのシリーズの特徴です。
産後のニキビの原因を考えると、悩みにぴったり合うケア用品と言えるでしょう。

次に、シミに悩む人に向けたスキンケア用品についてご紹介します。
産後のシミの原因の一つは、肌のバリア機能が低下することです。
バリア機能は、ホルモンバランスの変化だけではなく加齢によっても低下します。

バリア機能が低下すると、シミの原因となるメラニンが生成されやすくなるのです。
また、紫外線などの外的刺激を受けやすくなり、シミができやすくなります。

オルビスのケア用品はバリア機能を高め、メラニン生成を抑えてくれる作用があります。
また、外的刺激からも守ってくれる作用があります。

そのため、産後のシミにもオルビスのケア用品は効果があると言えるでしょう。

オルビス化粧品の選び方に迷ったら?

産後の肌荒れの原因を考えると、オルビス化粧品は効果的だと言えるでしょう。
しかし、実際に使おうと思っても効果がなかったら?と不安に思う人もいるはずです。
そんな時は、トライアルセットを使うことがおすすめです。

オルビスのトライアルセットは、各シリーズを1~3週間試すことが可能です。
洗顔、化粧水、保湿液を低価格で試せるのはうれしいですよね。
試してみて効果を感じられれば、今後も安心して使えるのでぜひ試してみましょう。

また、肌荒れの症状や肌の悩みが複数ある人は多いです。
そのため、どのシリーズが自分に合っているかわからないという人も多いです。

そんな時はオルビスのウェブサイトでスキンチェックをしてみましょう。
18個の質問に答えることで、肌質をチェックすることができます。
このチェックでは、細かく肌の状態を教えてくれるのでおすすめですよ。

また、肌質だけでなくおすすめのスキンケアシリーズやケア方法を紹介してくれます。
自分の肌質がわかってから、トライアルセットを試してみるのもよいでしょう。

さらに、オルビスは実際に購入した後も安心なのが30日以内なら返品可能な点です。
もちろん開封後でも大丈夫です。

肌荒れで悩んでいて購入したのに、効果が感じられないとがっかりしますよね。
なので、このような制度があれば気軽に試すことができるので魅力的です。

最後に

肌に優しいと言われるオルビス化粧品、産後の肌荒れに効果がありそうですね!
気になった人はぜひ試してみてくださいね。

産後におでこが肌荒れするのはなぜ?原因と対策方法をご紹介!

産後のおでこの肌荒れはなぜ起こるの?

産後に肌荒れを経験する女性は多いですが、部位、症状は人それぞれです。
ここでは、おでこが肌荒れした時の原因と対策方法についてご紹介します。

まずは、おでこの肌荒れがなぜ起こるのかを知りましょう。

おでこは顔の部位の中でも荒れやすい場所の一つです。
理由の一つは、前髪がかかる部位だからです。
では、前髪がかかるとなぜ肌荒れが起きやすいのでしょうか?

産後の肌荒れが起こる原因は、肌のバリア機能の低下です。
バリア機能とは、肌表面にある角質層が乾燥と外部刺激から肌を守る役割のことです。
角質層は、水分を十分に蓄えることでこの役割を果たしています。

産後はホルモンバランスが崩れ、この角質層を作りだすサイクルが乱れてしまいます。
そして新たな角質層が作られず、バリア機能が低下してしまうのです。

バリア機能が低下した肌は「敏感肌」と言われる状態になっています。
敏感肌は少しの刺激でも荒れやすいので、辛いものです。

おでこが敏感肌になってしまった場合は、前髪が触れるだけでも刺激となります。
前髪の先は尖っているため、触れると刺激となりやすいのです。
また、髪には雑菌が付いていることもありますから、それが刺激となることもあります。

このような理由から、前髪がかかるおでこは肌荒れが起こりやすいのです。

おでこが肌荒れしやすいもう一つの理由は、皮脂の分泌が多いことです。
特に産後は、ホルモンバランスが崩れて皮脂の分泌がうまくいかなくなりやすいです。
その結果、過剰な皮脂によってニキビなどの肌荒れが起こってしまうのです。

おでこの肌荒れの症状は?

ここまでは、なぜ産後におでこの肌荒れが起こるのかをご紹介しました。
次は具体的にどのような症状があるのかをご紹介します。

おでこには前髪による刺激がありますが、触れることによる刺激だけではありません。
汗をかいて乾きにくいこと、ワックスなどの整髪料が付くことも刺激となっています。

これらの刺激があると、おでこにはニキビ、湿疹ができるようになります。
また、かゆみを伴うこともあります。
さらに前髪の影響が続くと、おでこの肌荒れはなかなかよくならないでしょう。

おでこの皮脂が過剰になることで起こる肌荒れの症状は次のようなものです。

おでこの皮脂が過剰になると、皮脂で毛穴が詰まってしまいます。
そして、そこに雑菌も一緒に詰まってしまうと、炎症を起こしてニキビとなるのです。

また、皮脂の分泌が多くなると、脂漏性湿疹という湿疹ができることもあります。
これは、人の肌に常在するマラセチアという菌が繁殖して起こる湿疹です。
マラセチアは皮脂を好物としているため、繁殖しやすいのです。

おでこの肌荒れの対策方法は?

おでこの肌荒れの原因と症状を知ったところで、対策方法を知りましょう。

産後のおでこの肌荒れの大きな原因は、ホルモンバランスの崩れです。
それによって敏感肌、脂性肌になって、肌荒れが起こるのです。

このような肌荒れを治すには、ホルモンバランスを整えればよいのでしょうか?
それも必要なことですが、産後のホルモンバランスの崩れはそう簡単には整いません。

そこで、生活習慣やお手入れで肌荒れ対策をしてみましょう。

まずは、おでこを清潔に保つようにしましょう。
洗顔はもちろんですが、汗をかいたらこまめにふき取ることも大切です。

また、肌が荒れてしまった場合、患部が気になりますよね。
しかし、なるべく触らないようにしましょう。
手に付いた雑菌によって肌荒れが悪化しやすくなります。

そしてかゆみが出た時は掻いてしまうと悪化するので、掻かないようにしましょう。

肌を清潔に保つために洗顔の方法にも気を付けてみましょう。
まずは、洗顔前に手をきれいに洗います。
次に水で汚れや汗をある程度洗い落します。

それから洗顔フォームをしっかりと泡立てて、泡を転がすように優しく洗います。
産後の肌は特に敏感な状態なので、洗顔時には擦らないようにしましょう。

次にぬるま湯で泡をしっかりとすすぎましょう。
特におでこの髪の生え際は、泡が残りやすい箇所です。
泡が残ったままだと、それによって肌荒れが起こってしまうので気をつけましょう。

洗顔後にタオルで顔を拭くときも擦らず優しく水分を拭き取りましょう。
その時に使うタオルも清潔なものを使うようにしましょう。

おでこを清潔に保つ以外の対策方法の一つは、水分をたくさん摂ることです。
水分を多く摂ることで血液がサラサラになります。

血液の粘度が下がれば、肌にきちんと栄養が届き、肌荒れが改善されやすいです。
また、代謝が上がって老廃物が汗や尿などで体外に排出されやすくなります。
肌に汚れが溜まりにくければ、肌荒れも改善するでしょう。

もう一つは、サプリメントで栄養補給をすることです。
肌荒れ改善には栄養バランスのよい食事が必要ですが、産後のように忙しいと困難です。

荒れた肌を修復してくれる栄養をサプリメントで補えば時間もかかりません。
肌の修復や新陳代謝を活発にしてくれる栄養素は、ビタミンAと言われています。
ぜひ取り入れてみましょう。

最後に

産後のおでこに起こった肌荒れの原因と対策方法を知っていただけたでしょうか?
対策方法は毎日の積み重ねが必要ですが、ぜひ試してみてくださいね!

産後の肌荒れには馬油が効くの?使い方と効果をご紹介!

産後の肌はデリケート

産後の女性はホルモンバランスが変化したり、免疫力が低下したりしてしまいます。
そのため、産後の体、肌はデリケートなのです。

デリケートな状態になった肌は、肌荒れが起こりやすいものです。
肌荒れが起これば、保湿クリーム、オイル、化粧水、薬などを検討する人が多いです。

しかし、肌荒れを改善したい反面、敏感な肌に何かを塗るのは心配な人も多いでしょう。
そのような場合は、できるだけ肌に優しいものがいいですよね。

肌に優しいケア用品の一つには「馬油」があります。
「馬油」を聞いたことがあるけど、産後の肌荒れに本当に効くの?
そのように疑問に思う人も多いでしょう。

ここでは産後の肌荒れに馬油が効くのかどうか、効果的な使い方をご紹介します。

馬油とは?

まずは馬油とはどんなものなのかを知りましょう。

馬油とは、馬のたてがみや尾の基部から抽出した油脂です。
馬油は動物性油脂ですが、不飽和脂肪酸を豊富に含んでいます。
この不飽和脂肪酸の割合が人の皮脂と近く、人の肌に浸透しやすいと言われています。

また、馬油は天然成分であるため、肌に優しく、敏感肌にもぴったりなのです。
馬油は昔から皮膚治療、美容に効果があるとされ、使われてきました。
薬局などでも購入でき、すぐに手に入るのもうれしいですよね。

産後の肌荒れに馬油は効くの?

産後の肌荒れの症状はさまざまです。
ここでは、肌荒れの症状ごとに馬油の効果についてご紹介します。

1. 乾燥肌

産後、乾燥肌に悩む人が多いですが、その主な原因は肌のバリア機能の低下です。

バリア機能とは、肌表面にある角質層が乾燥と外部刺激から肌を守る役割のことです。
角質層は、水分を十分に蓄えることでこの役割を果たしています。

産後はホルモンバランスが崩れ、この角質層を作りだすサイクルが乱れてしまいます。
そして新たな角質層が作られず、バリア機能が低下してしまうのです。

バリア機能が低下した肌に馬油を塗るとどうなるのかをご紹介します。
馬油は肌にしっかりと浸透し、水分を保持するための基盤を作ってくれます。
そして、肌の表面でバリア機能をつくる役割も果たしてくれると言われています。

それは馬油の成分が人の肌に近く、浸透しやすいという特性があるためなのです。

そのため、肌に馬油を塗ればバリア機能を高め、乾燥を防いでくれると言えます。

2. ニキビ・湿疹

産後にはニキビや湿疹に悩まされる人もいますが、馬油は効くのでしょうか?

ニキビや湿疹の原因が乾燥であれば効果があると言えます。
産後はホルモンバランスの変化により、皮脂の分泌がうまくいかないことが多いです。
その結果、肌が乾燥してニキビや湿疹ができることがあるのです。

このような肌に馬油を塗ると、保湿と炎症を抑えてくれる効果があります。
それは、馬油に含まれるα-リノレン酸という成分に抗炎症作用があるためです。

一方で、産後に皮脂の分泌がうまくいかず、脂性肌になってしまう人もいます。
それによってニキビや湿疹ができることもあるのです。

このような肌に馬油を塗ると、肌の油分が過剰になってしまいます。
過剰な油分があると、ニキビの原因菌がそれをエサにしてさらに繁殖してしまうのです。

よって、ニキビや湿疹の原因が脂性肌の場合は馬油を塗っても効果がないと言えます。

3. シミ

シミもまた、産後の肌荒れの症状の一つです。
このような症状にも馬油は効くのでしょうか?

産後のシミの原因の一つは、肌のバリア機能の低下です。
バリア機能が低下した肌は、紫外線などの刺激を受けると炎症を起こしやすいためです。
肌が炎症を起こした結果、シミとなって残ってしまうのです。

また、血行が悪くなることで肌の新陳代謝が低下することも原因としてあります。
肌の新陳代謝が低下すれば、メラニン色素が肌の奥に残ったままになるのです。
メラニン色素が残った状態が続くと、肌に沈着してシミとなってしまいます。

そのようにできたシミには馬油は効果があるのでしょうか?
ここで注目するのが、馬油の血行促進作用です。

馬油は人の皮脂に近いので、肌に素早く馴染んで深く浸透してくれます。
その結果、皮下組織を刺激して保湿性を高め、血行促進効果が出るのです。

血行が良くなれば新陳代謝も上がるため、メラニン色素が垢と一緒に排出されます。
そして、シミが薄くなってくれるのです。

馬油の効果的な使い方

産後のさまざまな肌荒れの症状に馬油は効果があることを知っていただけたでしょうか?
次は馬油の効果的な使い方を知りましょう。

まず、乾燥対策については馬油を塗るだけではいけません。
馬油は肌に浸透して水分保持の基盤を作ってくれますが、水分は補えません。

そのため、馬油を肌に付けた後に化粧水で水分補給をしてあげましょう。

ニキビに対して馬油を塗る場合は、塗り過ぎには注意が必要です。
塗り過ぎれば余分な油分が毛穴に詰まり、ニキビを悪化させてしまうこともあります。
まずは1,2滴だけ塗ってみてたりないようなら少しずつ足して塗るようにしましょう。

また、脂性の肌の場合は、馬油でニキビが悪化しやすいです。
使う前は自分の肌質もチェックしてから使う方がよいでしょう。

シミに対して馬油を使う場合は、効果を実感するには時間がかかるかもしれません。
即効性を感じにくいものなので、根気強く馬油を塗るようにしましょう。
馬油を塗る時は気になる個所をマッサージしながら塗るとよいでしょう。

また、シミがすぐに薄くならなくても、まずは顔色がよくなるでしょう。
肌のトーンが明るくなる効果も期待できますよ。

そして、どの症状にも共通して言えるのが、洗顔・入浴後の肌に馬油を塗ることです。
肌が清潔な状態でないと、馬油と一緒に細菌も肌に浸透してしまうからです。
また、顔・体の水分が蒸発してしまわないうちに、早めに馬油を塗って保湿をしましょう。

最後に

産後の肌荒れには馬油が効果的であることを知っていただけたでしょうか?
人によっては合わないことや付け心地が気に入らない場合もあるかもしれません。
しかし、馬油の効果が気になる方は、ぜひ馬油を試して肌荒れ対策をしてみてくださいね。

一年間続いている産後の肌荒れが辛い!原因と対策は?

長引く産後の肌荒れは辛い!

産後に肌荒れを経験する女性は多いです。
肌荒れの原因や症状は人それぞれですが、長引くと辛いですよね。
そして、意外にも産後の肌荒れが一年間、またはそれ以上続いている人は多いのです。

なぜ、産後の肌荒れは一年間、またはそれ以上続くのでしょうか?
ここではその原因と少しでも症状を軽減するための対策方法をご紹介します。

なぜ、産後の肌荒れは長引くの?

産後の肌荒れが長引く原因はいくつかあります。

1. ホルモンバランスが崩れた状態が続いているため

産後は、妊娠状態を維持していたホルモンが急減します。
すると、ホルモンバランスが崩れてしまうのです。

産後に崩れたホルモンバランスは、数カ月で自然に安定してくるとされています。
しかし、多くの人は産後の寝不足やストレスが影響し、なかなか安定しないのです。

では寝不足やストレスがあるとホルモンバランスが整わないのは、なぜなのでしょうか?
それは寝不足・ストレスが脳の働きを妨げるからです。

ホルモンは、脳からの指令で分泌されるものです。
寝不足やストレスで脳は働きが妨げられると、適切な分泌の指示が出せなくなります。
その結果、ホルモンバランスがなかなか整わなくなるのです。

また、ホルモンバランスが崩れていると、自律神経にも影響が出ます。
自律神経とは意志と無関係に作用する神経で、乱れが生じると心や体に不調が現れます。

体に現れる症状には、めまい、偏頭痛、不眠、便秘、 下痢、耳鳴りなどがあります。
特に便秘は、肌荒れに影響すると言われています。

便秘になると、体内の便から発生した有害物質やガスが優先的に毛穴から排出されます。
そして本来、肌自体の汚れを排出する毛穴が汚れを排出できなくなるのです。
その結果、肌には汚れが溜まって肌荒れが起こってしまうのです。

自律神経は一度乱れると整うのに時間がかかるため、肌荒れも長く続くのです。

2. 免疫力が低下した状態が続いているため

産後は免疫力が低下すると言われています。
その理由には、育児による寝不足・疲労、母乳育児による体力消耗があります。

免疫力が低下すると、ちょっとしたことで肌荒れが起こりやすくなります。
妊娠前は何ともなかった刺激、生活習慣も産後の肌には影響が出てしまうのです。

育児による寝不足や体力の消耗は、産後しばらくは続きます。
赤ちゃんの状態や家族の協力の有無によって個人差はありますが、長期にわたります。

長期間、免疫力が低下した状態が続くと、肌荒れも長引くことになってしまうのです。

3. 水分が不足した状態が続いているため

母乳育児は、思っている以上に体内の水分が母乳に使われることになります。
きちんと水分をとっているつもりでも、体は水分不足になりやすい状態です。
そのため、普段通りの水分補給では水分不足になり肌も乾燥気味になってしまうのです。

母乳を与える期間や回数は人それぞれですが、一年間、それ以上の人も多いです。
その期間は肌の水分も不足しやすいため、肌荒れ長引いてしまうのです。

長引く肌荒れの対策方法は?

肌荒れが長引くと不安ですし、荒れた肌を見続けるのは憂鬱ですよね。
そこで、少しでも肌荒れの症状を軽減する方法を知り、対策をしてみましょう。

まずは水分をたくさん摂りましょう。
水分を多く摂ることで、肌の乾燥を防げるだけでなく、便秘の対策にもなります。
ホルモンバランスが崩れて起こる便秘も、水分を多く摂れば改善する可能性があります。

次に、サプリメントで栄養補給をしましょう。
栄養バランスのよい食事をとることで免疫力を高めることが可能です。
しかし、産後は育児で忙しく、バランスを考えて食事を摂る余裕がない人が多いです。

そのため、サプリメントを利用することがおすすめです。
ただ、どんなサプリメントを飲めばよいかは悩みますよね。

食生活は人それぞれなので、自分に不足していると思う栄養を摂ればよいと言えます。
おすすめは免疫力を高めてくれるだけでなく、肌荒れにも効果があるビタミン類です。
     

特に、肌の修復や新陳代謝を活発にしてくれる栄養素は、ビタミンAと言われています。
ぜひ取り入れてみましょう。

また、漢方薬も産後の長引く肌荒れに効果があると言えます。
肌荒れの症状によって効果のある漢方薬は異なりますが、いくつかご紹介します。

ホルモンバランスを整え、血行を良くすることで肌荒れを改善する漢方薬は次のものです。
「当帰芍薬散」や「加味逍遙散」です。
これらは乾燥肌やシミ・そばかすに効果があると言われています。

ホルモンバランスを整え、免疫力を高めてくれる漢方薬は次のものです。
「?帰調血飲第一加減」や「抑肝散加陳皮半夏」です。
これらは、産後の弱った体を回復してくれ、湿疹やニキビの回復も助けてくれます。

漢方薬は自分で選択するのは難しいと感じる場合は、皮膚科で相談してみましょう。
肌荒れの症状とともに効果がある漢方薬も紹介してもらいましょう。

最後に

産後の肌荒れが一年も続くと不安ですが、ここで紹介した対策方法を試してみましょう。
なかなか治らなくとも少しでも症状が軽減すれば、気持ちが楽になるはずです。
不安な気持ちを解消して育児を楽しめるようにしましょうね。

産後の肌荒れはいつからいつまで続くの?乗り切る方法をご紹介!

産後の肌荒れが心配!

出産を無事に終えて、赤ちゃんとの生活が始まると幸せいっぱいですよね。
しかし、産後の体は急激な変化によって起こるトラブルが多いのです。
その一つが「肌荒れ」です。

産後に始まった肌荒れに戸惑ったり、心配になったりする人は多いものです。
荒れた肌がかゆかったり痛かったりすると我慢するのは辛いですよね。
また、荒れた肌を見ていると憂鬱にもなりますよね。

そして、そんな肌荒れがいつまで続くの?と思うと不安になるでしょう。
ここでは、産後の肌荒れはいつからいつまで続くのかをご紹介します。
また、辛い肌荒れの期間を乗り切る方法を知りましょう。

産後の肌荒れはいつから起こる?

産後の肌荒れはいつから起こるものかを知るために、肌荒れの原因も知りましょう。

産後の肌荒れの原因の1つは、ホルモンバランスの変化です。
約10ヵ月の妊娠期間には、妊娠を維持するためのホルモンが少しずつ増えていきます。
しかしこのホルモンは、分娩と同時に一気に減ってしまうのです。

この急激な変化によってホルモンバランスは崩れてしまいます。
ホルモンバランスが崩れてからは、個人差はありますが体に不調が現れ始めます。
早い人だと分娩後すぐですし、数日経ってからの人もいるようです。

また、肌が荒れるタイミングも人それぞれです。
早い人だと出産当日で、体の不調がしばらく続いてから肌が荒れ始める人もいます。

もう1つの産後の肌荒れの原因は、寝不足やストレスです。
育児が始まると、昼夜関係なく赤ちゃんのお世話が始まります。
特に産後すぐは頻繁な授乳が必要なため、寝不足が続いて疲労が溜まってしまいます。

なぜ、寝不足が続くと肌が荒れるのかは次の理由からです。
人は睡眠中に脳から分泌される成長ホルモンによって、荒れた肌を修復するためです。
寝不足が続くと、この成長ホルモンが分泌されにくく、肌荒れが起こるのです。

また、産後は育児で忙しくなり、自分の思い通りにならないことが多くなります。
出産前の生活から急に忙しい生活へと変化して、自分の時間も減ってしまいます。
そのため、ストレスが溜りやすい生活が長く続きがちです。

なぜ、ストレスが溜まると肌が荒れるのかは次の理由からです。
ストレスは自律神経の働きを乱し、下痢・便秘、食欲不振・過食などを引き起こすためです。
このように体の機能が正常に働いていなければ、肌にも影響が及ぶのです。

どうしても産後は長期的な寝不足、ストレスが付き物です。
これらが原因で起こる肌荒れはいつから起こるものなのでしょうか?

寝不足やストレスに耐えるための体力は人によるので、肌が荒れる時期も異なります。
1日眠れないだけでも肌が荒れる人もいますし、数ヵ月経って影響が出る人もいます。

産後の肌荒れはいつまで続く?

ここまでご紹介した原因で起こる肌荒れは、いつまで続くのでしょうか?

まず、ホルモンバランスの変化による肌荒れは、バランスが整えばよくなるはずです。
ホルモンバランスはいつ整うのか、それも個人差があります。

ホルモンバランスが整うのは、平均的には産後1年とも言われます。
また、月経が再開したとき、または卒乳したときなどが整うタイミングとも言われます。
月経再開や卒乳することで、妊娠前のホルモンバランスに戻ることができるためです。

ただし、月経再開や卒乳も人によってタイミングは異なります。
1年以上かかる人も大勢います。

次に、寝不足やストレスによる肌荒れは、それらが解消されればよくなるはずです。

まず、産後はいつまで寝不足が続くものなのかは、赤ちゃんに左右されます。
一般的には生後5ヵ月頃に昼と夜の区別がつき、まとまって寝るようになるようです。
しかし、そうとは限りませんよね。

寝付きが悪い子、夜泣きする子もいますから、1年以上寝不足ということもあるのです。
そのため、寝不足による肌荒れが1年以上続くこともあると言えます。

ストレスについては感じる場面、感じ方、許容量は個人差があります。
すぐにストレスを解消できる人、そうでない人もいます。
そのため、ストレスによる肌荒れがいつまで続くのかは何とも言えないでしょう。

産後の肌荒れ期間、どう乗り切る?

産後の肌荒れは、いつからいつまで続くのかは人それぞれと言えます。
長ければ1年以上、さらには数年続くこともあります。

その間に少しでも肌荒れ症状が軽くなればいいなと思いますよね。
また、肌荒れの期間が少しでも短くなればいいと思いますよね。

しかし、ホルモンバランスを整えるのは生理や授乳の影響もあるため難しいでしょう。
睡眠時間を増やすことも、赤ちゃん優先の生活では難しいです。
そのため、産後でも手軽にできる対策方法をご紹介します。

まず1つは水分をたくさん摂ることです。
水分を多く摂ると肌の乾燥対策、肌荒れを悪化させる「便秘」の対策にもなります。

便秘は産後のトラブルの一つですが、肌荒れとも大きく関係しているのです。
便秘になると、体内の便から有害物質やガスが発生します。
有害物質やガスが増えてくると、体はそれらを排出しようとします。

便秘のため便と一緒に排出できなければ、汗や皮脂と一緒に毛穴から排出されます。
本来、毛穴は肌自体の汚れを排出する役割を持っています。
しかし、便秘になると有害物質の排出が優先され、肌の汚れを排出できなくなるのです。

その結果、肌には汚れが溜まって肌荒れが起こってしまうのです。
ですから、便秘にならないようにすることも肌荒れ対策には必要なことなのです。

次に、サプリメントで栄養補給をしましょう。
肌荒れを治すには栄養バランスのよい食事をとるべきですが、忙しいと難しいですよね。

荒れた肌を修復してくれる栄養をサプリメントで補えば時間もかかりません。
肌の修復や新陳代謝を活発にしてくれる栄養素は、ビタミンAと言われています。
ぜひ取り入れてみましょう。

最後に

産後の肌荒れ期間が長くなると、不安になりますよね。
そんな辛い肌荒れ期間をここで紹介した方法で少しでも改善して、乗り切りましょう。

産後の肌荒れの正体はアトピーの再発だった!原因と対策方法は?

産後の肌荒れ、実はアトピーだった!

産後は体にたくさんの変化を感じるものですが、肌にも変化を感じる人は多いです。
肌が乾燥して赤くなってかゆいという症状は、アトピーかもしれません。

特に子供の頃にアトピーを発症したことがある人は、産後に再発しやすいようです。
また、稀に今までアトピーでなかった人も産後に発症することがあると言われています。

アトピーになると我慢し難いかゆみや荒れた肌を見るのが辛いですよね。
ここでは産後のアトピーが辛いという方のために、原因と対策方法をご紹介します。

産後のアトピーの原因は?

まずは産後のアトピーの原因を知っておきましょう。

子供の頃にアトピーを発症したことがある人の多くは、アトピー素因を持っています。
アトピー素因とは、アレルギー症状を起こしやすい要素や素質のことです。
アレルギーと言っても原因はさまざまで、食べ物、環境、植物などがあります。

子供の頃に何らかの原因でアトピーを発症しても、成長とともに治まることは多いです。
これは子供のアトピーが消化機能や皮膚が未熟で起こると言われているためです。
消化機能や皮膚が発達すれば、アレルギー物質に対して抵抗できるようになるのです。

この場合、アレルギーがなくなったのではなく、アトピー症状が緩和しただけと言えます。
そのため、成長とともに治まったはずのアトピーが産後に再発することがあります。

これは、産後の肌や体の抵抗力が落ちているためです。

産後はホルモンバランスが崩れ、肌のバリア機能が低下しがちです。
バリア機能とは、肌表面にある角質層が乾燥と外部刺激から肌を守る役割のことです。
角質層は、水分を十分に蓄えることでこの役割を果たしています。

産後は、この角質層を作りだすサイクルが乱れてしまいます。
そして新たな角質層が作られず、バリア機能が低下してしまうのです。

バリア機能が低下した肌は、皮膚を守ってくる皮脂膜が不十分な状態です。
そのため、外的刺激が肌内部に侵入しやすくアトピー症状が再発してしまうのです。

また、出産は体力を大きく消耗しますし、毎日の育児による疲れで体力を消耗します。
そのため産後は、体力の消耗や寝不足によって体の抵抗力は低下しているのです。

さらに、産後は栄養バランスも偏りがちです。
忙しいと栄養バランスを考えて食事をする余裕がなく、そうなってしまう人が多いです。
また、授乳によって自分に必要な栄養が不足しがちにもなってしまいます。

栄養バランスが偏った状態が続くことでも、体は抵抗力が低下してしまいます。
体の抵抗力が低下すれば、肌も弱くなりますからアトピーの症状が再発するのです。

産後のアトピー、薬は使えるの?

産後にアトピーが再発してしまった場合、悩むのは薬です。
産後は授乳をしたり赤ちゃんに触れたりするため、薬は大丈夫?と心配になりますよね。

アトピーを早く治したいので薬を使いたいという場合は、病院で診察を受けましょう。
赤ちゃんに付いても大丈夫で、授乳中でも使用できる薬を処方してもらえるはずです。

アトピーの症状がひどい場合は、炎症を抑える薬が必要になります。
その場合は、ステロイド系の塗り薬を処方されることもあります。

ステロイドと聞くと、赤ちゃんに影響はないのかが心配になりますよね。
しかし、ステロイド系の薬には段階があり、赤ちゃんにも影響のない弱いタイプもあります。
長期的な使用ではなく、炎症が治まるまでの短期間なので問題ないとも言われます。

ステロイド系の薬に限らず、処方された薬は塗る量や頻度を間違えないようにしましょう。
赤ちゃんに影響がないと言われる薬でも、使い方を間違えれば影響が出るかもしれません。

薬以外の対策方法は?

産後にアトピーになったら、病院で診察を受ける他にも日常生活でも対策をしましょう。

まずは、肌のバリア機能を高めることが大切です。
肌のバリア機能を高めるためには、化粧水による保湿が必要です。
保湿成分に注目して化粧水を選んでみましょう。

保湿成分と言ってもさまざまですが、特にバリア機能を高めるのが「セラミド」です。
セラミドには肌の角質層で細胞同士を結びつける働きがあります。
また、化粧品中のセラミドは水と混じることで角質層に水分を閉じ込めてくれるのです。

そのため産後の肌荒れには、セラミドが配合された化粧水がおすすめです。
それと、アトピーになった肌はデリケートになっています。
化粧水は「低刺激、敏感肌用」と書いてある物を選びましょう。

次に栄養をしっかり摂ることが大切です。
栄養バランスのよい食事を摂って、体と肌の抵抗力を高めましょう。
栄養バランスの整った食事を摂るのが難しい場合は、サプリメントも活用しましょう。

あとは、水分補給をしっかりとすることも大切です。
産後は授乳をすることで体に必要な水分が不足しがちです。
体の水分が不足すれば、肌は乾燥してアトピーはが悪化してしまうこともあります。

ただ、水分の摂り過ぎもよくありません。
体に水が溜まり過ぎるのもよくありませんから、一日1.5リットル程を目安にしましょう。

最後に

産後にアトピーが再発したり、発症したら辛いですよね。
そんなときは、ここで紹介したことをぜひ参考にしてみてくださいね。

なぜ産後は顎が荒れやすいの?顎の肌荒れ原因と対策をご紹介!

産後は顎の肌荒れが気になる!

産後には、多くの女性が体の変化を感じるものです。
その変化の一つが「肌荒れ」です。

産後に肌荒れを経験する人は多いですが、特に顎の肌荒れが気になる人が多いようです。
顎の肌荒れ症状と言えば、ニキビが多いですが、なぜニキビができやすいのでしょうか?

また、ニキビだけでなく乾燥やかゆみが出る場合もあります。
これらもなぜ起こるのでしょうか?

ここでは顎の肌荒れの原因と対策方法をご紹介します。

顎の肌荒れの原因

実は、肌荒れの箇所によって原因が異なると言われています。
顎の肌荒れの原因は、主に「ホルモンバランスの乱れ」と言われているのです。

産後は今まで妊娠を維持するために出ていたホルモンが急減します。
そうなれば、ホルモンバランスはどうしても乱れてしまうのです。
産後はホルモンバランスが乱れる時期なので、顎の肌荒れが起こりやすいのです。

また、産後は育児によって睡眠不足になったり、ストレスも溜まりがちです。
このようなこともホルモンバランスが乱れやすい原因と言われています。

ではなぜ、ホルモンバランスが乱れると顎の肌荒れが起こるのでしょうか?

妊娠中は、女性ホルモンの「エストロゲン」と「プロゲステロン」の分泌量が増えます。
エストロゲンは皮脂分泌を抑える作用があります。
また、プロゲステロンは皮脂分泌を促す作用があります。

産後、これらのホルモンが急減するとバランスが崩れてしまいます。
そして皮脂分泌がうまくいかなくなるため、肌荒れが起こりやすいのです。

さらに、顎の肌荒れの原因には以下のこともあります。

顎は顔の他の部分よりも毛穴が小さく、皮脂が詰まりやすい部分であるということです。
また、髪の毛や食べ物が触れやすい部分でもあり、雑菌が付きやすいのです。
そのため、顎は皮脂と雑菌によって肌荒れが起こりやすいのです。

顎の肌荒れはどんな症状?

顎の肌荒れ症状で多いのは二キビです。
これは、ホルモンバランスが乱れることで皮脂分泌が活発になった場合にできます。

他にも顎には乾燥やかゆみが出る場合もあります。
乾燥の原因は、顎が顔の他の部分よりも皮脂の分泌が活発でないためです。
ホルモンバランスが乱れて皮脂分泌が少なくなれば、乾燥してしまうのです。

そしてかゆみは、ニキビができても乾燥しても出ることがあります。
かゆみを我慢できずに掻いてしまうと悪化しますから、掻かないようにしましょう。

顎の肌荒れの対策方法は?

顎の肌荒れの原因を知ったところで対策方法を知りましょう。

まずは、ホルモンバランスを整えることです。
以下でいくつかの方法をご紹介します。

1つ目は、食生活に気を付けることです。
栄養バランスの整った食事を規則正しく摂ることが大切です。
産後は忙しく、食事に気を遣う余裕がないですが、できる範囲で実践してみましょう。

特に女性は、大豆イソフラボン、ビタミンB6、ビタミンEを摂るとよいとされています。
ビタミンB6はマグロ、かつお、バナナなどに多く含まれています。
また、ビタミンEは、ナッツ類やかぼちゃなどに多く含まれています。

2つ目は、適度な運動をすることです。

適度な運動は自律神経を活性化させ、ホルモンバランスを整える働きがあります。
産後は無理せず、軽いウォーキングを1日15?30分程度おこなうようにしましょう。

?つ目は、睡眠の質を上げることです。

産後は睡眠時間を確保がすることが難しいので、睡眠の質を上げてみましょう。
短時間でも質の良い睡眠をとることで、疲労回復効果があるのです。

質の良い睡眠をとるためには、目に入るブルーライトを減らすことです。
ブルーライトとは、スマートフォンやパソコンから出る青い光のことです。
これを長時間浴びると、眠気を誘うホルモンのメラトニンが分泌されにくくなるのです。

メラトニンの分泌が減れば、目が冴えて眠れなかったり、浅い眠りになるのです。

なので、寝る前にスマートフォンやパソコンを見るのは控えましょう。
どうしても見たい場合は、ブルーライトをカットするメガネなどを利用しましょう。

次にストレスを解消する方法を見つけましょう。
と言っても時間がない中でのストレス解消は難しいと思うかもしれません。
ストレスの解消法が思いつかなくても、「何事も無理しない」という気持ちを持ちましょう。

完璧を目指す必要はありません。
全てを一人でこなそうとせず、周囲の人に頼りましょう。
また、疲れたら休んだり、手抜きしたりすることも大切です。

また、悩みや不満は誰かに話してみましょう。
家族、友人に相談したり、地域の育児相談を利用するようにしましょう。
会話をすることで気持ちがすっきりすることが多いはずです。

ホルモンバランスを整える以外にも顎の肌荒れの対策方法はあります。

1つは水分をたくさん摂ることです。
水分を多く摂ることで肌の乾燥を防げるだけでなく、血液もサラサラになります。

血液の粘度が下がれば、肌にきちんと栄養が届き、肌荒れが改善されやすいです。
また、代謝が上がって老廃物が汗や尿などで体外に排出されやすくなります。
肌に汚れが溜まりにくければ、肌荒れも改善するでしょう。

もう1つは、サプリメントで栄養補給をすることです。
肌荒れ改善には栄養バランスのよい食事が必要ですが、産後のように忙しいと困難です。

荒れた肌を修復してくれる栄養をサプリメントで補えば時間もかかりません。
肌の修復や新陳代謝を活発にしてくれる栄養素は、ビタミンAと言われています。
ぜひ取り入れてみましょう。

最後に

産後の顎の肌荒れの原因と対策方法を知っていただけたでしょうか?
ぜひ自分にできる対策から始めてみましょうね。

産後、肌の赤みが気になる!肌荒れの原因と対策は?

産後は肌荒れする人が多い

女性は出産すると体には大きな変化が起こり、生活も育児が加わって激変します。
これらの変化は思っている以上に負担になり、体は不調になりがちです。
体に起こる不調はさまざまですが、多くの人に起こるのが「肌荒れ」です。

産後、肌荒れが起こってしまう原因の1つは肌が敏感になってしまうことです。
肌が敏感な時は、ちょっとしたことで肌が赤くなってしまいますよね。
髪や衣服で擦れた時、化粧水をつけた時など肌が赤くなれば不安になるものです。

では、なぜこのような敏感肌になってしまうのでしょうか?
また、肌が荒れた時に気になる赤みはどうすればよくなるのでしょうか?

なぜ敏感肌になるの?

まずは、産後に敏感肌になってしまう原因を知っておきましょう。
産後に敏感肌になってしまう原因は、いくつかあります。

まず1つが肌のバリア機能の低下です。
バリア機能とは、肌表面にある角質層が乾燥と外部刺激から肌を守る役割のことです。
角質層は、水分を十分に蓄えることでこの役割を果たしています。

産後はホルモンバランスが崩れ、この角質層を作りだすサイクルが乱れてしまいます。
そして新たな角質層が作られず、バリア機能が低下してしまうのです。

バリア機能が低下した肌は、皮膚を守ってくる皮脂膜が不十分な状態です。
そのため、外的刺激が肌内部に侵入しやすく赤みなどの症状が出てしまうのです。

敏感肌になるもう1つの原因が、体の抵抗力の低下です。
出産は体力を大きく消耗します。
そんな状態から育児が始まるのですから、ますます体力を消耗します。

また、産後は赤ちゃんのお世話で寝不足の生活が続きます。
寝不足ではなかなか体力を回復させるのが難しく、体の抵抗力も低下していきます。

さらに、産後は栄養バランスも偏りがちです。
忙しいと栄養バランスを考えて食事をする余裕がなく、そうなってしまうのです。
また、授乳によって自分に必要な栄養が不足しがちにもなってしまいます。

栄養バランスが偏った状態が続くことでも、体は抵抗力が低下してしまいます。
体の抵抗力が低下すれば、肌も弱くなりますから「敏感肌」になってしまうのです。

なぜ敏感肌は赤くなりやすいの?

次に、敏感肌はなぜ赤くなりやすいのかを知りましょう。

敏感肌はバリア機能が低下した状態で、外的刺激が肌内部に侵入しやすい状態です。
この刺激によって毛細血管が敏感に反応することで赤くなってしまうのです。

毛細血管は刺激を受けた患部を早く治そうとして広がり、血液を大量に送り始めます。
そうすると肌は赤くなります。
そして患部が治まると毛細血管は縮小し、肌も正常に戻るという仕組みです。

何度も肌荒れを繰り返すと毛細血管は正常に戻らなくなり、赤みも続いてしまいます。
赤みが続くと、ヒリヒリしたりかゆくなったりして我慢するのが辛くなってしまいます。

肌の赤みを防ぐ方法は?

肌の赤みを防ぐには、まずは肌のバリア機能を高める必要があります。
つまり、肌の角質層が刺激から肌を守るために水分を蓄える必要があるということです。

そのために必要になるのが「セラミド」という保湿成分です。
保湿成分はいくつかありますが、特にバリア機能を高めるのが「セラミド」なのです。

多くの人が肌の保湿をするなら、化粧水をつけると思います。
肌の保湿とバリア機能を高めるなら、セラミドが配合された化粧水がおすすめです。

セラミドには肌の角質層で細胞同士を結びつける働きがあるためです。
また、化粧水中のセラミドは水と混じることで角質層に水分を閉じ込めてくれるのです。

さらに、肌の赤みを防ぐには、内部からの保湿も効果的です。
内部から保湿するには、ネバネバした食品を積極的に食べることがおすすめです。

納豆や山芋、オクラなどネバネバ食品にはムチンという成分が含まれています。
ムチンは、優れた保水力を持つ粘性物質で人の粘膜にも含まれている成分です。
意識して食べるようにしましょう。

また、肌の赤みを防ぐには、毛細血管を強化する為の栄養を摂ることも大切です。
アミノ酸・鉄・ビタミンCが血管を内側から強くしてくれる栄養と言われています。
なので、この3つを意識した食事を摂るように心がけていきましょう。

特にビタミンCは不足すると、末端の血管が破裂しやすくなるので注意しましょう。

そして、すでに荒れてしまった肌を強くする栄養もご紹介します。

まず1つが亜鉛です。
亜鉛は、肌の傷ついた部位の細胞分裂を活発にし、回復を早めてくれます。
亜鉛が不足すると傷ついた部位の治りが遅くなり、悪化すれば炎症が起きてしまいます。

もう1つがビタミンAです。
ビタミンAは肌と粘膜を作る栄養と言われています。
また、保水力を失った角質層の保湿能力を高めてくれる働きもあります。

亜鉛は牡蠣やカニ、牛などに、ビタミンAはレバーやうなぎ、卵などに多く含まれています。
これらも意識して食べるようにしましょう。

ここまでは肌の赤みの対策方法をいくつかご紹介しました。
ただ赤みだけでなく、痛みや痒みがある場合はこの対策だけで解消するのは難しいです。
悪化する前に薬を塗るか、皮膚科で診察を受けましょう。

最後に

産後に肌が敏感になって赤くなる原因は知っていただけたでしょうか?
対策方法もいくつかご紹介したので、ぜひ試してみてくださいね。